« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

笑っちゃいけないけど

今回は、呆れた問題行動 

ちょっと最近困った君になってるなぁ 何かストレスを感じているのかなぁ・・・。

  

昨日、仕事がいつもより早く終わったので、二階の片付けをしてあつやの机のチェック (今年のお正月にお金を隠されてから時々チェックしてます) してたら・・・・・

    なんだ~~~~~!!! 

机の引き出しの奥に、ミニカップ麺が2つ!!!!   

わ~~お! これはどうしたものか  

買った覚えはもちろんないし、お金持ってないはずだし。。。。

ついこの間見たときはなかったのに・・・!

どっかから盗ってきたとしか思えない!

さてさて・・・帰ってきたあつやにどうやって聞き出そうか。

ついこの間キーホルダー事件を起こしたばかりなのに、やっぱり懲りてないのかなぁ

私はこのときは少々パニックになってました

呆れるやら、情けないやら、自己嫌悪に陥ったり・・・頭グルグル

とりあえず、放っておくことは出来ないのでカップ麺をキッチンへ。

6時に機嫌よくデイサービスから帰ってきたあつや。

いつもはキッチンにまっすぐ入って、おやつを探すんだけど、なぜかすぐにTVの前へ。

この時、チラッと確認したんじゃないかな。

┐( ̄ヘ ̄)┌

「あつや、何か隠してるやろ?」

「・・・ううん」

「そうか?」

「・・・・うん」

「今から聞くことにうそつかないで答えてくれる?」

「うん?」

「うそつかないって約束してくれる?」

「・・・・わかった」

「このカップ麺は何かな?」

「・・・うん?」

「こ・の・カッ・プ・麺・は・どう・し・た・の・か・な?」

「・・・うん」

「『うん』じゃわからん」

「・・・うん」

「どうしたのか話して」

「・・・・うん」

この絡みを10分もすれば切れちゃいました 

「言わんかったら家から出て行って!!」 

「いやや!」 

「だったら話して!」

「わかった!」

「・・・・・・・・」

「・・・・・・・・」

「だから!話すか出て行くかどっちかにして!!!」 

「わかった、話す!」 

「・・・・・・・・」

「・・・・・・・・」

「どっかから盗ってきたん?」

「ちゃう!」

「どっかの店から盗ってきたんとちゃうの?ちゃうんやったらなんで家にあるん?」

「店から盗ってないって・・・」

「じゃあ、どうしたん?・・・・はよ、話してや」

「うん・・・・。。。あんな、#$ж%・・・・・」

「はい?何言ってるかわからん」

あんな、#$ж%・・・・・

 聞き取れないし 

でも、しばらくしたら、

「あんな、・・・・おじいちゃんちから持って帰ってきてん・・・」

って、ボソッと言ったことが聞き取れた 

「へ? おじいちゃんちから?」  

「うん・・・」

「おじいちゃんちってかぁ・・・」 

なんだかねー、ここで大笑いしちゃったんですよー 

緊張の糸が切れたというか・・・

だってねー、おじいちゃんちって 

おじいちゃんに言ったらカップ麺くらいくれるしー

怒られるなんてことないしー

なんで、なんで、「ちょうだい」のひと言が言えないのかなぁ

とりあえず、あつやにはおじいちゃんにすぐ電話して謝らせました。

おじいちゃんはすぐに気付いていたようです。

土曜日におじいちゃんちに行ったとき、4個あったはずのカップ麺が2個しか残ってなくてあつやが持って帰ったんだな、って。

おじいちゃんにも言われてたみたい。 「欲しいって言ったらあげるのに。黙って持って帰ったらあかんやろ?」って。

あつやに、 「ラーメン持ってたって食べる時間ないやろ?」 って言ったら 「そーやなぁ」 って。

見つけなかったらどうしていたかは分からないけど。

もちろん黙って持って帰ってきたことは泥棒と同じだし、そこは叱りました。でも、ちゃんと話してくれたことと、店から盗ってきたものではないこと、嘘つかずに話しできたことは褒めてあげたんです。

そしたら、その後は何だか機嫌がよさそうでした。

そんなあつやを見て、なんだか見つけてあげることができてよかった、って思いました。

もしかして、やってしまうあつやが一番辛いのかなー。

だけど、こんなこともひとつひとつなんですかね・・・。

il||li _| ̄|○ il||li  

職場体験

今日は学校から初めて職場体験へ行ってきたようです。

中3のみんなが作業所や施設へ5~6グループに別れて行ったそう。

一日中行くのでお弁当持ちでした。

あつやは、クリーニングをしている作業所(工場?)へ行ったらしいです。

クリーニングって聞いてたからリネン物かな?と勝手に想像していたんですが・・・。

飛行機(某有名会社でした)の客席用ヘッドホンの消毒、巻き取り、袋詰めをしたんだそうです。

 お~、なるほど。それもクリーニングか 

 あつやの作業日記より 

ぼくは先ぱいの話しを聞いて作業の

やり方もおしえてくれて一生懸命最後

まで、ヘッドホンのタオルでしょうどくをふき

って、手でまるめて、ふくろに入れてホッチキ

スでとめる仕事を頑張りました。

2011年11月26日 (土)

近況・・・

重たい記事が続いたので、ちょいと軽く日記。

文化祭が終わって花吹雪を作る日課がなくなってから、以前にやってた広告をシュレッダーにかけてそれをまたどんどんハサミで小さくしていく・・・という作業を黙々と続けています。

あつやにとって作業の目的って、やり続けられること・・・みたいに感じます。

それでも、「これをやらなければ」ととりついたように集中します。

テレビの前を占領されますけどね。

ま、作業中は大人しいんでいいんですが。

それと、毎朝会ってた「やまとさん」ですが。。。

一週間くらい前から、早起きしなくもなって、あつやに

「朝のおじさんに会ってないの?」 って聞いたら

「腰が痛いからもう来ないって言われた」 って。

そかそか。  お見受けしたら確かにかなりの高齢だし、すでに杖突いてたしね。。。

朝の散歩も辛くなってたかな 

まぁ、ちょうど朝の6時なんて暗くて心配だったし。

でも、そもそも朝やまとさんに会うことが目的じゃなかったはず。

ダイエットで走っていたときにたまたま会ってただけ。

「おじさんに会わなくなったからって、朝の運動やめることとは別じゃない?」

って言ったら、

「そーやな」 って。

「何も遠くに走りに行かなくても、家の周り走るだけでもいいし、今学校でやってる縄跳びでもいいねんで?」

「縄跳びでもいいん?やせる?」

「縄跳びもちゃんとした運動になるよ~。」

「そうかー」

って話したんだけど。

今朝からやっぱりまたマラソンを再開しました。

そして、朝トイレ済まして朝ごはん食べる前に服を全部脱いでパンツ一丁で体重測定。

トークン・エコノミーも順調です 

あ、USJ事件でウソをついたことの罰で今まで溜まってたご褒美のバッティングセンター券は白紙。いちからのスタートで始めましたよ 

もちろん、あつやも納得の上です。

2011年11月25日 (金)

考えられる理由

前回の記事の続きです。

2人目にお土産をあげたのがデイサービスのAちゃんだということで、デイサービスには学校の先生から事情を説明してくれていました。

次の日の晩にデイサービスの責任者の方から電話があったとき、

「学校から連絡いただきまして、Aちゃんに渡したキーホルダーも返してもらえるように伝えておきます」

と言ってくださり、よろしくお願いします、と伝えたんですが、そのときに

「最近のあつやくんのことで気になることが・・・」

と切り出してきました。

話の内容は、実は最近あつやが女の子 (キーホルダーをあげた子とは別の子) に手紙を渡しているのをあるヘルパーが見ていたと言うのです。

その表書きにはあつやの家の住所とかが丁寧に書かれてあったらしく、ヘルパーさんにしてみたら個人情報を勝手に渡している!って目撃したことを気にしているみたいで・・・。

私は、そんな表書きのことよりも手紙の内容が気になります、と話ました。

あつやは手紙を書くのが好きで、よく学校でも渡したりもらったりしているんだけど、その内容が好意的なものなのか攻撃的なものなのかは分からないから、もし、その渡した子へ攻撃的な手紙を渡してその子が傷付いていたりしていないかの方が心配です、なのでその子の様子を気にしてあげてくれますか?

と、私の方から伝えたら、 「それはないです、きっと好意的なものです」 と言われました。

日ごろの様子からデイサービスの人がそう思われたのでしょう。

それと、最近デイサービスであつやの遊んでいる様子を見ると、女の子とカップルになった「ごっこ遊び」をよくしています、って。

で、それらを踏まえて、あつやが最近女の子に興味を持っているように思えるのでデイサービス側も職員会議で取り上げ、(こうやって書くと仰々しいんだけど)注意して見ておくようにしておきます、

というお話でした。

今利用しているデイサービスの事業所は、問題があったり伝えたいことがあったりしたことにいつも耳を傾けてくれるし、対応も考えてくれるからありがたいです。

あつやのいいところって伝わりやすいんだけど、困るところってなかなか伝わりにくい。

でも、事例を重ねていって、その都度丁寧に対応してくださるので助かります。

だから、いろいろ他にデイサービスの事業所はいっぱいあるけど同じところばかり利用してます。

やっぱり理解してくれているところの方が安心だからね。

同じところばかり利用していると飽きる子供さんもいるようなんだけど、あつやはあまりよそに手を広げないほうがいいかな・・・と問題が起きるたびに思います。

さてさて、電話を切ってからいろいろ考えてみるとあつやの行動の根本として。。。女の子への興味というか、女の子の気を引きたいという理由が見えてきました。

その電話のあと、あつやとご飯を食べているときに

「あつやぁ、女の子好きなん?」

って聞いたら

「うん!」

って即答。     

なるほど。。。。ε-( ̄ヘ ̄)┌

前回の記事で、みっちいさんからご指摘があった通り、修学旅行のときに黙って女の子にお土産を買って渡していたときの心理状況と同じなんですね、あつやにとっては。

修学旅行のときは自由に使えるお金を持っていたからちゃんとお金を払っていたけど。

でも、あの時もレシート見せずに私に隠そうとしてました。

今回も私に黙って、そっと渡したかったんだ。

もし自分のお小遣いを持っていたら?という考えもあったけど、お金は勝手に使っちゃいけないっていうルールがあるから(使うときは何に使うか申告するっていう約束です)もしかするとお金を持っていても同じ行動に走ったかも知れません。

う~~ん、でもここは難しいところ。

あつやにお金の自由を与えると、それはそれでいろんな危険が考えられる。

あつや、いい格好したがるから友達におごったりね。

それか、使わずに溜めてばかりいて結局欲しいものに手をだしたり。。。

う~~~ん、難しい~~! 

これからはあつやの成長してる心の部分も考えてあげないといけないんですね。

 

でも、あの虎メイクのまま盗っちゃってるんですから、きっと誰かに見られていたんじゃないかな  歩いてるとあつやに釘付けになってた子供もいてたし。

そういうところが浅はかというか・・・ちょっと笑っちゃうんですが 

は~~~ il||li _| ̄|○ il||li

 

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

私、前回の記事で、

後から自分の理屈で理由を埋めようとする。言葉が見つからないと黙秘。都合の悪いことは言わないでおこうとする・・・

と表現したけれど、ちょっと違います。

自分の理屈や理由で勝手な行動や不思議なことをしてしまって、後からつじつまを合わそうとするようです。

この認知のずれが一番伝わりにくいところなんでしょうね。 

2011年11月24日 (木)

いつまで許されるのか

この記事を書くことはしばらく躊躇しながら考えていました。

実を言うと、今は思考が止まった状態。

あつやに「悪いこと」ってどうやってわかってもらえたらいいんだろう・・・と先が見えません。

「悪いこと」っていうのはわかっているみたい。

でも、それは「怒られるから」であって、「悪いことだからしてはいけないこと」にはならないようで・・・。

なかなか手ごわく、大きな爆弾を抱えているような気持ちになっています。

読むと不安が残るだけかも知れません。

長文ですが、興味を持たれた方はお読みください。

     ;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

先週、あつやと2人でUSJに行った事はブログでも紹介させていただきました。

とっても楽しい思い出でした。

あつやも、「楽しいわ~、来てよかったわ~」「連れてきてくれてありがとう」 って言ってくれました。

USJから三日目に学校からの連絡帳を開いたとき、先生のコメント欄に不自然に紙を張ってセロテープで固めてあるのを見つけました。

明らかにおかしい。

「何これ?」 ってあつやに聞いてみると、 「先生が間違えてん」 って。

先生が間違えたからといってこんな風に隠すことなんてありえないので、何かあると思い剥がしてみると、先生のコメントが。

「USJのお土産を持ってきていました・・・・・」 というくだりが読めました。

「あつや、お土産って? お土産なんて買ってないよね? 何を持っていったの?」

「・・・・・何をって?・・・・・シール・・・」

「USJでもらった顔に貼るシール?あれはあつやが使ったものだし、お土産になんかならないやん?」

「・・・・・」

「で、お土産って誰かにあげたん?」

「・・・うん」

「誰に?」

「Mさん・・・」 ←聞いたことない名前

「シールだけ?」

「・・・・・」

明らかに態度がおかしいので、すぐに担任の先生の携帯に電話して確かめました。

「先生、連絡帳の先生のコメント欄に白い紙が貼ってあって剥がしたら『USJのお土産を持ってきてました』って書いてありましたが・・・何を持って行ってたんですか?」

「え?キーホルダーでしたけど・・・?確か・・・なんのキャラクターかな」

「もしかして、エルモだったんでは?」

「ああ、そうです、あれ、エルモです」

「そうですか・・・。あの、お土産なんて買っていないんです。キーホルダーなんて買ってないんです。」

「えー?」 ← ものすごく驚いた様子でした。 

「エルモのお土産コーナーで、私がレジに並んでいる間だけあつやと離れてたんです。きっとそのときです・・・。」

「そうなんですか・・・。いや、袋に入ってないからおかしいと思ったんですが・・・。」

「もしかしたら、Mさんという名前が出てきたのでその子にあげたのかもしれません。調べてもらえますか?でも、二つですよね・・・。もう一つはまだわかりませんが・・・。」

「わかりました。明日、あつやくんと話してみます。」

電話を切ったあと、怒りよりショックの方が大きくて。。。。

その買い物をしていたときの状況を思い出していました。

確か、セサミストリートのお店であつやと一緒にいろいろ見ながら回っていたんです。

消しゴムとか鉛筆とか見ているあつやに、

「欲しいのあったら言ってよ、小さいものなら買ってあげるし。お友達に買って行きたいんやったら言ってな」 って話して、

「うん、でもいらんわー」 って答えていたあつや。

お父さんとお兄ちゃんに買うお土産を見つけて、

「お母さん、レジに並んでくるで」  ってあつやに伝えたら、 「わかった、その辺うろうろしてるわ」 と言って一人でブラブラしにいきました。レジには私の前に3人くらい並んでいただけでした。

しばらくして私がレジを終えるころ、ちゃんと戻ってきて 「じゃ、行こうか」 って言ってその店を2人で出て行きました。

その間の出来事・・・。

不覚でした。

買ってあげないなんて一言も言わなかったのに。

あげたいならあげたいって何で言ってくれなかったんだろう?

お土産あげたいお友達がいるなら買ってあげるよ、って伝えていたのに。

楽しい思い出が一変してしまいました。

泣きたい気持ちを抑えながら、あつやにそのお土産をどうしたのか聞きました。

なかなか言わないあつや。

ここは長期戦だと覚悟。

追求しても、追い込んだら余計に言わなくなるのはわかっています。だって、あつやは怒られることが嫌なんですから。

言っても怒られる、言わなくても怒られる。こんな心理状態の中、「誰にあげた?言ってみ?」「・・・うん」 という会話がずっと続きました。

このとき、ちょうどバスケットの練習に行く時間で、6時には出ようと言って用意していたので、「言わないと練習に行かない」と言ってあつやと向き合ってました。

バスケットの練習には出たいはず。(だって京都大会の前だったし)

「言わないとバスケには行けへんで?それでもいいん?」  って聞くと 「いやや・・・」 と言います。でも、なかなか聞きたい答えは言ってくれません。

6時半を過ぎ、練習が始まる時間。 でも家からは30分はかかるので練習参加時間がどんどん過ぎて行きます。

それで観念したのか、小さく 「Aちゃん・・・」 という名前が出てきました。

「Aちゃん?Aちゃんにあげたん?」  「うん・・・・」  「Aちゃんって?何年生?」  「何年生やろ・・?わからん」  「わからんの?  そっか、わかった。 でもな、これはれっきとした泥棒やねんで?あかんことをやったってことわかってる?」  「・・・うん」  「こんなことは絶対にしたらあかんねんで?」  「うん・・・、わかってる。もうせぇへん」

・・・・こんな会話をしてもむなしさを感じてました。

とりあえずバスケットの練習に向かいましたが、運転しながら涙が溢れてきて・・・。

問題行動には少なからずストレスが関係してるのかと思っていたけど、あんな楽しい思いしたときにまで油断しちゃいけなかったのか?

あつやの思いつきの行動が読めない・・・。どんどん手に負えなくなっていくことの不安や自信のなさで落ち込みました。

バスケットに行った先で、たまたま話してたお母さんにこの気持ちを聞いてもらって、障害からくるこんな事態をなかなかわかってもらいにくい気持ちなんかも話したらわかってくれて随分救われましたけど。(早っ!)

スペシャルオリンピックスの仲間ですから、みんなそれぞれ障害を持っているわけで。。。伝わりやすいことが救いでした。

まぁ、私はすぐに立ち直ったわけですが。 問題は解決していません。

結局は、一人目のMさんは養護学校の高等部の女の子、Aちゃんは普段利用しているデイサービスでよく一緒になる中学部の女の子だということがわかりました。

一応、お2人には先生や事業所が事情を話して(問題があったから返して欲しいと伝えたそうですが)キーホルダーを返してもらうことになりました。

物は、学校の先生が郵送するか処分なりするということなので、お任せすることにしました。

学校ではあつやに反省文を書かせると言ってました。

やったことに関しての処分はこれで済んだのかもしれません。

だけど、あつやの中ではもうしちゃいけないって分かってくれたかは正直自信ありません。

冷静に考えてみると、その2人って私の全然知らない子。

もし、あの時に私の知らない子の名前を言われて「渡したい」って言ってたとして、私は「いいよ」って言えてたかな?って思います。そんな発想があったなんて考えもしなかったし。

あつやにしたら、お母さんに言ってあかん、って言われたらあげられない、だったら言わずに持って行こう、そしたらあげることができる♪

そんな単純な思考だったんじゃないかと思います。

そして、後から自分の理屈で理由を埋めようとする。言葉が見つからないと黙秘。都合の悪いことは言わないでおこうとする・・・。

長谷川先生が書いた本の一説に

行動を起こすときの判断が状況にあった適切なものではなく、本人がその場でした「つじつまあわせ」がもとになっている・・・

というのがありますが、まさにその通りだと思って読み返していました。

これが許されないものになったときが今は怖くて仕方がありません。

2011年11月23日 (水)

バスケット地区大会in京都 2011

11月20日の日曜日に、スペシャルオリンピックスのバスケット地区大会が京都で行われました。

参加チームは、 京都・大阪・滋賀・奈良 の4チーム。

あつやももちろん、参加 

今回は、選抜メンバーとかじゃなくて全員が参加するという大会で、奈良の2箇所で行われているチーム全員で一緒に行きました 

4チームが総当り、最後に順位決定戦もあり、2面使いながらみっちり試合があって出番が多い大会でした。

今回は、いつもは試合に出られない選手(アスリート)も全員が出場という目的も。

一応3クォーター目に試合には出にくいアスリートに出てもらうというタイミングも設定されていたので、安心して全員が参加できるようになっていました。

そうしないと、突き飛ばされる危険性もあるからね。

ボールを持ったら相手チームのゴールに向かっていくなんてザラで、パスする相手は敵か味方なんてお構いなし。終いには敵同志がコートの真ん中で手を繋いでいたり。(笑)

見ていてほのぼのするようなシーンがあったり、笑ったり。

見ているギャラリーの声援も大きくなって。。。

お母さんの手を離さないで参加を嫌がってた小さな女の子も、最後には一人でコートを走ってました。

思いがけない成長を見つけたり、純粋な行動で癒されたり、とげとげしい場面なんて全然なくて、とても気持ちのいい大会でした。

でもね、スポーツって教えるの難しいんですよね。

例えば、普段は、「人の持っているものを取ってはいけません」 って教えるのに、バスケでは 「ボールを奪え」 って教えるのですから。

混乱してる選手もいてると思います。 

それでも、いつも参加し続けているっていうことは、ちゃんと楽しめているからなのかな、って思うんですけどね・・・。

Imgp1708

アスリート22人全員が交替で試合に出るから、いろんな組み合わせで選手交代の場面が。中には、あつやが中心になって活躍しなきゃならないときも。

声を張り上げ、みんなをリードして上手に参加してました 

Imgp1709

 あつや、フリースローのチャンス!

一回目、見事ゴール!!  でも、線を踏んだからってカウントされず 

残念がってたけど、 「しゃあないな」 って納得してました 

Imgp1712

結果は、 1位 京都、2位 滋賀、3位 奈良、4位 大阪 

3位で銅メダルです 

今回の大会は、あつや自身もとても楽しかったようです。

私も、こんな大会がスペシャルオリンピックスらしさがあっていいなぁ、と思いました  

2011年11月17日 (木)

一足早くクリスマス!inUSJ!

土曜日に学校で文化祭があったので月曜日は振り替え休日

せっかくの休日のお休みなのであつやと2人でUSJへ行ってきました 

私は9年ぶりくらいかな? あつやは小学校の卒業遠足で行ってるから3度目です。

今回は電車で行ってみました 

JRで一回乗り換えるだけで行けるので家から1時間半くらいで行けちゃいました。

案外近いんだー

Nec_0099

Nec_0098

朝10時に着!

療育手帳掲示であつやと付き添いの私は一日パスが半額です 

平日だと少しは空いてるかと思ったけど・・・。

この時期、土日行事の学校って多いんでしょうね。子供むっちゃ多かった!

一番最初に並んだスパイダーマンも一時間待ちでした

最初に並んだスパイダーマン。

あつや、激しい乗り物は苦手なようで   でもまぁ、これはライドだし、小さいときに来てバック・トゥ・ザ・フューチャーのライド乗ったときは平気だったから行けると思って並んだんだけど・・・。

だんだん口数が少なくなって明らかに緊張しだすあつや・・・。

「大丈夫?」「激しい?」「どんな風に動くん?」「怖い?」

そしてだんだんイライラ・・・。

この時点でもう半分以上並んでいるし

私も初めてだからうまく説明できないし、 「そんなに不安なら出ようか?」 って言うんだけど、 「う~~ん、、、大丈夫・・・」 って言いながらそのまま並んでたんだけど。

「乗ってる途中で降りられへんで」 って言ったら 「え~~? ってすごく不安そう。

私はどうしても乗りたいし、確かに昔に来た時ジェラシックパークの急流すべり乗ったときは、あつや顔面蒼白になったから今回もやめようと思ってたけど・・・。ライドなら大丈夫だと思うんだけどなーって・・・それをうまく説明できない私もイライラ 

結局ライドに乗り込んだんだけど・・・。乗り込むときに係りのお兄ちゃんに 「激しく動く?」って聞いて、お兄ちゃん、 「そーだねー♪結構激しく動くよ~♪いってらっしゃい♪」 って明るく送り出してくれるもんだからあつや、 「え~~~ って言いながらライドが出発!

私は 「怖かったら目ぇつぶっとき!」 と叫んでハラハラドキドキしながら始まった・・・!

私は暗い中あつやが気になって仕方がなく・・・

あつやが 「わ~~!」 「え~~~! って横で叫ぶたびに 「大丈夫か~~~!!??」 ってあつやの腕をしっかり支えていました。

さて・・・終わってからのあつや。

「全然大丈夫やったわー!すごかったな~~!スパイダーマンすごいわぁ!面白かったー!」 って大満足のご様子で・・・ 

わたしゃ、あつやが気になってほとんど覚えてないって・・・  il||li _| ̄|○ il||li

でも、これでUSJを楽しめると、やっと安心しました 

懐かしのバック・トゥ・ザ・フューチャーも乗って、いろんなショー見て4Dのセサミストリート、3Dのターミネーター、ジョーズ・・・と、いろいろ乗れましたよ 

そうそう・・・、バック・トゥ・ザ・フューチャーで。。。あれって4人ずつ2列の8人乗りのライド。私たちが通された待機部屋に集まった8人は私とあつや以外は、お父さん・お母さん・子供の親子3人が2組・・・。ってことはこのままだと必然的に私とあつやが前後に分かれることに!

「あつや、お母さんと一緒に座れんでいい?」

「え?なんでー??」 

「だって、このままじゃ分かれて座ることになっちゃうよ」

「そんなん、あかんって!お母さんと一緒じゃないとあかん!」

「そっかー・・・」  ということで、前に並んでいた一組の親子に交渉。

「すみません・・・、子供が一人じゃ怖がるので並んで座らせてもらっていいですか?」

最初は 「え?全然いいですよ?」 って訳がわかっていらっしゃらなかった様子だったので、 「そうするとそちらが分かれていただくことになりますが・・・」 って言ったら、ちょっと困った様子。

そしたら、後ろのもう一組の親子の方が、 「うちが分かれて座りますよ」 とおっしゃってくれて助かりました 

二組のお子さん・・・、明らかにあつやより小さかったけどね 

ありがとうございました~ 

Nec_0096

お昼ごはんはスパゲティ   トッピングもクリスマスバージョン 

Nec_0092

スヌーピーの形したバナナあんまん   ホカホカです 

何より大胆なアートメーク 

Nec_0091

あつやが選んでできた顔は・・・。

Nec_0089

ジャン!   虎!!!!

選んだとき、 「ほんまにこれでええん?」 「このまま電車乗って帰るんやで?」 って念押したけど  

「大丈夫やで  だって、格好いいやん  」 ってむっちゃ楽観的 

連れて歩く私の身になってよ・・・とは言えず 

まぁ、それもいい思い出になるでしょ 

Nec_0088

バケツにボールを入れたらぬいぐるみをくれるというゲーム。↑

あつや、挑戦したら一発で入ったよ 

Nec_0086

ゲットしたぬいぐるみと虎と、世界一のクリスマスツリー 

クリスマスツリーはライトアップされる前もとってもきれいでした 

Nec_0085

ショーでの待ち時間・・・。

座るとすぐにこっくりこっくり・・・

一足早いクリスマス。 

あつやもとっても楽しかったようです  

私も楽しかったー!また行きたいです 

Imgp1702

点灯したクリスマスツリーはまた格別~~  

       ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

    おまけ 

Nec_0100

9年ほど前のUSJでの写真 

長男キーヘイ、あつや、二男スン。  まだまだ3人とも可愛かったときです 

 

2011年11月13日 (日)

「思い出作ろう文化祭」

今日はあつやの文化祭 

あつやにとっては、この学校での最後の文化祭です。

あつや、生徒副会長で仕事がいっぱい 

9時の受付に行ったら、PTA役員に混ざってあつやも受付を手伝っていました。

Img_0123

開会式も閉会式も舞台挨拶してました。

あつやたち中学部3年生は、 今村組のダンス。 「届け!東北へ~ぼくたちにできること」 というテーマのもと、本当の今村組のメンバーの人たちが学校に来て指導してもらって練習に励んでました。

あつやは、ダンスの中心になって (あつや曰く 「俺しかな、上手に踊れへんから」 らしい) 堂々と踊ってました 

Img_0129_2

Img_0133_2

Img_0137

Img_0143 

写真の花吹雪ですが。。。これ、最近あつやが家でずーっと作り続けていたもの 

一つ一つ桜の花びらの形してるんです。

毎日毎日ハサミで切っては学校に持って行ってました。

ひらひら舞うように赤とピンクの柔らかな紙。ここ一ヶ月くらい毎日飽きずにずーっと切り続けていました。

今朝、バス停に送って行く車の中で

「今日で花吹雪作り、終わったな~」 ← 母、うれしそうに

「終わったな~」 ←あつや、残念そうに

「なんや、まだまだ作りたかったん?」

「うん・・・」

「そっかー、残念やなぁ」

「うん、残念やわぁ」

毎日真剣によく飽きずに作ってるなぁと感心してたけど。

あつやは楽しかったんだね。

舞台ではとってもキレイに舞っていました。 

よく頑張ったと思います。 

ダンスもとっても上手に、みんなが元気に踊ってました。

「東日本大震災」について自分たちにできることを考えて、「届け!東北へ!」を合言葉にみんなの力強い踊りとパワーがすべての人に、そして東北の人たちの心に届くことを願って練習を続けてきて、今日に望んだんだそうです。

年に一度の舞台での発表をする機会。

先生の、一人ひとり活躍できる場面を見せる工夫には感心させられました。

ある舞台で野球選手になった重度のお子さんがバットを振ったらボールがホームランになるシーン。

ロープにボールをぶら下げて、バットが当たったらロープを引っ張って場外へ飛んで行く演出 

「逆転ホームラ~~~ン!!!」 のアナウンスに場内拍手喝采!

見ていてとっても気持ちのいい舞台でした。

舞台での発表なんて、学校にいてる間にしかなかなか体験できることではないですよね。

だからこそ、大事に行われているんだと思います。

あつやにとっても心に残る文化祭になったはず。

だって毎日本当に一生懸命だったもんね 

閉会式では、あつやを含む文化祭実行委員の生徒が4人舞台に上がっていました。

実行委員の中には、同じ中3のPWSの女の子の姿も。

「すごーい!今舞台に上がってる50%がPWSだよ!」 なんて心の中で突っ込んでました 

そのTちゃんも、しっかり挨拶できていましたよ 

 

2011年11月12日 (土)

盗み食べの定義?

盗み食いを繰り返すあつやですが、その盗み食いにも一応定義があります。

たとえば、4個入りのお饅頭があるとき、お父さんの・お母さんの・お兄ちゃんの・あつやの、って一つひとつ誰のものか確認したら自分以外のお饅頭には手をつけません。

明確に誰のものかわかっている場合は、例えテーブルの上に野ざらしにされていたって、それには手を出さないのです。

そして、「自分の」ってわかると誰もそれには手を出さないので大事に食べます。

少し食べて 「これは明日のおやつにしよう」 って自分から言います。

逆に誰の口に入るかわからないものに対しては、気になって仕方がないのかな、って感じます。

盗み食いをするものを考えても、そんな気がします。

それから、自分が食べていないものを他の人が食べているのも気になるようです。

たとえば遅く帰ってきたお父さんに、自分の夕食の時に食べてなかったものがあるとテーブルから離れません。多弁になって横に立ってます。

一口食べたら納得して離れますけどね 

もちろん、食べ物への執着はすごくあるけど、ここが「無限の食欲」とは違うなぁと思うところ。

不安な気持ちから起こしてしまう行動なのかな・・・ってあつやを見て感じます。

面白いのは、たとえばお漬物のつぼ漬けが器に入ったままテーブルに出てるとき。

自分がご馳走さまをするときに、まだ誰かが食べ終わっていなくてもさっさと蓋をしちゃいます。

自分が知らないところで減っちゃうのも気になっちゃうようですね  

対策になるのかな

水餃子事件で冷蔵庫・冷凍庫の盗み食い対策として、ホワイトボードを買ってみました 

    水餃子事件「約束事のわけ」  

              ↓

http://app.f.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=edit_entry&id=74214095&blog_id=491946

これで、管理されてるという意識を持つことで緊張感が生まれて手を出さなくなる・・・という効果を期待してます。

あれからすぐに買ったんだけど、我が家の冷蔵庫って基本的にはほとんど入っていないので(毎日買い物行く派だから・・・)とりあえず、いつも入ってる 牛乳と低脂肪乳と玉子の在庫をチェックすることから始めました。

とりあえず、毎日書く習慣をつけるためにです。

牛乳などは液体なので、 「残ってるの、どうやって書くの?」 って聞かれて、「そーだねー、大体でいいんだけど・・・。わかりやすく計りで計る??」 って言ったら嬉しそうに 「そーやな!」 ってやる気満々 

いろいろ書きたいのか、ビールの在庫まで書き始め、(私らもチェックされてる ) 計ることが楽しいのか、上白糖まで計って書き出した 

もはや冷蔵庫の管理にとどまってないし・・・ 

先日、COOPさんの食材が届いてやっと管理できそうな水餃子が冷凍庫に入りました 

Nec_0116

                 ↑ その日の管理状況です・・・  

でもね、これ、友達に 「自分で書けるんだったら意味ないんじゃない?」 って突っ込まれた 

あ・・・、確かにあつやが数わかってたって、私がわかってなかったら減ったことに気付かないやんね ??? 

う~~ん・・・。 でも、ま、ちょっと続けてやってみようかな。

あつや、毎朝のチェック楽しみにしてるし。一日一回朝に書くことにしています。

とりあえず、私の見てないところで勝手に書かないようにね 

           ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

余談なんですが、お父さんが2泊3日で居ない間に買ってきた小さいパックに入った「しらす」。。。遅く帰ってきた長男に出そうと思って冷蔵庫から出したら、ラップが敗れてて一部抜き取った痕が・・・・! 

あきらかに端っこを破って指を入れて挟んで取って・・・っていう痕跡が 

長男に 「 しらす、食べた?」 って聞いたら 「食べへんで。そもそもしらすがあるってことさえ知らんし」 って。

居ないお父さんが食べれるわけないし、私も食べてないし、あつやしかおらん。 

その日は寝てたから次の日の朝に 

「あつやぁ、しらす食べたらあかんやんか」 って軽く突っ込んだら 「おれ、食べてないで!」 って 

この期に及んでシラキルってか~~~! 

「いやいや、あつやが食べたのわかってるし。」

「おれ、食べてないって!!」

「いやいや・・・、無理やって。あつやしかおらんし」

「食べてないって言ってるやん!!!」 

すごい勢いで否定し続ける 

確かに現場を見たわけじゃないけどさ~~~ 

そこまでシラきることないじゃん 

軽く聞いたときはすぐに認めてくれることもあるんだけどなぁ  

それとも完全に忘れてるのかな?

それとも、私が忘れてる・・・?  (あんな真剣に否定されたら「じゃ、私?」って思っちゃうよ 苦笑)

らちがあかないから、それ以上突っ込むことはしなかったけど。

しらすの管理は匹数かぁ???   

11月の畑体験へ

月に一度の畑体験へ行ってきました 

今回は、大学生のお姉さんもボランティアで参加してて、あつや、嬉しそうでした 

Nec_0112

なぜかこの時期にトマトがいっぱい 

甘くて美味しい 

そういえば今日も11月とは思えないくらいの温かさ・・・というより暑さでした 

Nec_0111

ツリー状に育ったレタス。 クリスマスツリーみたい(笑)

イルミネーションしたくなっちゃう 

Nec_0110

キャベツに肥料をやってます。  栄養が足らないとどんどん外に広がっちゃって巻かないんだって。 それを聞いて真剣に肥料をまいてます。

Nec_0109

ひとりでも肥料をまき続けてました 

Nec_0108

芋ほり。頑張って掘ってましたよ 

シャベルもなかなか上手に使いこなしていました 

今回の収穫は、サツマイモ・にんじん・ねぎ・サニーレタス・トマト・なすび。

にんじんは間引きしたやつだけ分けてもらいました。

ねぎも来月のために一本だけ。

来月は収穫祭   畑で取った食材を使って料理をします。

メニューは

 豆乳とおからの冬野菜煮込み

 サツマイモとジャガイモの丸ごと焼き(ダッチオーブンで)

 サツマイモご飯

サツマイモプリン

サツマイモづくしですね 

あつやの担当は、豆乳とおからの冬野菜煮込み。一人ずつ担当を決めて、家でどうやって作るか考えてくるんだって。

ちなみに私は、サツマイモご飯担当   

炊飯器じゃなくて鍋で炊くんだそうですが   鍋でのご飯の炊き方の予習しておかなきゃ 

でっかい芋虫や、レタスにいっぱいついたナメクジなど見つけては騒いでいたけど、今回も楽しく参加できました 

次回は12月17日の予定です    

2011年11月 9日 (水)

11月8日 夕食 ’11

Nec_0107

ママ友とランチしてきたし、お父さんは旅行行って帰ってこないから、天王寺のデパ地下でお惣菜を買ってきました 

お豆腐で作ったお好み焼きです フライパンで温めるだけ  ふわふわで美味しかったです 

一枚120kカロリーほどだったと表示されてたと思う・・・。

また買おうっと 

 お豆腐で作ったお好み焼き(ねぎ焼き)・・・ポン酢で

 温野菜 ・・・ ブロッコリー・人参・モロッコいんげん・舞茸をタジンで蒸した。ゴマダレで

 納豆 ・・・ あつやと1パックを半分コ

 山芋のすりおろし

温野菜は家での食事がめっきり減った長男の希望で作ったんだけど。。。

(家では魚や野菜が食べたいって)

この日帰って来たのは夜中0時半

メールしたんだけど、「充電が切れてた」ってさらっと言われてムッ! 

11時半には駅に着いてたんだけど、そこで友達と会って喋ってたとか

電車もない時間だし、心配するでしょうが!まったく!

こんな時間まで連絡なく帰ってきてご飯用意してなくてお母さん寝てても知らないよ!って釘刺しておきました 

今朝、「今日は家でご飯食べる」って聞いてたから待ってたけど 

ドラマみたいに作ってしまったおかずをラップしてテーブルに並べて放っておくことがどうも出来ずにいる私です・・・ 

こんなとこで長男を愚痴ってしまったよ  

 

ママ友と会って そしてあつやへの思い

今日は、あつやと同じ年代のPWS児を持つママ友に会ってきました 

今年の春に関西に来た方だけど、もう何度か会っていつもいろんな話をします。

やっぱり同じ年代ということもあって、今の若いママさんたちと違う社会の中で生きてきたという部分が同じなせいか、会うたびにどっかホッとします。

ネットで見ていると、若いママさんたちのパワーに関心したり圧倒されたりして、なんだか勉強してこなかったって自己嫌悪に陥ったりするときもあるんだけど、無理に自分を奮い立たせることや、出来ないって気持ちがあってもいいよねー、なんて言えて肩の力が抜けた感じがしました。

(でも、とても勉強になったり刺激になったりしているのは確か。感謝してる部分も多々ありです

中学生2年と3年。

そのママさんとも話したんだけど、今が一番幸せに暮らせている時期かも・・って思います。

もうある程度人間形成されている年齢だし、今はまだ何をやっても「学校」という守られた環境で生きてるってこと。。。

就労に向けて考えなきゃいけない時期はボチボチきてるけど、まだ具体性は持てないからそんなに考えてないし(苦笑)

頑張んなきゃって肩肘張ってもしょうがないって、諦めての思いからじゃなく、それがこの子達の為になっているって思えるようになったことも。

いつまでも学生であってくれたらいいのに・・・

あつやの進路は、養護学校所属のまま、「中学部」から「高等部」へ移ることになります。

(今のところは)

たまたまあつやの卒業と同時に「校区編成」が重なって、通う学校は今までの学校から変わることになってしまいましたが。

まだ学校見学もしていないので、どんな学校かという不安はありますけどね。

「校区」なんだから、他に選択肢はないわけで。

(それでも随分もめたからこんな時期まで学校見学さえしてこなかったんだけど

他に考えられる進路としては、「高等養護学校」という選択肢があるんだけど、あまり考えていません。

正直、あつやには行ける能力はありそうだけど、そこでやって行けるか?という部分には自信がありません。

なぜなら、そこに行くには今よりもずっと頑張って行かなきゃいけないから。

今の養護学校では明らかに「出来る生徒」のあつや。自信もついて毎日充実している様子。。。

だけど、高等養護(名前が似てるからややこしいんだけど)だと今までのように「出来る生徒」ではいられなくなり、自信をなくしちゃって頑張れなくなってしまうのが見えちゃう・・・。

「ナニクソ!頑張るぞ!」っていう根性はない・・と思うんだよね。

今の環境の中でも一生懸命頑張ってると思うんです。

心地よく、成果に現れているから安定している・・と思うんです。

世間の人からは、「あっちゃんやったら高等養護に行けるやん!」と言われることもあるけれど、行かせる勇気はありません・・・。

「頑張って」いてほしいけれど、「頑張らなきゃいけない」っていうストレスは怖い。

あつやには正直、特に一般就労を望んでいるわけでもありません。

(今日、そんな話もしたねぇ)

落ち着いて通い続けられる環境があるなら、作業所などで工賃が安くても生活し続けられる保障さえあればそれでいいって思うのです。

上を目指すという考え方じゃなく、無理しないで生活が維持できればそれでいい、って。

だからといって、そんな環境の中に入れるかどうか保証はないのですけどね。

でも、これは今言っても仕方がないこと。

それまでにいろんなところを見て回りたいと思っていますが、(県内の事業所や作業所はもうわりと見に行ってます)まだじっくり検討していけるし。

私、やっとこの思いを書けるようになったなぁー・・・。

      

※ 読んでくださった方、まとまりのない長文で、すみませんでした  

2011年11月 8日 (火)

やまとさん

以前、 「あつやとおじいさん」 で書いたやまとさんには、今も相変わらず会いに行ってるあつや。

http://hiyoko-hiyo.cocolog-nifty.com/atsuyablog/2011/10/post-75c0.html

    ↑ 「あつやとおじいさん」

雨のときや、寝坊したときは行けないこともあるけれど、6時に起きてさっさと着替えて黙って出て行くあつやをそっとしてあげています。(私はまだ布団の中です)

家に出るのは6:05くらいで、帰ってくるのは6:40くらい。

新聞取って家に入ってくると、台所に降りてきてる私に 「今、帰ったでー、おはよー」 って言うのが日課になっています。

今日からお父さんが仕事(観光?)で北京へ行くので、いつもより早く5:40に起床。

このときには、あつやはまだ眠ってました。

そして、駅に送っての帰り、やまとさんと会ってるだろうと思われる河原の横を6:08に通過。 

ベンチに座ってるおじいさん・・・きっとやまとさん。

杖に手を置き、あつやが来る方をじっと見ながら待っている様子・・・。

あつや、まだ来てないんだ。じゃあ、家に着くまでにすれ違うかもなぁ・・・と思って帰ったらあつやの靴がまだ玄関に。

2階に上がってみたら、あつやはまだ布団の中でした 

「あつや、6:10やで? 起きんでいいの?」

「・・・う~・・・ん」

「もう今日は行かんの?」

「うん・・・」

もう寝坊したからか行かない様子・・・。

やまとさんの様子を見てなかったら私も気にしないはずなんだけど、ついつい、

「お父さん送った帰りに河原見たら、おじいさんいてたよ。あつやのこと待ってるんとちゃうかな?」

って言っちゃいました 

そしたら、あつや、むくっと起きて 「行くわ~」 って言ってさっさと着替えて行きました。出て行ったのは遅かったけど、帰ってきたのはいつもとあまり変わらない時間。

毎朝会っても、ほんの少しの交流のはずだけど。

やまとさんもあつやに会えることを楽しみにしてくれているんですねぇ・・・。 

なんだかありがたいです 

でも、もうそろそろ6時が薄暗くなってきました。

このままどんどん暗くなっていっちゃいますよね。

時間をずらすと学校に間に合わないし。 

2人の密会はどうなるんでしょうね。   

2011年11月 7日 (月)

お小遣い取り上げました

先週の土曜日。

朝早くから「公園へ行く」と言って遊びに行ったあつや。

何人かで遊んでいたのかな?子供の声が家までよく聞こえていました。

その声でお父さんが起きてきて、「あつや、楽しそうやな」って。

それまではよかったんですが。。。

お父さんが起きてきたことで私は家事を始めて声が途絶えていたことに気付きませんでした。途中で一度あつやが帰ってきたような・・・?

そして、お昼前にちゃんと帰ってきて、一緒にお昼ご飯食べてました。

途中でピンポーンって鳴ったので、 「オレが出る」 って言ってあつやが玄関へ。

そして、戻ってきたあつやに 「誰やったん?」 って聞いたら 「隣のTさん」 って。

「何の用?」 って聞いたら 「ベランダに入ったボールを返してくれた」 って言うから

「お礼言っておいた?」 って言って 「うん」 って。

そして、ご飯食べて一緒に買い物へ。

夕方はまた公園に遊びに行ってしまいました。

その間に、家の前で偶然お隣のTさんと会ったので喋ったら、なんと 小学校のバザーで拾ったあつやの1000円が戻ってよかったですね、って私には理解不能なことを!

え?小学校のバザー?  お金? 落とした?  何?何?

話を聞いてみると、その日の午前中小学校のバザーにあつやが友達と来ていて、あつやが落としたらしいお金を本部に届けたので、そのお金がちゃんとあつやの手元に戻ったのかお昼に聞きに行ったんだ、と。 

お昼に来たのはその用事??

は~~~   またうそつかれたぁ 

しかし、あの隙に小学校まで行ってバザーで遊んでいたとは!抜け目のないやつ!!

帰ってきたあつやにお説教したのはしもちろん。だけど、お金は一応自分のお小遣いを使っていました。だけど、 「使うときにはお母さんに言ってから使う」 っていう以前からしていた約束を破ったことと、今回うそついてまでバザーの話を隠したことで、やっぱり現金を持たせることは禁止することにしました。

でも、毎月1000円のお小遣いはあげます。

残高はいつでも分かるように、おこづかい帳はあつやに管理させて、私は現金を預かる、ということに。

確かに、友達とバザーへ行きたい!って言ってきても私は許可しなかったのかも知れません。ダメって言われるのが嫌だったから黙って行ったんでしょう。行った先でカキ氷とジュース飲んでゲームして遊んでいたらしいです。(あつやの話によると、だから本当かは分かりませんが)

あつやに 「何にお金使ったのか全部話して」 「何をやって遊んだのか教えて」 と追求したけれど、「覚えてる!」って言ってるわりには全部聞き出すことが出来ませんでした。

1000円の使途もあつやの話からだと500円くらいしか出てこないし。

でも、全部使ったって言うし。

あつやと話しながら、あつやって 思い出して話すときに一度に頭の中にその記憶を並べることができないんだ、 と気付きました。

同じ出来事が何回も出てきて、なかなか次の記憶がそこに並ばない。

攻められてるのが分かるから、ゲームの回数とかでうそをついてしまう。

100円のゲームを2回したっていうんだけど・・・。小学校のゲームで100円だなんて設定高すぎ!って怪しいし・・・。(役員やってた経験上)

あつやと居て感じる違和感。

ついさっきのことなのに、覚えてないの?

これができるのに、これくらいのことができないの?

でも、

ついさっきのことなのに、思い出せないのがあつやなんだ。

これができても、これくらいと思うことができないのがあつやなんだ。

そのアンバランスを含めて、それがあつやなんだと。

どうしても、健常者目線で「これができればこれができる」と結びつける傾向になりがちだけど、それは所詮健常者の勝手な解釈だと思う。

単に、幼い精神年齢だけで対応できないのがこの子達だと思っておかないといけないんだ、と・・・。

学校やデイサービスに居てくれてたら、私があつやから聞いて分からないところは確認する術があるけれど、こうして知らない間に動かれるとお手上げ 

やっぱりあまり外で動かれると怖いなぁ。 

2011年11月 4日 (金)

約束事のわけ

記事の時期が前後しますが、久しぶりにやられました。

盗み食い。

いや?この間やられてから一ヶ月経ってないな。 

記事にはしてなかったと思うけど、鍋の中のおかず(椎茸と厚揚げの煮物)やられたんです。

そして、今回は冷凍の水餃子、4切れ。

その二日前まで冷凍庫にあったことは確認してました。一袋12ヶ入りの水餃子があと残り4切れだってことを。

水曜日、仕事から帰ってから冷凍庫の残りを確認してから買い物しようと思ってみてみたら、水餃子が袋ごとなくなってました。

あれ? 長男が食べた?? まさかあつや???

夕方、デイサービスから帰ってきてからあつやに聞いてみたら

「オレ、知らんで」 って。

あまりに軽く言うので、信じようかと思ったけど

「お兄ちゃんに聞いて違ったらあつやしかおらんねんで?」

ってもう一度伺ってみたけど

「オレ、知らんし」 ってシラッと言い切る。

いつもならうそをつくとき、「そこまで否定せんでも」って思うくらい大げさに否定して明らかに怪しい!って感じさせるんだけど、今回はなんだかマジな感じ。。。

一応、長男にメールで確認。

「冷凍庫の水餃子食べた?」って。  帰ってきた返事は 「へ?食べてないよ」 。

やっぱりあつややんか! 

私: 「あつや、お兄ちゃん知らんって言ってるやん!やっぱりあつやなんやろ?」

あ: 「・・・・・」 無視。というか固まってる。

私: 「もう無理やって。あつやしかおらんやん。」

あ: 「・・・・・」

私: 「あつやが食べたね?」

あ: 「・・・・ (うん)」 (うなずく)

私: 「あのさー、なんでとぼけるの?とぼけたってばれるし。ほんま、わからん!痩せようなんて言ってるけどうそばっかりや!トークンももうやめる!そんな風に隠れて食べられてたら意味ないし!」

あ: 「いやや、(トークンエコノミーは)やめたくない!」

私: 「だってこんなこと繰り返してたらやせるわけないやん!もう無理!やめる!」

あ: 「いややー!やせたいーー!」

私: 「何言ってんの! じゃあ、もう自分で管理して食べたらええやん!お母さん、考えてご飯作るのアホらしわ!勝手にしい!」

あ: 「いやや~~~! やせるも~~~ん~~~」 

私: 「だって隠れて食べてたら意味ないやん!」

あ: 「もうやめる~~!」

私: 「もう聞き飽きたし!」

あ: 「や~~め~~る~~!!!」

平気でうそつく最初の態度が気に入らなくて私の頭も冷え切らず・・・。

こんなやり取りがしばらく続きました。 

そしたらあつや、「もうしません、もうしません」と泣きながら何か書き出した。

見てみると、約束事らしきことが・・・。

Nec_0103

気をつける方 (多分、「気をつける事」)・・・。

「食べる物だけ食べる」っていうのは、きっと出された物だけを食べるって意味。

「ある物はぜった食べない」っていうのは、きっと勝手に冷蔵庫とかにあるのを絶対に食べないって意味。

きっと約束事を守れなかったときに学校で書かされているんでしょう。(心当たりがあるし)

家でこんなことを書き出したのは初めて。

う~~ん、健気なぁ~ 

「これ、あつやの約束事やね?」

「うん・・」

「これ、守れなかったら次こそトークンエコノミーの表、捨てるよ」

「わかった・・・」

そして今回の罰として、今月のお小遣い1000円は水餃子代として渡さないってことにしました。

この対処がいいのか悪いのかわかりませんが。

あつやとのやり取りの中でやっと出せた結論でした。

遅くに帰ってきたオットにこのことを聞いてもらったら、

「冷蔵庫の鍵をかけるとかしないでやってこうとしてるんやろ?それでもあつやの行動は変わらないねんから、こっちの行動を変えないと。冷蔵庫に在庫表でも張っておいたら?」 って、さらっと言われてしまいました。

私はただ、愚痴を聞いてほしかっただけなのに説教されたみたいでなかなか「うん」って言えずにいましたが、よくよく考えて見るとオットの言う通りだなーって反省。 

あつやが変われないんだからこっちが変わらないといけないんだよね。

どっかで 「ましになって盗み食いしなくなる」 っていう思いがあるからいつまでもいたちごっこしてるんだね・・・。

お弁当の冷凍食品以外に手を出されたショックもあったんです。

でも、もう少しあつやに「監視してる」って感じてもらうようにしなきゃいけないようです。

あつやの書いた「気をつける方」はちゃんと冷蔵庫に張ってあります。

2011年11月 3日 (木)

ギャップ

今日のクリスマスイルミネーションの点灯式では、点灯前のイベントで地元の幼稚園児と英語教室の生徒の子供さんたちによる合唱が披露されていました。

少し早めに会場に着いたので、私とあつやは結構前の方で見ることができたんです。

周りは参観かーって思えるほど、我が子見たさの親や兄弟、親戚ばかり 

あちこちで舞台の子供たちと手振り合ってるし。

まぁ、我が子の晴れ舞台だもんねー、気持ちは分かるけど。

幼稚園児かー。。。私があつやを見る目もこれくらいの歳からあんまり変わってないなー。。。なんて思って出てきた園児を改めて見たら。。。!

ちっちゃい!! 

えー? 幼稚園児ってこんなにちっこい??

てか、あつや、でか!!!

精神年齢はあんまり変わらないと思ってたけど・・・少しはでかいと思ってたけど・・・。

明らかにでかい 

いや・・・私の背に近づいてきているのも知ってたけど。

こんなに幼稚園児とはかけ離れて大きくなってたのね、って改めて実感。

最近、真ん中のお兄ちゃんスンのことを思うことがありました。

二年前、スンは家を出て寮生活をして野球をする!って自らが決めた。

そう、今のあつやと同じ歳のとき。

あつやでは考えられない決断と行動。

ああ、やっぱりあつやって幼いよな、なんて思いにふけっていたことが多かっただけに今日のギャップもまた何だか私の頭で整理しきれなくなってた 

でもね、今日のイベントで 「サンタさんにプレゼントもらったことのある子ー、手を挙げてー」 とかいう司会者さんの問いに手を挙げそうになって引っ込めたあつや。

羞恥心はあるようですね。私が感じてるあつやの精神年齢はもう少し引き上げなきゃ 

それでも、家ではいつも「おかあさんといっしょ」とか教育TVかけっぱなしのあつやです

 

もう何代の歌のお姉さん見てるんだか・・・ 

ちょっとがまん、そしてすごく助かること

今日は祝日。

特に予定のない一日だったので、映画でも行こうかーなんて軽い気持ちで誘ったら行くと言うので、何見るか下調べ・・・。

私は 『猿の惑星』 が見たかったんだけど・・・  あつやに軽く却下 

う~~ん、時間的にもちょうどいい感じが・・・ 『ステキな金縛り』 。

うーーん、面白そうだけど映画館で見るほどのもんかなぁ  なんてちょっと乗る気じゃなかったんだけど、 「落ち武者の幽霊が出る」 ってことがあつやにはイメージしやすかったのか、結局それにしました。

あつやと一緒に映画行ったら私はいつでも 1000円 で見られる (2人で2000円はうれしい♪) んだけど、やっぱり多少はこっちが妥協しないとね 

 映画館は、地元のイオンの中にあります 

映画館が今年の夏にオープンして、近くなって行きやすくなりました 

上映が13時40分からだったので、まずはお昼ご飯。

混んでいるだろうと思いながらイオンの中のフードコートへ。

思った以上に混んでて席を取るのが大変そう 

そこで、あつやに2人で同じラーメンを食べようと約束して、お金を持たせて一人で並んでもらいました。

私は一人で席を確保してあつやを待つことに。

こんなことを任せられるようになってホント楽になりました~  

しばらく待ってたら、得意そうにラーメン二人前を運んでくるあつや。

「ありがと~~ でも、お水もほしいからお店でコップもらって冷水入れてきてね」

って頼んで再びお店へ。

水を運んできたあつやに

「ありがと~~ でも、レンゲもいるよねぇ。もう一回お店戻ってもらってきてね」

と、もう一回走ってもらいました 

だけど、あつやは嬉しそうに動いてくれます 

こんなときはホント助かるし、2人での外出はすごく楽です 

で、映画は・・・。

思いのほか面白かったです 

会場のお客さんと何度も笑いました 

前半、お腹の膨れたあつやは何度かいびきをかいて寝そうになって、何度も起こす羽目に 

あつやのせいでこれ見ることになったんだからちゃんと見なさいよーって 

途中からはあつやも楽しんで見られるようになってくれましたけどね 

笑い声、大き過ぎ  って場面もあったけど 

映画館を出てからクリスマスイルミネーションの点灯式があるというので見に行きました 

13400個のLEDライトのエコツリーなんだとか・・・。

そんなに迫力のあるものじゃなかったけど、一足早くクリスマス気分を味わってきました 

Nec_0102

充分楽しんで帰宅 

でも、あつや、

「金縛りあうかな?」

「幽霊、出てこーへん??」

ってすごく心配そう 

実は 「おばけ」 とかすっごい怖がるんですよね (≧m≦)  

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »