« 内分泌内科へ | トップページ | 初めての栄養指導 »

2014年12月17日 (水)

いいわけ

機嫌の悪い時の会話。

日曜日。ソフトボールの練習のため、準備をしているとき。

「はよ、(練習着に)着替えてや」

「わかってるー」gawk

「なー、黒いストッキング(靴下の上に履く野球用のストッキング)ないねんけど」gawk

「黒いストッキング?・・・この一週間洗った覚えないで。。。。もしかして洗い物に出してないんちゃうの??」

「えー?まさかー」coldsweats02

カバンを確認

「ないでー」gawk

「ほんだら箱(ソフトボール用の服関係は一つの箱になおしてある)にあるやろー」

と言いながら母が確認しに行く。

「ないなぁ。やっぱりカバンに入ってるんちゃう?」

「ないって」gawk

「そーかー?」

と言いながら母がカバンを確認する。。。と、見つけた。

「あるやん」

「えー?どこにあったん」coldsweats02

「カバンの中やで。すぐに見つけられたけど?」

「うそやん」coldsweats02

「ほんまやって。あんた、ちゃんと見たんか?」

「見たって!」angry

「だってほんまに見たらすぐに見つけられたで」

「だってなかったもん!」pout

「まぁええわ、あったんやから。はよ、用意しぃ」

「このストッキング大きいねん」sad

「はい?」

「大きいからな、ずれるねん」bearing

「・・・・」

履きにくそうに怒るあつや。ブツブツ文句言ってる。「○×∀▽※・・・・」sadsweat01

いいわけの論点が変わることはよくあること。

こういう展開になったときはこっちが引きます。

機嫌が悪くなっていくことを責めるとどんどんいろんないいわけが出てきます。

だから無視。

なんだかんだ言ってるのを聞き流し、

「あと○分で出るからね」ってその会話から離れる。

その時の口調も大事。

こっちはストッキングのことはもう気にしていないことを口調で表しておく。

本来ならイライラいてしまう会話でも、こっちのイライラを伝えたら負けなのでそれだけ冷静で話せるか。

そうして方がスムーズにことが運ぶ。

ってわかっていながらやっぱり時々言い合いになって悪循環に陥ることもなきにしもあらず・・・・です。

coldsweats01sweat02

車の中ですねたまんまでも、ソフトボールの仲間たちの顔を見たら機嫌なおってみんなの中に入って行くのもいつものパターンです good

ま、最悪すねたまんまでも放っておきますけどね。そんなこともあるさー、ってくらい割り切って付き合わないとこちらも疲れてしまいます。

coldsweats01

« 内分泌内科へ | トップページ | 初めての栄養指導 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 内分泌内科へ | トップページ | 初めての栄養指導 »