« いいわけ | トップページ | 卒業間近 »

2015年1月 9日 (金)

初めての栄養指導

Photo

2015年初投稿です。

今年もよろしくお願い致します ヽ(´▽`)/

写真は12月20日 あつや18歳の誕生日の日に大阪通天閣に遊びに行った時のです。

先日この写真を友人に見せたら、「うちの息子たちはもうこんなことしてくれへんわ。一緒に出かけることもできひん」と言ってました。

そう言われたら、うちの上の息子たち18歳の頃にこんなふうに出掛けたり、ましてやこんなポーズとったりしてなかったよね。。。てか、そんなこともうとっくに。(笑)

親子での楽しい時間をゆっくり満喫している私たちです♪

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

さてさて、随分前のことですが、前々回の記事で記載しておりました「栄養指導」。

私一人で受けてきました。

いつも行く大きな病院で「栄養指導室」に通され、栄養士の先生と初対面。

三日間、あつやが食べた食事の内容を全て記載した資料を持って行きました。(内分泌内科受診のときに宿題として渡されていました)

食べた物全て、調味料まで書くから結構面倒だったけど coldsweats01

で、見せるなり栄養士の先生、パパパッと計算機でカロリー計算!

材料見るだけで数字でるんだ~!すごっ!など今更ながら感心 eyeshine

あつやの場合、血糖値も大事だけど、まず太り過ぎの身体から摂取カロリーを減らして食べるものの改善を図るということになり、(それがけ血糖値を下げることにも繋がるし)ではどうやって今の食事からカロリーを減らすか?なんだけど。

人の身体って、1kg減らすのに7000kカロリーの消費が必要なんですって。

だから、1日200kカロリーを減らすことで一ヶ月で約1kg減らすことが出来るのです。

あくまで数字だけで見るとですが。

で、どれくらいが200kカロリーだということを、栄養士の先生は、部屋中にある魚の切り身、お肉の塊、たまご、豆腐、納豆、パン、、、、いろんな食品サンプルを並べて示してくれてすっごくわかりやすい!

朝、あつやは朝ごはんに玉子と納豆が定番だったんだけど、それをどちらかやめてふりかけに変えることで約70kカロリーの消費になる。

説明を聞いているうちになんだか無理なく取り入れられそうな気がしました。wink

帰ってきてからあつやに説明したら、まぁまぁ納得してくれたけど、自分の会った内分泌内科の先生ではないことが気に入らない様子。

そっか。。。あつやは会った先生に褒められたいって思いがあるから、違う先生の指導を受けて言われても気に入らないんだ。

だったら、次回もう一度栄養指導の予約を入れてあつやにも同席してもらおう!

食品サンプル並べられたらやる気にもなりそうだし! shine

good

そして、その後うちで取り組んでいることは、朝ごはんは玉子をなくしてふりかけになりました。

朝は、ごはん・味噌汁・納豆・ふりかけ・(あれば)漬物。

お昼は、給食。

冬休み中(お正月は計算外として)のお昼ご飯は、給食に見習って約800kカロリーまで。

(だいたいの目安ね)

晩ご飯はなるべくこんにゃく料理を取り入れました。

お鍋に入れていたうどんや麺類も全て糸こんにゃくに。

食感は確かにこんにゃくだし、マロニーやうどんみたいに味が含まないから味気ないものにはなるけれど、量を減らさず食べられるので本人納得。

私とお父さんも、ダイエットと思えば食べられています。(^^)

ちょうど私ら夫婦も身体のこと大事にしないといけない年齢になってきたので、いい機会かも。

ずっとあったおやつ。栄養指導後からスルメに変えていたんだけど、ない日があっても怒らないようになりました。

まぁ、デイサービス行ったら軽くだけどおやつ出てるしね。

最初からなくてもよかったのかも。

内分泌内科の先生との約束通り炭酸ジュースは飲んでいないし、外でもジュースを欲しがらないし、いい感じで取り組んでいます。

これで数字で結果が表れてくれたらいいんですけどね・・・。

次回内分泌内科受診は2月3日です。

そこでもう一度栄養指導の予約を入れてくる予定です。

« いいわけ | トップページ | 卒業間近 »

コメント

はじめまして。
先月娘がPWSと診断されました。
もうすぐ2ヶ月になります。
告知されてから、ネットで調べると、不安なことばかり書いてあって。。。
プラダーウィリー=恐ろしい怪物みたいに思えて、泣いて泣いてどうしようもなかった時、先輩方のブログに出会い、救われました。

あつやくん、笑顔がとっても素敵ですね!
上のお兄ちゃん達ともとってもいい関係の様で、
読んでいて、こちらが嬉しくなります。

あつやくんのおかげで、私は少しずつ、
立ち直れているような気がします。
あなたのおかげで元気をもらったおばちゃんがいますと、お伝えください。

普通に子育てすればいいのかなーって。
長女を育てたように、笑って、時にはケンカしながら日々を過ごしていけたらなーって思います。

まだまだ未熟なので、うじうじしてしまう日があると思います。
その時はまた覗きに来させてくださいね!

Rmamaさま

はじめまして!
コメントありがとうございます。happy01
もうすぐ2ヶ月heart04ちっちゃいあつやが懐かしいheart04
2600gで産まれたあつやは、小さくてよくこんこんと眠る子でした。
うちは、診断は5ヶ月だったので、それまで不安で仕方がなく泣いてばかりの日々を過ごしていました。その頃はネットでの情報なんてそんなになかったから、時代が違うのでしょう。今はいろんな情報を見ることができて不安なこともいきなり突きつけられたりしちゃうのかな、、、って時々若いママさんたちのことが心配になったりします。
despairsweat01
と言っても不安を抱えてしまうことも仕方がないと思います。
でも、私の知ってるPWS児のママさん、お子さんたちの多くは時には悩みながらも楽しそうに笑って過ごしています。
大丈夫✩家族で笑って過ごせる日がきっときます。
ほかのお子さんよりゆっくり成長するかもしれません。歩くのも遅いかもしれません。
だけど、長く子育ての時間を堪能できる利点だと思って、焦らず見守ってあげてください。
なかなか更新していないブログですが、いつでも覗いてくださいね。

これからもよろしくお願いします。wink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いいわけ | トップページ | 卒業間近 »