« どうしてもやっちゃう | トップページ | 作品展 »

2011年2月 2日 (水)

解決策がみつからない

しつこいほどお金にまつわる記事です dollardash

昨日、2月1日だったのでお兄ちゃんと同じお小遣い日にあつやにもお小遣いをあげました。

金額は、1000円 です。

この中から、月3回ヘルパーさんと学校帰りにプールに行く前にコンビニでお菓子・ジュースを買ってもいいことにしました。

今まで、プールの日ごとに250円を渡していたのです。

(お菓子・ジュース代 200円 ロッカー代 50円)

それを、一ヶ月まとめて渡して、自分で管理すること。

あとの250円は好きな物を買ってもいい、ということにしました。

(横でお兄ちゃんに、「ロッカー代もお小遣いに入ってるんかい!」と突っ込まれましたがsweat02

そして、1000円札を渡して、「財布に入れておくんやで」 と言って渡し、財布に入れるところも確認。

その前に、財布に何も入っていないことを確認しようとしたら・・・あつやの行動がちょっと変 sweat02

ん? と思って財布を見たら、小銭とレシートが。

よく見ると、1月31日 8:46 キーマカレーマン ¥116 のローソンのレシートが sign01

1月31日? 8:46 ?

typhoon 頭の中グルグル typhoon

考えてみたら、代休で休みだった月曜日の朝、一日デイサービスをお願いしていたので8時半にヘルパーさんに迎えに来てもらってたすぐ後やん sign03

迎えに来てもらって、すぐにローソンに行ってもらってるやん!

私: 「これ、なに?」

あ: 「・・・・・・」

私: 「このお金、どーしたの?」

あ: 「・・・・・自分の」

私: 「いや。おかしいって。貯金箱に入ってた10円玉や5円、1円玉をじゃらじゃら持ってるのは知ってるけど、このレシート見たらちゃんと150円渡してお釣りもらってるやん」

あ: 「・・・・・」

私: 「こ、の、お、か、ね、ど、う、し、た、の?」

あ: 「・・・お母さんの財布から盗った」

私: 「お母さんの財布? いつ?」

あ: 「・・・・・」

私: 「それはおかしいって。アンタ、昨日(30日)の夕方お母さんの財布から盗っていっぱい叱られたとこやろ? それからそんな時間も暇もなかったはずやで?」

あ: 「・・・・・」

私: 「まだお金、持ってるんとちゃう?」

あ: 「・・・持ってないもん」

私: 「だって、おかしいって」

あ: 「・・・朝、お母さんの財布から盗ったもん」

私: 「だからー、そんな暇なんて絶対なかったって。持ってるやろ?怒らんから出してみ?」

あ: 「・・・・持ってないもん」

あつや、口を尖らせて目を合わそうとしません。

ウソついているときの表情です。eyesweat02

う~~~ん・・・。どうしたものか。

ここで約束のお小遣いをあげないことにしても大泣きして「嫌だー」になるけど反省はしないだろうし。

ここで、約束事を決めました。

1.プール以外でお金を使うときは、お母さんと一緒のときだけ

2.レシートは捨てずに残しておくこと

そして、お小遣い帳に10円玉などの小銭 390円 と、お小遣いであげた 1000円 の合計を書きました。

「これは、お金を使う練習だからね。お母さんとの約束はちゃんと守らないと、これから大きくなってもあつやにお金渡すことはできなくなるよ。」 と話しました。

何か隠している中でお小遣いをあげるのは本当は躊躇したんですが・・・。

何が解決策なのかわかりません。

いろいろルールがあると、その束縛がストレスになるのかも・・・という不安もあります。

こちらが考えすぎているのかも知れません。

でも、「隠れてする」ということを止めるためにはそういう環境を作ってしまわないようにしないと・・と思うのです。

私がしっかり監視していないといけませんね。

saddash

« どうしてもやっちゃう | トップページ | 作品展 »

コメント

何か、『こだわり』になっちゃったのかなぁ~sign02
解決策ねぇ~sweat02我が子の事も手探り中…coldsweats02

別の生活に支障のない『こだわり』に移行してくれるといいのにねsign01


お小遣い効果を期待かなぁ~

clubみっちいさん

お小遣いあげて3日目・・・。
1000円入れて棚のかごに入れた財布は今も触った形跡もなくそのまま置いてあります。
「お金」に執着しているわけじゃないんだよね~
やっぱり1人になったとき(誰も見てないとき)の隙に「何かできるぞスイッチ」が入るのかな?coldsweats01

まぁ、まだしばらくは監視しときます dollar

はじめてコメントします。
二歳のプラの子のママです。

私は自分が小学校の頃あつやくんと同じ事繰り返してました。

何度も何度も叱られても止まらない癖でした。

どうして?そんな事したのかは忘れてしまいましたが

恐らくちょっとやってみたら成功したのがきっかけです。
そしてガードの甘い父の財布から何度も何度も繰り返しました。

今思うとあの頃学校でとてもストレスがあって憂さ晴らししたら成功したのです。

あつやくんも何かストレスためてるのかな…と感じたのとこの癖を直すのは隙を作らずにいる事かもしれないです。

私の母はわざと私に家計簿見せてお金の動きはちゃんと把握しているから
お金が足りなかったら見逃さないからねと言わんばかりのオーラでした。

その母の徹底した管理をみて私の盗癖もなくなっていきました。

生々しい経験談で本当にすみません…

club無記名さん

はじめましてhappy01
コメントありがとうございますnote

体験談、聞かせてくださってありがとうございます。

そうなんです。
多分、成功したことがあるんだろうな・・・っていうのも感じます。
ストレスもないわけじゃないと思うし。。。

あせっても解決しないんでしょうね。
気長に、他に気持ちが切り替わってくれるのを待つか、お金を盗られない様に管理しつつ「出来ない」ようにしてあげることもあつやのためかな、と思います。

プラちゃんだからお金を盗るって思っているわけではありません。
だけど、プラちゃんだから我慢がしづらいってところはあるのかな?と思います。
健常者でもやってしまうこともあるでしょう。
だけど、大人になって「責任」を問われるようになってからでは問題が大きくなってしまう・・・このことが怖い。
守れる間はいいんですけどね・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どうしてもやっちゃう | トップページ | 作品展 »