« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月18日 (月)

実習終了

あつやの夏休み実習が無事に終了しました。

三か所目の実習先は、去年も行ったので緊張することもなく行くことができました。

奈良市で特に大きい事業所で、県内に複数の施設を持っている多機能型の事業所です。

利用者の人数も多く、人と触れ合うのが大好きなあつやは三日間すごく楽しんでいました。

三か所の中では一番いい笑顔で過ごせられた場所かもしれません。

食事が美味しいのにもすごく満足だったようで・・・(笑)

実習先に決めた三つへの私の思いとは、裏腹になりそうな予感です。

あつやが自身で選択しなきゃ納得しないので、それを前提に去年行った一か所を三か所目の実習先に残したのです。

お母さんや先生が決めたんじゃないよ、あつやの希望にも沿ってるよ、と見せるため、あつやの希望先・・というか去年行って気になっている一つを抜粋。そして、特に仕事の無いまったりとした時間を過ごせる配慮・・というか小細工をして、選ばないように打ち合わせしたつもりでした。

選択しないように実習先に選ぶなんて実習先にはとても失礼なこととは知りつつ・・・。

私の希望は一か所目または二か所目でした。

だけど、三か所目が終わったときにあつやが発した言葉。

「あそこやったら、きっとオレが役に立つ」

この言葉には正直驚きました。

確かにそうです。

生活介護の施設の中とあって重度の利用者さんも多い中、あつやの面倒見の良さが役に立つのだと感じたのでしょう。

仕事のやりがいとかじゃなく、そこに居場所を感じたのかも知れません。

そこに決めるのは調節が必要なこともあるけれど、前向きに先生に相談していきたいと思います。

2014年8月10日 (日)

たまにはかしこい

土曜日は朝からたくさんの雨が降りました。

近くの富雄川は、うちから下流の安堵町あたりで床下浸水があったようです。

まだ日曜の朝にかけて雨風が強まるようです。

これ以上の被害が広がらないことを願いますが・・・皆さんもお気を付けて。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

今朝のあつやとの会話。

「今日は友達とイオンでプリクラを撮る約束してるから、プリクラで使うお金持って行っていい?」

「いくら?」

「200円」

「自分の小遣いで?」

「うん」

「200円で足りる?」

「友達と半分ずつ出すから足りる」、

「その(財布)中にいくら入ってるの?」

「200円だけやで。ほら。あとは引き出しに入れてる。」

「わかった」

使う前にこんな申告はホント、珍しいのです。

ヘルパーさんにも、

「今日は友達と約束してるとかで、お昼代の500円以外に、財布に200円入ってます。自分からお金の使い方を言うのは珍しいですけど・・・」って言ったら、「ほんまですね」って言われた coldsweats01

長期休みはお金を勝手に持ち出すことが多かったけど、今回はかしこかった。

でも。

だからと言って、次回もちゃんと言ってくれるかわからない。

油断できないあつやの行動です。

帰って来てきてから、友達と撮ったというプリクラを見せてと言ったら「え~?」と言いながら見せてくれました。

デイで仲良しの男の子とツーショット。

目がキラキラshineでっかくデコられてました coldsweats01

2014年8月 7日 (木)

二つ目の実習

二つ目の実習が無事(?)に終わりました。

火曜日から行かせてもらった事業所は、在住の市内にあるB型の施設。

市内と言っても、市街地抜けるから車で10分~15分。一つ目の実習先(隣の市)とほぼ変わりません。

B型なので、仕事は常にちゃんとあります。

オリジナル製品の作成、内職、クッキー作り など。

同じ仕事ばかり担当するのではなく、希望があればローテーションも可。

座りっぱなしの作業ばかりなので、運動不足になること間違いない。

もともとは視覚障がい者の方たちのために立ち上げた事業所なので、盲の方も多く、動きはゆっくり。。。走ることはできない空間。狭いし。

それでも、生活介護と違ってちゃんと時給が発生するし、食費代・送迎代を引いても残る。

計算高いあつやは、それだけでやる気にはなるかも。

給食だから、温かいものが食べられるし、私にとっては送迎があるのは助かります。

(ほとんど個々に対応です)

通勤だけでも歩くなりしてカロリー消費。。。といきたいところだけど、あつやにはそれは危険だと思ってるので、送迎があるのは魅力。

でも、ここに行くことになったら運動メニューを別に考えた方がいいかも。。。

実習一日目は、給食が口に合わず、帰ってきても文句言ってたけど、二日目のカツカレーは美味しくて、三日目も美味しかったのが安心したのか、あつやは「行きたい」と思うようになってる兆し・・・。

でも、昼食後の作業時はこっくりこっくり船こぐし、三日目給食時に食器を割ってしまったことが尾を引いて、足のかさぶたを掻き毟って血だらけになって消毒されるし、やっぱり構ってもらえて中心にならないと面白くないっていう態度出すところを見ると、あつやのわがままを許せる支援がいるんじゃないかなぁと感じちゃう。

私の気持ちとあつやの気持ちは裏腹で、なかなかかみ合わない。

だけど、私が「こっちがいいんじゃない?」って言うときっとお母さんが決めたことにこだわるだろうから、あくまであつやに決めてもらわないと。

私が勝手に答えを出そうとしないように気を付けなきゃ。

あつやも、言ってることがコロコロかわるから、一回言ったからって、真に受けられないから余計にです。

来週、12~14日は三か所目、最後の実習です。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »