« デイサービスにて | トップページ | 妄想劇 ~続編~ »

2013年9月26日 (木)

妄想劇

二学期に入ってしばらくしてから、あつやが、

「先生がな、1,2組でうどん教室をしたいから。お父さんに頼めないか聞いてくださいって」

と言ってきました。

たしかにお父さんの仕事上、出張うどん教室や料理教室はできるし、やってきたこともあるので、そのままお父さんに伝え、できますよ、という返事を先生に伝えるように話しました。

一週間くらい何も返事がなかったので、あつやにどうなったか聞いたら、

「まだ忙しいからできひんみたい」 という返事。

まぁそれもいろいろ行事のある学校のことだから仕方がないか、と思ってました。

でもある日、あつやが持って帰って来た連絡帳を見て驚き!

「今日のホームルームであつや君が、お父さんがうどん教室を開いてくれますって言ってましたが、そんな話しがあがってるんですか?」

と。  Σ( ̄ロ ̄lll)

そーゆーことね dash

あつやの願望がこんなことになってたんだ wobblydash

先生には正直に経緯を話し、今回のうどん教室はなかったことに。

あつやに伝えたら、

「お父さん、できるって言ってたやん」 って。

いやいや、それは学校からの依頼だと思っての返事 dash

提案はしてくれていいけれど、勝手に決めちゃダメだって despair

先生も驚かれたでしょうね coldsweats01

でも・・・

実現できてもいいことかもしれないけどね。 bleah

« デイサービスにて | トップページ | 妄想劇 ~続編~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デイサービスにて | トップページ | 妄想劇 ~続編~ »