« 突然の帰省 | トップページ | 二つ目の実習 »

2014年7月30日 (水)

一つ目の実習

あつやは高等部3年生です。

なので、来春卒業なので、いよいよ卒業後の進路を決めていかなくてはなりません。

と言って、今頃「どこ行こう」と言ってる場合ではなく、三年生になって4月の終わりごろから希望する進路先を3か所に絞ります。

そして、進路の先生がその希望先への実習の日程を組みます。

三年生は、三か所3日ずつ。毎日ひとりにひとりの先生がずっと付きます。だから実習先と先生の日程を合わすのが大変です。先生は夏休みなんてないな~、ご苦労様~、と頭が下がります。

と、書いていますが、これは学校によって対応が全然違います。

奈良県内の養護学校でも実習の日程の組み方が違ったり、その子によっても違うので、参考程度に読んでください・・・。

あつや一ケ所目の実習。

今日が最終日でした。

毎日9時15分前に車で送り、先生に引き渡して3時半に迎えに。

車で10分の距離。

朝は混んで15分。

近くて便利。

だけど、毎日送迎は大変。送迎バスが出ることを切に願っています。

生活介護、A型、B型など多機能型の福祉施設。

とりあえずあつやは生活介護だけど、できることが見つかれば、A型やB型に移行することも可能なのが魅力。仕事の種類も多いし。

内職の請負、畑仕事、パン製造、配達、給食作り など。

実習では主に内職の仕事を結構真面目に取り組んでいたよう。

丁寧に仕事ができるけど、たまに調子に乗ってしまって注意を受けていたみたいです。

(想像できます)

あつやっていつもそうだけど、初めての所へ行くときはテンション低い。

この実習も、最初は「行かへん!」って意地になったり、行く時の車でも「頭寝てるわー」とそわそわ。でも行って自分の居場所を作ったら豹変!すぐにお調子者に早変わりです。

一日目がすごく楽しかったので、二日目、三日目の朝の準備のスムーズなこと!

ほんと、わかりやすい。

「お母さんが決めたところなんか行かへん!」って言ってた場所だけど、思ったより仕事も多くて人と関われたり喋れたりできて満足したみたい。

まぁ、1ケ所目なのでまだわかりませんけどね。

Photo


camera 実習先に持って行ってた昼食時に使うためのコップ。

絶対に受け狙いで持って行ってるよね・・・。coldsweats01

« 突然の帰省 | トップページ | 二つ目の実習 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 突然の帰省 | トップページ | 二つ目の実習 »