hiyoのつぶやき

2014年11月 5日 (水)

太陽の塔

Photo_10


Photo_11

三連休の最後の日に、茨木の実家へ行き、あつやと電車とモノレールを乗り継いで、万博記念公園で開かれている「ロハスフェスタ」へ行ってきました。

「ロハスフェスタ」は、手作り品やアンティーク雑貨や家具、こだわり食材のフード、スイーツなど400ブース以上が出店する大きなイベントです。(三日間開催)

三連休の最後の日だけは何とか晴れて、足元はぐちょぐちょだったけど、すごい人でした

(^^;)

万博公園に入るのに入場料取るし、このイベント会場に入るだけでもまた入場料がいるし、食器はマイ食器持参で、借りることはできるけど、またお金いるし、もちろん食べるのもそこそこ高いし、いや~、さすが!

でも、これだけの人を集めるんだからすごい!

(あ、療育手帳(障害者手帳)提示で公園入場料もロハス入場料も2人分タダでしたけどね♪)

いつか出店???ん~~、天気は怖い!(雨も風も敵なので~)

でもまぁ、この日はあつやとお客さんとして楽しんできました♪

網焼きにそそられて並んだ串焼きハム&豚ドッグ。

パフォーマンスに魅せられたトルコアイス。

おしゃれなパッケージで販売してた梅干し。

ふわっふわのシフォンケーキ。

なかなか楽しんできました~♪

あつやは、会場を出てからの公園の遊具で遊びだしてなかなか帰ってこなかったけど。まだまだお子ちゃまだなぁ。(笑)

万博公園といえば、私は小さい頃から何度も何度も遊びに来ている慣れ親しんだ場所。

この日はモノレールから、以前あったエキスポランド跡地の工事の様子を眺めてました。

すっかり変わってしまった万博。

小学校の時の耐寒遠足は、万博公園だった。

休みの日には友達とお弁当を持って自転車で遊びに来て公園散策をしてた。

中学校の卒業記念に友人たちと来たエキスポランド。

結婚して、子供が出来てからも、何度も子供たちを連れてきたっけ。

歩いていたら、あちこちの場所で「ああ、あそこで写真撮ったな~」って思い出が蘇る。

太陽の塔を見上げて、これだけはここにずっと変わらず立ち続けていたんだなぁとしみじみ。

またいつかきっと誰かとここに来るんだろうな。

2013年8月13日 (火)

御礼

このブログもとうとう15万アクセスを超えました shine

ほんとぼちぼちと書いてるだけで、内容にまとまりなんてなく、まぁ、そんなことを気にしないで書いてるから続いてるんだろうけれど、こんなブログでもここまで続けてこれたのは、画面の向こうで見守ってくださっている人たちがいるお陰です。

ありがとうございます shineheartshine

まだまだこの先も、私も見えない(想像できない)あつやの軌跡を辿って行こうと思っていますので、どうぞよろしくお願いします shine

2012年11月29日 (木)

みっともなくない大人になるって

少し前のことですが、あつやを連れてTOYOTAへブレーキランプの交換に行った時のこと。

その日は雨で、お客さんも少なくて。

営業の人は、もう何年も担当してくれている若いお兄さんshine

もちろんあつやのこともよく知ってくれていて、いつも声を掛けてくれるし、あつやもお兄さんに会いに行くのは嬉しいみたい。

そんな場所だから、あつやも気がゆるむのかな。

隅によくある「キッズコーナー」。

ブロックとかママゴトセットとか置いてるところ。

あつや、そこに行ってママゴトしだした。(もちろん一人でsmile

スッっとその場所に行ったとき、私的にはちょっと意外だった。

高校生になったんだし、「まだ行くか!」って (笑)

でも、ニコニコして料理してる。

その姿を見て、本当なら「もう大きいんだから、みっともないよ」って言うべき?って思ってる自分と、「まだこんなあつやの姿を見れるんだ」という安心感?・・・なんだか変だね。

見ていて癒されてました。

やりたいことに素直に行動できるあつや。

イオンとかショッピングモールでのキッズコーナーには近付かなくなってます。

でも、あつやは本当は遊びたいんだ。

普段は我慢してるんだ。

そうだよね、誰もあつやを笑う人が見てないトコロで、我慢せず遊べばいいよ。

そんな気持ちであつやを眺めた。

「お母さん、ご飯出来たで。食べる?」

「いいわ、おなかいっぱい」  (断ったらどうでるかな?っていう意地悪感からsmile

「え~?なんでぇ?オムライスできたのに」 (怒らないで笑って対応です)

話はそれるけど、養護学校に行ってる先輩の話。

高等部になってから、雨の日にレインコートと長靴を履かせて登校させたら先生に注意されたって聞いた。

何故かって、高校生にもなってレインコートと長靴なんて履くのは一般的にはおかしい、大人になってからそんな恰好で歩く人はいない、って言われたらしい。

聞いたときは、注意した先生に腹が立った。今でも納得してはいない。

私にはそのみっともなさの感覚はあまりわからない。

あつやがいるからかも。

どんな人を見ても、こんな人がいるんだって思えるようにはなったし。

でも世の中「ふつー」って言われる人の方が多いんだよね。

「ふつー」そんな恰好してたらおかしいって思う・・・かもね。

そうやって、少しずつ「大人だったらそんなことしない」って教えていかなきゃいけないのかも知れない。

そうやって導いていくのも大切なのかな。

あつやも、少しは「みっともない」って自分で感じてる部分があるみたい。

それでも、素直に行動できるあつやが、すごく愛おしく感じる。

ある意味、うらやましいのかも。。。

やる、やらないは別にして、教えていくのは大事なのかなー。

それは、あつやのそばにいる大人としての責任なのかな。

2012年9月 6日 (木)

単通への思い

あつやには心に余計なスイッチがあって、それが入ると約束を忘れてとんでもないことをしちゃう心配があります。

それは、こっちが油断したり一人になったときに入ります。

小さい時からそんなあつやに振り回されてきて、あつやには一人で行動させるようなことをしなければいいんだ、そしたら問題行動も起こさないし安心だ、とそんな考えを持っていました。

特に小学校のころは、だれかれ構わず近付くし、特に小さな女の子にはすぐに近付いて行ってました。

そんなあつやを見てて、大きくなったときに加害者になる心配が大きくなり、やっぱり自立する練習なんてできない・・・って思っていました。

でも、中学、高校・・・と大きくなってくるとあつやが変わってきました。

昔ほど小さい子に執着しなくなっていたのです。

あつやに聞いてみると、「小さい子はな、怖がるから」 って、自分が大きくなっていること、昔みたいに小さい子にむやみに近付けないようになってることを、自分で受け入れていたのです。

正直、あつやがそこまで精神的に成長するなんて思ってもみませんでした。

一人で行動させる不安がなくなっているわけではありません。

だけど、その線引き、限界を親が決めちゃいけないんですね。

大人になることを止めるわけにいかないのですから、あつやがあつやなりに大人の階段を登れるようにサポートし続けてあげたいな。。。

2012年3月 6日 (火)

卒業の記念品と私の思い

養護学校中学部卒業式が近づいてきています。

卒業式は、3月16日。

昨日、最後の授業だったそうです。

今日からは学級活動や、お別れ会、卒業式の練習や準備です。

今日は最後のクラス遠足で、大阪通天閣へ行って天王寺でお昼ご飯を食べて帰ってくるそうです。

ネットで食べるところを調べて、プリントアウトして持って行ってました。happy01

さて、何を食べて帰ってくるんでしょうね。smile

     ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

何度も書いてるけど、本来ならこのまま同じ学校で高等部に進学するはずが、急な校区変更のためにこの学校を去らなければならなくなったあつや。

お別れするお友達や先生たちに、手作りの記念品を作っています。

Nec_0149

羊毛フェルトのストラップです confident

ひとりひとり、色の組み合わせを考えて心を込めて作っています。

あとは、メッセージカードを入れてラッピングheart04Nec_0148

よーく見ると少々ぼこぼこですが・・・coldsweats01 それでも、随分上手に出来るようになって、金具も一人で付けられるようになりました。

9ピンやTピン、丸カンなどの細かい金具を、ニッパーやペンチを使って繋げています。

この作業は私がしなきゃと思ってたけど・・・。できるものなんですね。eyeflair

あつやってば、結構器用。shine

   。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

実は、これは以前学校の作品展を見に行ったときのあつやが作った羊毛フェルトのぬいぐるみを見て、それから思い立って作り続けていたものです。

      school 作品展の記事

            ↓

http://hiyoko-hiyo.cocolog-nifty.com/atsuyablog/2012/01/post-2414.html

この作品を見たとき、これだったらあつやが残せる物を作ることができるんじゃないかって・・・。flair

あつやってば、家ではひたすら紙を切り続けたり、ひたすら紙のボールを作り続けたり、ひたすら紙ふぶきを作り続けたり・・・。

作り続ける集中力はすごいんだけど、どれもはたから見ればゴミばかりcoldsweats01sweat01

でも、この集中力を活かしたいってずっと思ってて、だけど人から与えられた作業はやっぱり飽きるようで。。。

だけど、「これができるからこれもできる」っていう健常者感覚の理屈は通用しないところがあるから、あつやの出来ることの中で何か作れたら・・・ってずーっと考えてました。

そして、これを見たとき、これだったらあつやが人に喜んでもらえるものを作れるんじゃないかな・・・って手芸屋さんに飛び込んで道具を一式揃えました。

それから、二人でせっせと作業に取り組んでいます。

ずーっと模索していた中で見つけた、

   出来ることが役立つことに繋がれば・・・

   出来ることがあつやの居場所に繋がれば・・・

やっとその思いが形になれる。。。そんなものと見つけたって感じです。

どこまで繋がるか、どこまで広がるかわからないけど、紙切ってても誰も要らないだろうしねcoldsweats01sweat01sweat01

しばらく頑張って取り組んでみようと思います。

と、言ってる先から実はもう出店デビューが決まっています shineshine

4月22日(日) アースデイ奈良2012 という奈良県主催の大きなイベントに参加することになりましたupupup

今はこれに向けてあつやと作品を作っています。

大きなお祭りですのできっと楽しいと思いますhappy01

もしよかったら、この機会に是非奈良まで遊びにきてくださいpapernote

   アースデイ奈良2012  →  http://www.geocities.jp/earthdaynara

とりあえず、記念に作ったあつやのストラップ・・・。

みんな喜んでくれるといいね。confidentclover

2012年1月17日 (火)

あつやには興味ないよね

高校のときの友達が、ジェルネイルのお店を出してますshine

お店は大阪なんだけど、お休みの今日、奈良のうちまで来てもらって出張ネイルしてもらいました smile

私にとっては初ネイル upnoteNec_0132

いろいろ悩んだ末にできたのがこれ happy01

最初はピンクかグリーンでheart04なんて考えてたけど、いろんなサンプル見たりアドバイスされると結構迷う~coldsweats01 

でもそんな時間も楽しめるのが女子ですね noteshine

帰ってきたあつやに、 「見て見て~heart04 って言ったら 「ふーん・・・」 ってまったく興味なし dash

そりゃそうだ、って反応だけどね dash 

女の子のいない私には、こういうとき娘がいたら一緒に楽しめるんだろうな~って思っちゃう catfacesweat01

Nec_0133

あつやは、友達が持ってきてくれたお土産のケーキに喜んでました coldsweats01

これも、そりゃそうだ、だ dash

2011年11月 9日 (水)

ママ友と会って そしてあつやへの思い

今日は、あつやと同じ年代のPWS児を持つママ友に会ってきました happy01

今年の春に関西に来た方だけど、もう何度か会っていつもいろんな話をします。

やっぱり同じ年代ということもあって、今の若いママさんたちと違う社会の中で生きてきたという部分が同じなせいか、会うたびにどっかホッとします。confidentdash

ネットで見ていると、若いママさんたちのパワーに関心したり圧倒されたりして、なんだか勉強してこなかったって自己嫌悪に陥ったりするときもあるんだけど、無理に自分を奮い立たせることや、出来ないって気持ちがあってもいいよねー、なんて言えて肩の力が抜けた感じがしました。

(でも、とても勉強になったり刺激になったりしているのは確か。感謝してる部分も多々ありですhappy01

中学生2年と3年。

そのママさんとも話したんだけど、今が一番幸せに暮らせている時期かも・・って思います。

もうある程度人間形成されている年齢だし、今はまだ何をやっても「学校」という守られた環境で生きてるってこと。。。

就労に向けて考えなきゃいけない時期はボチボチきてるけど、まだ具体性は持てないからそんなに考えてないし(苦笑)

頑張んなきゃって肩肘張ってもしょうがないって、諦めての思いからじゃなく、それがこの子達の為になっているって思えるようになったことも。

いつまでも学生であってくれたらいいのに・・・coldsweats01sweat01

あつやの進路は、養護学校所属のまま、「中学部」から「高等部」へ移ることになります。

(今のところは)

たまたまあつやの卒業と同時に「校区編成」が重なって、通う学校は今までの学校から変わることになってしまいましたが。

まだ学校見学もしていないので、どんな学校かという不安はありますけどね。

「校区」なんだから、他に選択肢はないわけで。dash

(それでも随分もめたからこんな時期まで学校見学さえしてこなかったんだけどgawk

他に考えられる進路としては、「高等養護学校」という選択肢があるんだけど、あまり考えていません。

正直、あつやには行ける能力はありそうだけど、そこでやって行けるか?という部分には自信がありません。

なぜなら、そこに行くには今よりもずっと頑張って行かなきゃいけないから。

今の養護学校では明らかに「出来る生徒」のあつや。自信もついて毎日充実している様子。。。

だけど、高等養護(名前が似てるからややこしいんだけど)だと今までのように「出来る生徒」ではいられなくなり、自信をなくしちゃって頑張れなくなってしまうのが見えちゃう・・・。

「ナニクソ!頑張るぞ!」っていう根性はない・・と思うんだよね。

今の環境の中でも一生懸命頑張ってると思うんです。

心地よく、成果に現れているから安定している・・と思うんです。

世間の人からは、「あっちゃんやったら高等養護に行けるやん!」と言われることもあるけれど、行かせる勇気はありません・・・。down

「頑張って」いてほしいけれど、「頑張らなきゃいけない」っていうストレスは怖い。

あつやには正直、特に一般就労を望んでいるわけでもありません。

(今日、そんな話もしたねぇ)

落ち着いて通い続けられる環境があるなら、作業所などで工賃が安くても生活し続けられる保障さえあればそれでいいって思うのです。

上を目指すという考え方じゃなく、無理しないで生活が維持できればそれでいい、って。

だからといって、そんな環境の中に入れるかどうか保証はないのですけどね。

でも、これは今言っても仕方がないこと。

それまでにいろんなところを見て回りたいと思っていますが、(県内の事業所や作業所はもうわりと見に行ってます)まだじっくり検討していけるし。

私、やっとこの思いを書けるようになったなぁー・・・。

      

※ 読んでくださった方、まとまりのない長文で、すみませんでした coldsweats01 

2011年11月 3日 (木)

ギャップ

今日のクリスマスイルミネーションの点灯式では、点灯前のイベントで地元の幼稚園児と英語教室の生徒の子供さんたちによる合唱が披露されていました。

少し早めに会場に着いたので、私とあつやは結構前の方で見ることができたんです。

周りは参観かーって思えるほど、我が子見たさの親や兄弟、親戚ばかり coldsweats01sweat01

あちこちで舞台の子供たちと手振り合ってるし。

まぁ、我が子の晴れ舞台だもんねー、気持ちは分かるけど。

幼稚園児かー。。。私があつやを見る目もこれくらいの歳からあんまり変わってないなー。。。なんて思って出てきた園児を改めて見たら。。。!

ちっちゃい!! sweat01sweat01

えー? 幼稚園児ってこんなにちっこい??

てか、あつや、でか!!!

精神年齢はあんまり変わらないと思ってたけど・・・少しはでかいと思ってたけど・・・。

明らかにでかい dash

いや・・・私の背に近づいてきているのも知ってたけど。

こんなに幼稚園児とはかけ離れて大きくなってたのね、って改めて実感。

wobblydash

最近、真ん中のお兄ちゃんスンのことを思うことがありました。

二年前、スンは家を出て寮生活をして野球をする!って自らが決めた。

そう、今のあつやと同じ歳のとき。

あつやでは考えられない決断と行動。

ああ、やっぱりあつやって幼いよな、なんて思いにふけっていたことが多かっただけに今日のギャップもまた何だか私の頭で整理しきれなくなってた typhooncoldsweats01typhoon

でもね、今日のイベントで 「サンタさんにプレゼントもらったことのある子ー、手を挙げてー」 とかいう司会者さんの問いに手を挙げそうになって引っ込めたあつや。

羞恥心はあるようですね。私が感じてるあつやの精神年齢はもう少し引き上げなきゃ coldsweats01

それでも、家ではいつも「おかあさんといっしょ」とか教育TVかけっぱなしのあつやです

 tvdash

もう何代の歌のお姉さん見てるんだか・・・ smilesweat01

2011年10月21日 (金)

うれしい出会い

今日は2歳のプラママさんに新しいプラママさんを紹介していただきました happy01

お初にお目にかかります・・・!と思ったら、今年5月に行われた竹の子の会の総会でお会いしていましたcoldsweats01

お声をかけていただいてたんですね。。。。

(あ、私が「場所わかりません」って言って会場を案内していただいてくれた方・・・だったかも!flair読んでてあってたら教えてね!)

あつやと同じ中3で、男の子 note

考えてみれば同じ年で同じ性のプラママさんとゆっくりお話しできたのは初めて・・・。

ブログを読んでいていただいていて、よく共感する場面があるとか(笑)

そう聞くと私の方こそ安心しちゃうし心強いです happy01

お子さんはあつやとは違う環境での生活をされているので、こちらもいろいろ参考にさせていただければ・・・と思います confident

                。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

あつやの将来を悶々と考えながら、去年からヘルパーの資格取って知的障害者施設でボラしたりしてたけど、実はボラ、やめたんです。

ボランティア登録は残してきたんですけど、定期的に行くことをやめました。

というのは、ボランティアの立場じゃお客さん状態というか・・・。お手伝いにはなっていたかも知れないけれど、私がしたいこととは違う・・・って。

もっと入り込まないと知りたいことがわからない、勉強できないと感じたんです。

やっぱり仕事として責任持ってやりたいって。

だけど、今やってる本業をすぐにやめることは出来ないし。

だから、今の生活を守りながら、そして今日のような出会いを大切にしていこうと思っています。

また足踏み状態に戻ったけれど、あつやのためになることだったら少しずつ積み重ねていけばいいかな・・・と思っています。

いや、しかし、新しくなった大阪駅周辺はすごいね~~ eyeshine

すっかり「おのぼりさん」状態でした coldsweats01

2011年5月23日 (月)

メールでも

【お知らせ】

コメントでは書きにくいけど、意見や思いを書いてみたい・・とおっしゃる方がいらっしゃるかも?と思い、メールを受け取れるようにしてみました。

もし、そんな方がいらっしゃったら、トップページ右側の「メール送信」にてご記入ください wink