« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月30日 (金)

夏休みの実習④ (おまけ)

8月28日(水)には、一日畑仕事(ハウスの中)での仕事を手伝いに行かせていただきました。

ここは学校からではなく、個人的な繋がりの中で、大きな田んぼやハウスを所有している方が、ゆくゆくは障がい者の人たちを雇用していこうかと考えていらっしゃっていて、そしたら一度あつやを体験させに行ってもいいですか、という話しになり実現した実習。

畑の所有者の方は、あつやも以前から知っている人だし、一日預けることになりました。

連日の暑さの中、やっぱり辞めようか?という話にもなったのですが、この機会を逃すと冬休みになっちゃうし。。。暑いのは割と慣れているので、思い切って行かせることにしました。

私は仕事があったので、送迎だけ。

お弁当や着替え、水分をたくさん持たせて行きました。

仕事はハウスの中のほうれん草の収穫。

知り合いのおじさん意外に、お手伝いに来てくれている近所の奥さんが二人、一緒に作業をすることに。

収穫は午前中に終わってしまい、(何本もハウスはあるのですが、次の野菜を植える準備に取り掛かっていて、最後の収穫でした)午後からは、畑に使う土を運ぶ手伝いをしていたようです。

3時半に迎えに行くと、何だか畑仕事が板についてるあつやの姿が。

__

ここでも、しっかり機嫌よく仕事をしていたようです。

暑い一日でしたが、よく頑張りました good

実習を見てきて、あつやには仲間が居てるのがいいかなーと思っていて、ここは唯一仲間は一人もいない環境。

そこが心配だったけれど、「それでもいいでー」と答えるあつや・・・。

まぁ、今回は一日だけだったし、そのあつやの反応を真に受けなう方がいいかもしれないけれど、ここでもしっかりやりがいを感じていたようです。

それに、あつやでも役に立てることがわかりました。

いい経験をさせて頂き、ありがとうございました。

夏休みの実習③

7tsqgssxe3wrgtx1377816966_137781712
8月26日(月)~27日(火)、三回目の実習へ行ってきました。

ここは、生活介護通所施設ですが、パン工房、豆腐工房、クッキー班、紙すき班、活動班と、結構「仕事」が明確な施設。

実は、私の職場でもあります catfacesweat01

なんでここに実習に来ようかと思ったかは、生活介護施設でありながら、自分のやっている仕事の完成形が見えるというか・・・どうやって売れているとか、どんなところで役に立っているかがわかりやすいから、あつやは「やりがい」というのを感じてもらえると思ったからです。

ここでの実習は、二日間「紙すき班」で過ごしました。

時々お邪魔させて頂いていた施設ですから、職員さんもそこに通う仲間の方たちの中にも、あつやのことを知っている人は多くて・・・。

ちょっと馴れ合いになっちゃう懸念はあったんですけどね。

それでも、一日目の最初は、他の場所での一日目同様テンションが低くスタート。

車からなかなか降りず、モタモタ dash

それでも、仲間の一人の方が声を掛けてくれてから一遍!

そこからホームのようにくつろいで過ごせていたようです coldsweats01

やっぱり少し慣れ過ぎて、言葉使いがタメ口になっていて、二日目は「言葉使いに気を付ける」って目標で取り組んでいました。

仕事に関しては、特に問題なく・・・。牛乳パックからハガキや名刺になる紙すきの作業を、よく理解してたくさんの工程に関われて楽しそうでした。

二日目の目標の「言葉使い」も、ちゃんと気を付けられていたよう。

三か所の実習を終えて、仕事的にはいろいろやれることが分かりました。

やることが明確であれば、あつやは取り組むことができるし、過ごせるんですよね。

やることがないっていうことは耐えれないんで・・・。

常に「何か」をしていないと、すぐ寝てしまいます。

テレビを見るだけ、もダメ。

テレビを見ながら手は動かしてないと寝ます (笑)

だから、テレビを見ながら羊毛チクチクしたり、ゲームしたり、パソコンしたり、絵を描いたり。。。「テレビ見てないじゃん?」って聞いたら「見てる!」って言い張ります。

手が止まるとダメなんですね。

映画も絶対寝るしね。

そばにいつもあつやを評価したり、励ましたりしてくれる職員さんがいてるといいのかなぁ・・・と思います。

事業所の中では、あつやが過ごせそうな場所はたくさんあるなぁと感じた実習でしたが、問題は通所方法。

今回行かせてもらった三か所のうち、二カ所は事業所の専用バスに乗ることができますが、主要駅に出ないと行けません。

例えば、JR奈良駅にさえ出ればバスに乗ることができるのですが・・・。

じゃ、どうやって奈良駅に行くか?

うちから最寄りの駅まで歩くと20~30分かかります。

バスも、そんなにスムーズに乗れない場所なので不便です。

仮に電車に乗れても、降りた駅は大きくて、あつやにとって魅力的なお店や寄れるところがたくさん!

この魅力に耐えられるか???

私が送迎をするのも限度があるし。。。

学校じゃないからね、それを固定にすると不安ですね。

ヘルパーさんを使って行くのがいいのかなぁ。

三か所のうち、一か所は単通が条件。

市街なら、コミュニティバスに乗って行けるけれど、うちは市街地から外れてるからそれにも乗れないし。

通所の問題をクリアできる事業所が見つかればいいんですけどね。thinkdash

2013年8月29日 (木)

レッスンのお知らせ☆

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

お知らせです☆

9月15日(日)、谷町の小さな雑貨屋さんabove さんで、1Dayレッスンを行います happy01

ご興味のある方は、是非お越しください heart01

   詳細はこちら → http://above-zakka.doorblog.jp/

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

2013年8月23日 (金)

夏休みの実習②

8月20日(月)から21日(火)の二日間は二か所目の実習へ行ってきました。

場所は、市の清掃センター内。そこで、ペットボトルの処理作業です。

作業場は、大きな倉庫みたいなところで、クーラーなし。(つけても意味のないような屋根だけの環境です)大きな扇風機だけが回っていました。

市内で集められたリサイクル資源のペットボトルが大量に送られてきます。その、ペットボトルのふたを外したトコロの白い部分を、専用のハサミで取り除きます。

結構力がいるようです。

他に、中身が残っていて汚れているものを取り除いたり、洗ったり・・・。あまりに汚れているものは破棄なんだそうです。

20日月曜の朝は、二日連続のイベントの次の日だったので、疲れていたのはわかりますが、まーテンションの低い事!!bombpunch

用意はモタモタ dash 歩き方はダルダル dash

前回の時の一日目も同じだったんですが・・・。

やっぱり、初めて行くトコロのイメージの無さからくる不安でしょう・・・。

テキトーに無視しておかないと、見ているだけでイライラします coldsweats01

仕事場に送って、挨拶を済ませて先生に託し、早々に退散 dash

そして、4時ごろに迎えに行くと・・・。

やっぱり笑顔のあつやでした。 coldsweats01dash

二日目なんて、車で向かっていた途中で踏切に何度も引っかかり、もう仕事場は目の前だというのに遅刻寸前!

そしたらあつや、「オレ、ここから降りて先に行っとくわ!」 と言って、さっさと行っちゃう始末 sweat01

その後ろ姿は頼もしいほど (笑) 

無事に二日間の実習を終えて、現場の職員さんとお話することができました。

あつやについて、集中力もあるし、すごく素直なお子さんだと褒めてくださいました。

立ち仕事なので、慣れていないからしんどかったと思います。(一日目は午後からうとうとしだしたのを、しばらくそっとしておいてくれていたらしい) でも、それはこれから体力つけていけば、何とかなるでしょう、と。

そして、何より喜ばれたのは、そこでの仲間の方々と楽しくコミュニケーションが取れていたということ。雰囲気がよくなって、逆に助けられました、と。

あつや、ここにまた来たい、って先生に伝えてました。

(前回のトコロも、ここに来ますって宣言してましたけどーー??(笑))

「またいつでもおいでーー!」 と誘われてました。 catfacesweat01

帰りのあつやは、「ペットボトルのな、上のトコロ、ハサミで取るの力いるから、手痛いわー 」 って、手の平を抑えてましたが、とっても満足そうでした。

過酷な環境の中でよく頑張ったと思います。

あつやに、「これで二カ所行ったけど、今のトコロあつやはどっちに行きたいと思う?」 って聞いたら、 「う~~ん、、、、どっちでいいなぁ・・・」 だって。

まだまだゆっくりじっくり決めないとね。

でも、この二日間・・・持参していたカバンに、清掃センターの臭いが染みついて・・・ sweat01

帰っていっぱいリセッシュかけて天日干しさせました coldsweats01

さて、三か所目は来週の月~火曜日です wink

2013年8月19日 (月)

「やなせたかしの世界展」でのイベント

7月25日から8月18日まで、奈良のイトーヨーカドー内にある奈良市美術館にて、「やなせたかしの世界展」が行われていて、その関連イベントとして8月17~18日の二日間、出店とワークショップをさせていただきました。

2
美術館入口正面を陣取ってます happy01good

3
二日間で、たくさんのお客様が興味を持って見てくださったり、買ってくださったり、ワークショップを楽しんでいただけたり、とても有意義な二日間でした。

進展しそうなお話もあり、まだまだ前に進みそうです scissors

4


二日目は、あつやの実演も実施! happy01

これがなかなか好評で、たくさんの人に得意技(?)を見てもらってとても満足そうでした。

夏休みに3度のイベントを実施して、あつやのことで発見がありました eye

あつやってば、初めて行くトコロには不安やイメージのなさ、自信のなさでテンションが低い sweat02

「俺が行ってできるかわからん~~」って、態度になるんです。

人前で失敗したくないというあつやのプライド。

実習先に行く時もそうです。

一日目は準備もモタモタ。準備しないと遅れるよ!って言っても「うぅん・・・」って力ない返事だけで動かない。

でも、二日目からイメージが湧くのか 「あそこでこれをやりに行く!」ってやる気満々 rock

目を輝かせて行くのです。

今回のイベントは二日間の参加だったので、一日目は店の中をうろうろ落ち着きのない一日だったけど、(実際、営業中もあちこち行くし、片付けの時小一時間帰ってこないで、放送かけようかと思ったほど)二日目は、実演する!って自分で準備もして行って、一日中ほとんどチクチクと実演してました。

自分の行動のイメージが大事なようですね。

今回のイベントでは、一緒に出店していた方々の協力もあって、羊毛フェルトの商品はほとんど売れてしまいました。

もちろん、今までの最高売上達成 shine

フェルトボールを使ったワークショップも好評で、また是非どこかでやろうと思ってます♪

さ、またたくさんフェルトボールを仕入れなきゃ wink

_

目の前で開催していた「やなせたかしの世界展」も、たくさんの方が来場されていました happy01

3週間の長丁場、スタッフの方々お疲れ様でした!


2013年8月17日 (土)

夏休みの実習①

高等部2年の夏休み。

個人で決めた3か所の事業所へ、二日ずつ実習へ行きます。

それまでは、クラス単位や、学校からグループで行ってたのですが、これからは個人個人でいろんなところを吟味しながら卒業後の居場所を探すことになります。

8月15、16日。

あつや、まずは1か所目の実習へ。

今回行ったところは、奈良市の生活介護・A,・B型の多機能型の事業所。

1日目、9時前に現地に送って行き、朝の会と掃除の仕事を少し見学して、先生に託して退散。いつまでも居たら、私のこと気になってちらちら顔色見るからね。

居ない方がいいんです、きっとcoldsweats01

1日目の予定は、

朝の会

掃除(横に隣接するレストランの駐車場の掃除)

仕事

昼食

仕事

お楽しみ会(カキ氷)

帰りの会

9時半くらいから始まって、4時半くらいに終了です。

あつやに与えてもらった仕事は、Tシャツを四角に切るという作業。

四角の型紙(10cm角)に合わせて鉛筆で線を書いて、それをハサミで切っていたそうです。

あつや、その作業にハマったみたいで、午後からもずっと同じ作業をしていたそうです。

2日目。

1日の流れは前日と同じ。

お楽しみ会の内容が、ダンスでした。

2日目は、Tシャツを切る作業もしたけれど、横のレストランのパン工房に入り、自分で食べるパンを焼いたり、ピザトーストの盛り付けなどを経験したみたい。

お客さんに出すものは、検便をしてないので触れません。

あつやは、ずっとTシャツ切りの作業でもよかったみたい。2日で200枚は切ったとか eyesweat01

でも、それをしに行ってるわけじゃないからね、実習なんだもの。

パン工房に連れ出してくれてよかった dash

いろいろ経験してくれ~~!

最終日の2日目は、少し早めに迎えに行き、お楽しみ会のダンスをやっているところから見学することができました。

みんな、前に流れる映像に合わせてダンスをしていました。

部屋はみんなの熱気で暑い暑いsweat01

あつやは?と探したら・・・居ました。一番前に(笑)

(思っていた通りだけど)溶け込みすぎ!dash

途中から椅子取りゲームに変わり、張り切るあつや。

女の子の前を通るたびに、大げさなアピールdash

利用者の方が近付いてきて、「実習の子、○○さんが好きみたいですよ」 って教えてくrました。

      ・・・・・(笑) sweat01

20人くらい居てたようだけど・・・最後はちゃっかり優勝してました coldsweats01

先生に話を聞くと、ここが気に入ったみたいで、みんなの前で「ここに来ます」と宣言してたらしい・・・。  

     おいおい・・・ (困) sweat01

1日目の朝は、なかなか準備もしないでもたもたしていたくせに、(1日のイメージが湧かなかったから仕方がないと思ってたけど)2日目は率先して準備して、目を輝かせて行ってたあつや。

よっぽど楽しかったようです。

作業は、Tシャツ切意外にもいろいろあるようで、レストランの野菜の処理や、お米計り、折り紙折り、木工工作、割りばし組みなどなど。

レストランの班になったら、パンを焼いたり接客したりもできるようです。

いろんなことをやっているところは、その中でいろんな仕事場に回れるから魅力ですね。

ここに決めるかどうかはまだ答えられませんが、考えてもいいトコロかもしれません。

通勤がね~~~、一番ネック!なのよ! coldsweats01

Porano__4

   camera レストランの前で。昔、シアター付のレストランだったトコロを改装して事業所にしていて、とってもおしゃれなトコロ happy01

正直、もったいないくらいです catfacesweat01

Porano


  camera 毎朝、駐車場の掃除をするそうです。

_


  camera あつやが盛り付けたピザトースト happy01

材料にはこだわっているからとっても美味しかったです heart04

来週月火曜日は、2か所目の実習です rock














2013年8月13日 (火)

受付のお手伝い

_

毎日焼けるような厳しい暑さ sunsweat01

そんな中、昨日は奈良県立美術館で開催中の、「キラリと輝く!支援学校アート展」の受付のお手伝いに行ってきました。

県内の支援学校の有志の生徒さんたちの作品展。学校で受付のお手伝いを募集していたので希望を出しました。

あつやに与えられた時間は、12時から14時。

その間、来たお客さんにパンフレットを渡して、人数をカウントしていました。

私はその間、奈良の町をぶらぶら・・・。

Image

じりじりと暑い奈良公園。鹿も暑そうでした~ coldsweats01sweat01

Image_2

camera 二時間経って迎えに行ったあつや。

私にもパンフレットをくれました。

あつやが居てる間に、15名のお客さんが来場。

午前中に16名カウントしてた時間があったから、ちょっと悔しがってた (笑)


御礼

このブログもとうとう15万アクセスを超えました shine

ほんとぼちぼちと書いてるだけで、内容にまとまりなんてなく、まぁ、そんなことを気にしないで書いてるから続いてるんだろうけれど、こんなブログでもここまで続けてこれたのは、画面の向こうで見守ってくださっている人たちがいるお陰です。

ありがとうございます shineheartshine

まだまだこの先も、私も見えない(想像できない)あつやの軌跡を辿って行こうと思っていますので、どうぞよろしくお願いします shine

2013年8月 9日 (金)

受け入れること 許せること

昨日は初めて自分のスマホの地震警報音にびっくりbomb ドキドキ shock でしたが、誤報でホッdash 奈良県民って、日本最古の木造建築が残っているという自負からか、地震に対する警戒心が薄いのかも・・・。

うちで友達と一緒に居てたんだけど、二人で 「ほんまなん?ほんなまん?」 sweat01 ってうろたえるだけで何もできないでいました・・・ down

せめて、地震が来たときの初動はイメージしておかないと危険ですねー dangerdown

リアルな訓練(?)でございました。

心配してくださって連絡くれた方々、ありがとうございました m(_ _)msweat01

さて、昨日木曜日はスペシャルオリンピックスのバスケットの練習でした basketball

あつやは、ここでしか会えないアスリート(選手の仲間たち)に会えることうをいつも楽しみにしています。

昨日は参加人数がいつもより少なく、あつやはのびのびと練習に参加していたように見えました。

リバウンド(ゴールに入らず跳ね返ってきたボール)やパスボールも積極的に取りに行ってたし、声も大きく出ていたし・・・。

人数が多くて、動きの速い子や自分より明らかに上手な子がいるとついつい動きが小さくなったり遠慮したり、すぐにあきらめたりなんですけどね。

その、昨日の出来事。

練習の最後はいつも試合をします。

もちろん、時間を決めて、点数も表示して、反則も取ります。

二試合目の時、なかなかみんなと一緒に休憩を切り上げることが出来ずに居る選手がいて、試合途中から入るようにコーチがその子を促したんだけど・・・試合中のコートの中で座り込んでしまっちゃった dash 

しんどかったのか、自分を待たずに試合が始まったのが気に入らなかったのかわかりません。でも、どうも試合には参加したいみたいで・・・。

その間、ボールは彼女の近くに飛んできます。試合中の選手がボールを追っかけて集まります。

微動だにしない彼女。

それでも、誰もその子を邪魔扱いにしません。

試合に出たいみたいな空気を察したある子が、彼女の手を引いて試合に誘いました。

気を取り直して試合に参加する彼女。

普通に試合が続行されました。

みんなが彼女にボールを回します。

なるべくみんながボールに触れるように、いろんな人にボールを回します。

そこに選手同士の会話はほとんどありません。

声を出せる子は 「○○君(さん)、パス!」 とか言うけどなかなか声に出せる選手の方が少ないのがスペシャルのアスリートたち。

そんな彼ら、彼女らは、試合で勝とうと躍起になるわけでもなく、みんなで楽しめること、迷惑であろう態度も人を受け入れ、許すことを知っている。

意見の不一致や自分と違う人に対して許せないで暴力や殺人を起こしてしまう事件が多い世の中なのに、ここには暖かいものがあると感じました。

試合後は、点数を見て、勝った♪とか、おしかった! とか言い合っているけど、楽しかった!って顔がキラキラしてました。

ここも、あつやにとっても大事な場所なんだと思います。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »