« 1月10日 夕食 ’12 | トップページ | 1月11日 夕食 ’12 »

2012年1月11日 (水)

今日から三学期♪

やっと三学期が始まりました

前日の晩に、宿題のチェック 

歯みがき表とかお手伝い表とか、壁にべたべた貼るけど、いつも塗るのはまとめてです 

その中で、前にも記事に書いたマラソン表 

「75点以上だと表彰」 っていう目標があったんだけど、実は足らなかった・・・ 

一日だけ走られない日があたけど、他は毎日続けたんだけどね。

昨日、計算したら69点 

そしたら、あつや 「これ、出さない」 って。

「いや、宿題なんだから出さなきゃ」 って言ったら

「表彰もらえへんやん! どうすんの?!」  って泣き出した 

「でも、毎日がんばって走ったんだから先生に見てもらいや」

「もらえへんやん! 出さへん!」

「・・・・・ 」 ( 何言っても聞かないパターンだ・・・ )

出す気がないプリントは、その辺に放ってしまいました 

あつやにとっては結果がすべて。表彰されることがすべてだったんですね 

そのプリントは、こっそり四つ折にして、先生に出したくないと泣いたとこをメモに書き添えて他の宿題と混ぜて出させました。

先生からは、 「ハードルが高すぎたようですね。また考えます」 と連絡帳を通して返事がありました。

久しぶりに学校でお友達に会って、クラスでは冬休みをどう過ごしたか発表したそうです。

あつやは、クリスマスにパフェを作ったこと、スン兄ちゃんが帰ってきたこと、車を一緒に洗ったこと、除夜の鐘を突きに行ったこと、お正月にはみんなでご馳走を食べたことなどを話ししたようです。

クラスのみんながどんなこと言ったのか、(あつやの他には5人です) 先生もどう過ごしたのか(先生は3人です) もひとりひとり覚えててお風呂で教えてくれました。

« 1月10日 夕食 ’12 | トップページ | 1月11日 夕食 ’12 »

コメント

残念せっかく毎日頑張ったのにね~~

そうそう、こういうのって毎日コツコツやる過程が大切だったりするのに、我が子も結果重視

しかも、結果は○しかなく、△まして×なんて最初から有り得ない

うちの子とあつや君との違いは、うちなら毎日合計出して『あと何日で何点』とやりそう(心配症だし)
そして、何としても達成しようと、ごまかします

だから、スモールステップが大切なんだろうけど…
ずっとこれでいいのか悩む所。
世の中、うまくいかない事の方が多いしね

みっちいさん

同じ同じ。あつやも結果は○しかないよ。
今回のマラソン表は、いちいち計算しなきゃわからないってのと、私が前半に「大丈夫大丈夫、余裕余裕」って言ってたから油断してたかも。で、最後に計算してみたら届いてなくて、「出さない」って結論だったみたい。


負けるかもしれない勝負には挑まないし、出来ないかもしれないことには挑戦しない。
でも学校やバスケやソフトボールでの経験を重ねて少しずつましになってるかもー

がんばってもうまくいかないことだってあるけど、その経験は決して無駄ではないって、やっぱり経験を重ねないと学べないことだね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月10日 夕食 ’12 | トップページ | 1月11日 夕食 ’12 »