« 一つ目の実習 | トップページ | たまにはかしこい »

2014年8月 7日 (木)

二つ目の実習

二つ目の実習が無事(?)に終わりました。

火曜日から行かせてもらった事業所は、在住の市内にあるB型の施設。

市内と言っても、市街地抜けるから車で10分~15分。一つ目の実習先(隣の市)とほぼ変わりません。

B型なので、仕事は常にちゃんとあります。

オリジナル製品の作成、内職、クッキー作り など。

同じ仕事ばかり担当するのではなく、希望があればローテーションも可。

座りっぱなしの作業ばかりなので、運動不足になること間違いない。

もともとは視覚障がい者の方たちのために立ち上げた事業所なので、盲の方も多く、動きはゆっくり。。。走ることはできない空間。狭いし。

それでも、生活介護と違ってちゃんと時給が発生するし、食費代・送迎代を引いても残る。

計算高いあつやは、それだけでやる気にはなるかも。

給食だから、温かいものが食べられるし、私にとっては送迎があるのは助かります。

(ほとんど個々に対応です)

通勤だけでも歩くなりしてカロリー消費。。。といきたいところだけど、あつやにはそれは危険だと思ってるので、送迎があるのは魅力。

でも、ここに行くことになったら運動メニューを別に考えた方がいいかも。。。

実習一日目は、給食が口に合わず、帰ってきても文句言ってたけど、二日目のカツカレーは美味しくて、三日目も美味しかったのが安心したのか、あつやは「行きたい」と思うようになってる兆し・・・。

でも、昼食後の作業時はこっくりこっくり船こぐし、三日目給食時に食器を割ってしまったことが尾を引いて、足のかさぶたを掻き毟って血だらけになって消毒されるし、やっぱり構ってもらえて中心にならないと面白くないっていう態度出すところを見ると、あつやのわがままを許せる支援がいるんじゃないかなぁと感じちゃう。

私の気持ちとあつやの気持ちは裏腹で、なかなかかみ合わない。

だけど、私が「こっちがいいんじゃない?」って言うときっとお母さんが決めたことにこだわるだろうから、あくまであつやに決めてもらわないと。

私が勝手に答えを出そうとしないように気を付けなきゃ。

あつやも、言ってることがコロコロかわるから、一回言ったからって、真に受けられないから余計にです。

来週、12~14日は三か所目、最後の実習です。

« 一つ目の実習 | トップページ | たまにはかしこい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一つ目の実習 | トップページ | たまにはかしこい »