« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月18日 (火)

初めて子供だけでカラオケ♪

約束通り、祝日の月曜日クラスメイト3人でカラオケに行ってきました karaokenote

11時に、カラオケの近所のイオンで待ち合わせ rvcardash

フードコートで早めのお昼ご飯を済ませました。

学校以外でクラスメイトと会うのは初めて。

あつや以外の二人は背も高くて、見るからに「高校生」って感じ。

あつやはやっぱり子供っぽいかな coldsweats01

12時前にカラオケに移動して、子供ら3人と親たちと別れて部屋を取りました。

先に部屋に入って行き、さっそくあつやが「栄光の架け橋」入れてマイク持ってました coldsweats01

私たちは、一曲も歌わずひたすらおしゃべり shine

これだけゆっくり話したのも初めてだし、連絡先も交換できたし、これからは安心して声掛けられます good

2時間経って、迎えに行こうと部屋を開けたら・・・・ 暑い sign03sweat01

それも、サウナみたい sweat01sweat01

coldsweats01  子供たち・・・クーラーもかけず汗だくになって歌ってました coldsweats01sweat01

「クーラーもつけずにいてたん?」 って聞いても 「あ、そうやったん?」 って感じで誰も気にしてなかったですけどね coldsweats01

汗だくになりながら、楽しく過ごしていたようです happy01note

ま、よかったよかった smile

次の日は、学校でも三人で昨日のカラオケの話で盛り上がっていたようです wink

2012年9月16日 (日)

友達と遊ぶ約束

今まで地域の小学校の友達と約束して近所で遊ぶ・・ということはしてきたあつやですが、明日の祝日に養護学校のクラスメイトと遊ぶ約束をしてきました eyesweat01

中学部のときは、親同士で約束して遊びにいく・・ということはしたことあったけど、今回のように親を無視して遊ぶ約束をしてきたのは初めてです。

でも、全然予期していないことで sweat02

遊ぶって、あつやを一人で電車に乗って遊びに行かせるなんてしたことないし sweat02

しかも、養護学校の校区ってとてつもなく広い!

約束してきたクラスメイトの友達が住んでるところも大体しかしらないし (電車では全然違うところから乗って来る) 何しかすごーく勝手な計画 dash

「月曜日、H君と遊ぶ約束してん」 って、金曜日に帰って来たときに突然聞かされた wobbly

「え?どういうこと?子供だけで?どうやって会うつもり?」

「月曜日、空いてないの?」

「いや・・・空いてるけど?」

「JR奈良駅でな、待ち合わせしてな、H君とな、H君のお母さんとな、N君とな、N君のお母さんとな、オレとオレのお母さんとで会って、カラオケ行くねん」

 

coldsweats01 はい~~??? sweat01 coldsweats01  親も一緒??

あの~、懇談で顔を合わせただけのお母さんたちと一緒にいきなりカラオケ?

「ほんまに??ほんまにそんな話になってんの?」

「H君から電話があるから」

・・・・・ sweat02

まぁ、今のトコロ月曜日は予定もないし、どうなっても対応はできるんだけど・・・。

とりあえず電話を待ってみるか dash 

そして、言われた通り昨日H君から電話がありました。

行ける?行けるで。。。。子供通同士そんな会話をしてから、向こうのお母さんと話すことができました。

聞いてみると、H君のお母さんは、JR奈良駅であつやとH君、N君の三人で待ち合わせしてカラオケに行くと聞いていたみたい。 coldsweats01

それを聞かされたお母さんは、子供たちだけでは不安だから妹を連れて行かそう (というか、妹に付いて行ってもらう・・・ ) かと思案していたとか。

おいおい、あつやからの報告と違うぞ coldsweats01

「あのー・・・、あつやはまだ単通で一人でやっと一駅電車に乗せられるようになったばかりで、 (そのことはHさんも知っている) 一人で駅で待ち合わせてカラオケに行かせるようなことはまださせられませんが・・・」 

って、言ったら、察知してくれて、 

「そうですよね、うちも一人では不安です。 だから妹を付けようかと思ったんですが・・・。どうしましょう? しかも、Nさんに電話したら、そんな約束子供から聞いてないって。」

おいおい・・・ down ほんま、都合よく報告してくるなぁ。 dash

三人とも同じクラスなんだけど、あつやとH君は結構二人でしゃべってる同士。地域の中学校からの子で、高等部から養護に来た子。ちなみにN君も。

比較的クラスの中で軽度な三人。

でも、N君はそんなに二人とあまり絡まない。カラオケやゲームにも興味を示さず、仲良しなんだけど、あつやとH君とのテンションとはちょっと違う。

「聞かされていない」って聞いて、妙に納得してしまった catfacesweat01

でも、今回の約束で、せっかくだから親同士も会ってしゃべりましょう、ということになりました。 happy01

電車でJR奈良駅で待ち合わせ、というのは却下して、車で奈良市内のイオンで待ち合わせして一緒にお昼を食べ、その後子供たちだけでカラオケに放り込んで一緒に時間をつぶしながらお茶することに。

比較的おとなしい子たちなので、カラオケルームに子供たちだけにしても大丈夫でしょう、という判断。

この子たちにしたら、休みの日に一緒に遊んだ、っていうことをしたいんだよね。

そこは尊重してあげましょうというところはお母さん同士で一致 good

一度、ゆっくりお話ししたかったので、今回のことはいいきっかけになりました confident

きっとこの先、卒業まで一緒にいる友達です。

進路の相談もこれから増えていくことになるでしょうしね。

約束のルールも決めておかないと coldsweats01dash

中華街練り歩き

先週の土曜日。

お父さんが休みだったので、以前から手掛けている羊毛フェルトの商品を置いてくれているお店に行ってみました。

一件目は大阪のたこ焼き屋さん。

たこ焼きのストラップ、タコ付きのたこ焼きストラップなど、ちょっと面白商品を置いてくれています。あつやはたこ焼きの玉を作ってくれてます。

大阪まで行ったので、ついでに神戸まで足を延ばしました。

神戸元町の近くにも置いてくれてるお店があります。

主人の会社の方の奥さんが、そこの雑貨屋さんにその方の作品を置いてて、そのご縁で私のも置いてくれています。

行ったことがなかったのでずっと気になっていたのですが、やっと行くことができて、店長さんにも挨拶ができました。

今後も委託で置かせていただきます。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

その後、そこから200mくらいの所にある神戸の中華街・南京町へ。

真ん中の広場で写真撮ったり、肉まん食べたり、うろうろしたり note

あつやは中国人の人を見るたびに喜んでました。

肉まん渡されたら 「シェイシェイ」 って言って笑われてたよ coldsweats01

そして、途中でふらっと寄った雑貨屋さん・・・。奥に中国の服なども置かれてました。

あつやは、カンフーの衣装が気に入ったみたいで 「買いたい!」 と言い出した。

それも、テカテカのサテンの上下のカンフー衣装 wobbly

青やシルバーなどがあったような・・・。

最初は冗談だと思って、笑いながら 「いつ着るんよ~?」 って聞いたら 「着て学校行くねん」 って言うから、ますます冗談だと思って笑って流してたんだけど・・・。

どうも本気で言ってたみたい sweat02

「これはちょっと学校へ着て行くのはおかしいで?表にあったTシャツとかにしておいたら?」 ってTシャツを見に行ったら 「こんなんじゃない。こんなん、おかしい」 って。

おいおいおい sweat02

どう見てもテカテカのカンフーの上下を着て電車に乗るのにホームに立ってる姿の方がおかしいやん!

それを恰好いいと譲らない sweat01

「いや、それはやめて!」 って言ったら 「自分で買うからいいやん!」 と dash

買って寝間着にするくらいならまだしも・・・。 (それもどうかと思うところ大ありだけど)

買って通学服にする、って譲らない sweat02

あんなの着てたらドラゴンボールの孫悟空なみに目立つやん・・・ coldsweats01sweat01

見かねたお父さんが、他の見たら気が変わるかもしれないから他の店も見歩こう、ってそのまま中華街の雑貨屋さん巡り sweat02

その間あつやは 「あれがいい!」 と言い張ってましたが sweat02

途中で屋台のラーメン食べよう、って誘っても 「いらない!」 ってそっぽ向くし dash

放っておいて二人で食べましたけど coldsweats01

こんなんやったら恰好いいで? ってアドバイスしても聞き入れてくれない。

「上下で揃ってないと恰好悪い!」 って。

なるほど。上下で揃ってるのが大事なのか dash

そして 「Tシャツに黒のパンツやGパンで合わせても大丈夫!」 って納得させるためにそんな組み合わせを飾ってるのを見せたらやっと納得してくれた dash

そしてあつやが選んだのは、首の所は中国服らしく三つのボタンで飾ってて、真っ赤の生地で金の淵取り、龍の絵の描いたTシャツを選んでました。

これでも結構目立つけど、カンフー衣装の目立ち方とは全然違う coldsweats01

納得した買い物ができて、やっと帰ることができたよ wobblysweat01  疲れたdash

次の日、ちゃっかりそれを着て、電車通学して見守ってた先生 (見守り二日目の日でした) を驚かせてました coldsweats01 

Nec_0313

Nec_0314_2


Nec_0314

   

Nec_0314_3

  キョンシー帽 note

 

  あ、店内で撮影禁止dash ごめんなさい sweat01

 

買ったTシャツの写真は後日~ coldsweats01

 

追い詰めたから

少し前に、久しぶりに餃子を作っていた時のこと。

具を包むのはわりと上手だと自負しているあつや。

この時も、具までお母さん作ってや、包むのは俺がするから手伝わんでええ、と言われてました。

用意した皮は22枚入りの袋3つ。

具をだいたい3等分にしてから入れるようにするといいよ、って一言アドバイス。

はーい、と機嫌よく取り掛かったのはよかったのですが。sweat02

途中(二袋目に入ったくらい)で私が 「少ないんじゃない?それじゃあ、具が余ってくるよ」 って言ったら 「大丈夫」 。

う~~ん、でもなぁ dash 明らかに余ってきそう・・・ sweat02

「もう少し増やしてよ?」 って伝えたら、 「わかった」 ってここまでは素直に聞いてくれた。

二袋目が終わった時点で、あと一袋に収まりそうにない具の余り方。

「う~~ん、もう全部は入らないかな」 って言ったら 「大丈夫やって!」 と言い切るあつや。

「やっぱり一袋目が少なすぎたみたいやなぁ・・・、まぁ、いいけど。そのまま焼いてもいいし」 って言ったら、 「わかった!増やせばいいんやろ!」 と怒り出した。

そして、作った餃子を開いて中身を増やす作業をしだした。

「開くの?それでできるんやったらいいけど。 でも、無理せんでいいよ、余ったら余ったでいいし」 

私は他の料理をしながら普通の調子で話してたんだけど、あつやはちょっとイライラしだしてた。そして、向かってたコンロから振り向いてあつやをふと見た瞬間、あつやがスプーンを口から出してるところだった wobblybomb sweat01

「食べたの??」  

明らかに口に何か入ってるからしゃべりにくそうに 「食べてない!」

「いや sweat01 明らかに口に入ってるやん! 口に入れた具、出しなさい!」

「食べてないって!」

「アーンしてごらん!」

あーん・・・

「(具) 入ってるやん! 出しなさいって! おなか壊すよ!」

「食べてないって!!」

「いや、いや、いや・・・」  sweat01sweat01sweat01

そんな問答を繰り返す始末 sweat02

そして、ふてくされてソファへ行って横になって。。。そのまま寝てしまった。(寝てたのか目をつむっていたのかわからないけど)

その日は、結局拗ねたまま晩ご飯食べませんでした・・・。

後から主人に、私がちゃんとひとつに入れる量を示さないから悪いと言われました。

確かにそうかも知れません。

でも、余っても怒るつもりもなかったし、余ったら余ったでいいや、と思ってたんです。

だったら途中で口を挟んじゃいけなかったのかも知れませんね。

あつやにしたら追い詰められたと思ったのかも知れません。

でも、生の具を食べたのもショックだったけれど、頑なに食べたことを認めない頑固さへのショックの方が大きかったです。

口に入ってるのを見せておきながら、「食べてない」って言い切るのはどうよ? って。

結局、おなか壊さずにいたんだけど・・・。 (ちょっとでも壊してたならよかったのに・・・down

間違いへの指摘を素直に受け入れない。そんな頑固さに手こずることが増えてきたかな・・・と感じます。

despairsweat02

次の日の朝。

壊れた3DSがテーブルの上に置かれてました。

なんで3DSが置かれてるのかな? と思っていつもの場所に置こうとしたら壊れてたのです。

「あつや、これ、どうした?」 って聞いたら、 「ちょっとな、踏んでん」 。

ちょっと踏んだくらいでこんなに壊れるか?ってくらい変形してるし sweat02

「いつ?」

「・・・」

「ゆうべ?」

「うん」

あー・・もしかして。。。

餃子の件で拗ねてたんじゃなく、わざとゲームを壊して、ゲームが壊れて拗ねていたことにすり替えてたんだ。

bearingdashdash

「直るやんなー」

「まだ保証期間内やから直ると思うけど・・・これだけ壊れてたらタダってわけにいかないかもよ?」

「そーなん?」

「お金かかったら自分で出せる?」

「うん、わかった」

やっぱり後ろめたい気持ちがあるってことやんね。自分で壊したって認めてるってことやんdash

でも、ゲーム機の修理ってもう何度目かsweat02

もう一週間くらい経つけどまだ出してないんですよねsweat01

このまま無いでもいいんじゃない?と思うんだけど・・・。

でも、とりあえず修理には出して置いて、渡すのはちょっと様子見ようかthinkdash

2012年9月11日 (火)

単通無事開始

あつや、電車での単通無事に開始できました scissors

今朝も駅に送って、車からの見送り。

嬉しそうに改札に入っていくあつやが少し大きくなったように見えます shine

2012年9月 8日 (土)

初めての一人登校・・・

さて、先生の見守り付きの練習日一日目の金曜日。

回数券を買うつもりで少々早く駅へ。

一緒に切符販売機で回数券を購入し、

「18分の普通電車に乗るんやで」 と確認して改札口で見送りました。

それが8時ちょうどくらい・・・。ちょっと早過ぎたかな?

自信満々でホームへ向かう姿を見届けて私は仕事へ向かいました rvcar

でも、17分に担任から電話 phonetosweat01

「あつや君の姿が見えないのですが・・・sweat01

shock はい~~?? sweat01

「あー、もしかしたら一本早い普通電車に乗って先に九条駅でH君を待ってるかもしれません sweat02 先生は18分の電車に乗って九条へ行ってみてください」

と言って電話を切りました。

やっぱり早すぎたかなぁ。

まぁ出発駅で待つのも早く行って向こうの駅でH君を待つのも一緒だって、それくらいは判断できそうだから大丈夫だろうけど・・・。

そのまま連絡なかったから、無事に見つけたと安心して、夕方仕事を終えてあつやを迎えに行きました。

そしたら、やっぱり4分発の普通に乗って先に九条駅へ行ってH君が来るまで待ってたらしい。

やっぱりねー、まぁ一緒だもんね。

でも、あつやの次の一言 dash

「次に違う電車乗ったら、オレ、アウトやねん。テストやねんて」

って! dangercoldsweats02danger 

え?? 見守り、と言いつつ実はテストのことだったの?

申告した電車に乗らなかったらアウトって!

それならそうと説明してくれたら、あつやにもっとちゃんと18分の電車に乗るように念を押していたのに!

sadsweat01

チャンスはあと一回。

月曜日は18分の電車に乗れるように送ってあげなきゃね coldsweats01sweat01

2012年9月 6日 (木)

単通への思い

あつやには心に余計なスイッチがあって、それが入ると約束を忘れてとんでもないことをしちゃう心配があります。

それは、こっちが油断したり一人になったときに入ります。

小さい時からそんなあつやに振り回されてきて、あつやには一人で行動させるようなことをしなければいいんだ、そしたら問題行動も起こさないし安心だ、とそんな考えを持っていました。

特に小学校のころは、だれかれ構わず近付くし、特に小さな女の子にはすぐに近付いて行ってました。

そんなあつやを見てて、大きくなったときに加害者になる心配が大きくなり、やっぱり自立する練習なんてできない・・・って思っていました。

でも、中学、高校・・・と大きくなってくるとあつやが変わってきました。

昔ほど小さい子に執着しなくなっていたのです。

あつやに聞いてみると、「小さい子はな、怖がるから」 って、自分が大きくなっていること、昔みたいに小さい子にむやみに近付けないようになってることを、自分で受け入れていたのです。

正直、あつやがそこまで精神的に成長するなんて思ってもみませんでした。

一人で行動させる不安がなくなっているわけではありません。

だけど、その線引き、限界を親が決めちゃいけないんですね。

大人になることを止めるわけにいかないのですから、あつやがあつやなりに大人の階段を登れるようにサポートし続けてあげたいな。。。

(仮)単通開始!

あつや、明日から電車で単通を開始します!

一学期に3回ほど一緒に登校して練習してて、二学期始まってからいつまた練習再開しようかと思ってたら、学校からは、

 もうお母さんについてきていただくのはあれでいいですので、今度は見守りで練習しましょう、7日(金)、10日(月)ではいかがですか? 

って、急展開!

え?練習ってあれだけでいいの?

う~~ん、まぁ、いいと言えばいいんだろうけど・・・。

大丈夫ってあつやも言ってるし。

きっと大丈夫だと思うけど。

でも、練習したのって2か月も前のことやしbearing なんだか不安 dash

見守りで練習というのは、先生が隠れて(?)見守りながらちゃんと登校できるか見届けることです。

実際に、バスで単通練習してたお子さんの見守りを、木陰から覗き見してたのを見たことがありますが、さて、どうやって見守ってくれるのかな?coldsweats01

とりあえず、明日は乗車駅までは一緒に行って回数券を買って、改札口で見送ろうと思っています。

月曜日からは車で駅まで送って、私は車から降りないつもり。

8時18分発の普通電車に乗って一駅。九条駅で降りたら改札口で逆方向から来るクラスメイトと待ち合わせして一緒に学校まで歩きます。

その間、たった二分の乗車だけど。

公共の乗り物に一人で乗せるなんて初めてのこと。

私の方がなんだか落ち着かない。 ドキドキ。

駅であつやに 「行ってらっしゃい」 ってできるなんて。

それ自体がなんだか夢のようです。

それほど嬉しいということではありません coldsweats01  不安の方が大きいですから shock

2012年9月 4日 (火)

二学期から気を抜き過ぎ

長い長い夏休みがやっと終わって、昨日から元気に登校しています happy01

宿題もやったのかやってないのかわからない状態 dash

始まったときは 「頑張って全部やる!」 ってある程度までやってたけど・・・down

だんだんと後回しになって、そのうち見向きもしなくなり、私ももう関与しなくなってました。

まぁ、もともと、何かやってないと長い夏休みを過ごせないからって出してもらってるだけのようなもの・・・dash

内容も、その子に合わせて作られたものだし。

でも、夏休み最後の夜9時になって、いきなり 「先生に怒られる!」 って言い出してやりだしたときには呆れましたワ dash

結局全部はできなかったんだけど、あつやの、その「やらなければ怒られる」範囲は私にはわかりません dash

ε-( ̄ヘ ̄)┌

ま、そんなこんなで始まった新学期 shine

一日目の昨日は、久しぶりにクラスの友達と顔を合わせて嬉しかったようで、機嫌よく過ごしていたようです good

そして、今日。二日目。 今日から給食 restaurantnote 冷やしうどんに海老の天ぷら note

エプロン、マスクも準備OK good 水筒も大き目のを持参 happy01

安心して送り出し、私は時間通り仕事へ cardash

と、9時半ごろ担任から携帯に連絡が! sweat01

「今日はプールがあるんですが・・・」 って sign03

shockshockshock ガーーーン sign03 shockshockshock

全然気付かなかった~~~ bombbombsweat01

「すみませんーーー! 全然確認してなかったです!!」 sweat01shocksweat01

先生、 「あつや君の体調さえ大丈夫なら、学校にある水着が入れば貸せますので・・・」 って。

「あつやの体調は全然大丈夫です! すみません、あつやさえ拗ねることのないようにしていただけたらいいですので!」  と言って後は先生に託しました dash

仕事中に言われても水着持って走るわけにいかないからね・・・ down

ほんと、新学期から油断しちゃいました dash

帰ってきたあつやに、 「今日はごめんなー、お母さん全然プールなんて考えへんかったわー。プールは入れたん?」 って聞いたら、 「大丈夫やで、入れたでnote」 って。あー、よかったdash

「オレも全然気ぃ付かんかったわー」 って。

自分で用意するようになってからはホント確認してあげることしなくなったから、「忘れ物ない?」「ないよ」 の会話で安心しちゃって・・・。 いい加減な母親です coldsweats01

でも、こんなことがあっても私を責めないのは助かります dash

次は木曜ににプールってこと、あつやと二人で確認しました bleah

2012年9月 3日 (月)

定期受診

8月21日に行った定期受診の記録を残しておきます。

体重  56.0kg (前回 54.0kg)   + 2 kg

身長  154.4cm (前回 153.3cm)  + 1.2 cm

体脂肪率  21 % (前回 18%)   + 3 %

夏休み、最初だけランニングやってたけど、夏休み半ば2週間ほど真ん中のスン兄ちゃんが島根から帰ってきたときに全然走らなくなって、その間食生活も変化があってちょっと太ってしまいました thinkdash

身長も少しずつだけど、着実に伸びています。

先生が、「まだ止まらないでしょう」 って言ってくれたので、安心していました。

今回は、血液検査もして、二次性徴の成長具合も見てもらいましたが・・・。

はっきりとわかるものではないらしいですが、あつやの場合は「遅れている」というより、「このままだらだらと・・・」という感じらしいです。

今働いている施設の利用者の方たちの年齢を聞いてみると、驚いてしまう時があります。

見かけが30台、40台でも相当幼く見えてしまう人もいてます。

あつやも、そんな感じで成長していくのかな。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »