« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月29日 (土)

思いがけないひととき

もう一週間前の金曜日。

突然、島根にいてる真ん中のお兄ちゃんのクラスが学級閉鎖になったからと帰ってきました。bussweat02

夕方6時に電話があって、6時半のバスに乗り、夜中の1時に大阪駅に着き、家に着いたのは2時・・・。

友人のお父さんが迎えに行ってくれたからよかったものの・・・。wobbly

ついこの間の年末年始に帰ってきて、次に会うのは夏かな~、なんて思ってたのに、本当に突然の帰宅でした。coldsweats01

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

そんなわけで、5日ほど滞在することになったので、 (あ、うちのお兄ちゃんは元気でしたよ) その週末の日曜日、真ん中のお兄ちゃんは中学時代に所属していた硬式野球チームの練習に参加。

あつやは、ソフトボールの練習へ。

そして、たまたまあつやとお兄ちゃんの練習場所が近かったので、私とお父さんは、お兄ちゃんを送り、あつやを送り、お兄ちゃんの練習を見学し、あつやの練習を見学し、あつやを連れてお兄ちゃんの練習場所へまた戻り・・・・とウロウロ rvcardash

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

夕方にお兄ちゃんの練習が終わる間際に、お兄ちゃんがあつやをグランドに呼んで、キャッチボールに誘ってくれました。

Imgp1337

いっちょまえに振りかぶって 「おりゃー!」 coldsweats01

Imgp1338

一応届いてたみたいです good

Imgp1333

Imgp1345

何かアドバイスでもされてるんかな? bleah

Imgp1346

あつやにとっては大好きなお兄ちゃんと思いがけないひとときを過ごせて嬉しかったんじゃないかな winkgood

でも・・・、予定していない帰宅のせいでお米は足らなくなるわ、食費はかかるわ、洗濯物は溜まるわ、大変でしたよ wobbly

2011年1月27日 (木)

やっぱりやっちゃう

やっと書ける時間ができたので、落ち着いて書こうと思います。

長くなると思いますが、是非読んでください。

dollar

先日、お金に手を出した記事を書きましたが・・・その続きです。

dollar

前回の事件が起こったのが、金曜日の晩だったんです。

そして3日後の月曜日の晩。

長男が、私に預けていたお年玉から5000円だけ使いたいと言うので、渡そうと挟んでいた通帳を見たら、3枚あるはずの5000円札が2枚しかありません。

私:「5000円札、2枚だっけ?」

長男:「いや、3枚あるはずやで」

私:(この間確認したとこやし)「そーやんな・・・、確かに3枚あったよなぁ。」

まさか、あんなことがあってすぐにあつやが手を出すとは思えないけど・・・?

いや、あつや、今お風呂上がってきてすぐに2階に上がったな。(いつもは行かない)

もしや・・・!と、思い忍び足で2階へ。

と言っても、みしみし軋むのですぐにばれるのですが、なるべく落ち着いて2階へ。coldsweats01

そして、あつやの寝室を開けたら、

あ:「寝巻きな、探しててん」

私:(寝巻き、下に脱ぎ捨ててあるのがあるのに?) 

  「へー。あのさ、あつや、お兄ちゃんのお金がないねん。知らん?」

あ:「知らんで」

私:「また盗った?」

あ:「盗ってない」

私:「・・・ほんま?」

あ:「こないだ (もうしないって) 約束したやん」

私:「そーやな・・・。(でも嫌な予感sweat02) でも、じゃあ、机、見てもいい?」

あ:「ええで」

私:(さすがに最初に見つかった机にはないか) 「じゃ、ちょっと見せてな」

と、言いながら机の横のゴミ箱やカバンをチェック。eye

その間、あつやも部屋から出ない。そして、何やらリュックサックを押入れの天袋に投げ入れようとしている。  ・・・( ̄Д ̄;;

私:「何やってるん?」

あ:「これ、(上に)なおしてや」

私:「このリュック、上になおすの?」

あ:「そう、早く上に上げてや」

私:(明らかに怪しい・・・sweat02

  「わかった。上になおせばいいねんな。その前にこのポケットも見ていい?」

あ:「あかんって!」

私:「そうか、あかんのか」

あ:「なおしてって!」

そうやり取りしながら外側のポケットに手を入れると・・・

5000円札2枚 と 1万円札1枚 が coldsweats02

私:  sweat02ため息sweat02

※  私:「あつや、このお金はどこのやつか教えてくれる?」

※  あ:「・・・・・。」

※  私:「5000円はお兄ちゃんの通帳やな。」

※  あ:「・・うん」

※  私:「じゃ、あとの2枚は?」

※  あ:「・・・・・」

それからは、あつやを抱きながら(逃げないようにしながら?)※印の会話が延々と繰り返すことに。

その間、30分くらいでしょうか。

あつやから言ってくれるのをひたすら待ってました。

そしたら、少しづつ口を開いてくれました。

あ:「一枚は・・・・」

私:「うん?」

あ:「・・・通帳の中から・・・。」

私:「うん。それはお兄ちゃんの通帳やな。あとの2枚は?」

あ:「・・・・・・」

あとの2枚の出所をなかなか白状してくれない。

でも、ここでこっちがヒントを出すとそれを答えにしちゃう恐れがあるので、あつやから話してくれるのをずっと待ちました。

私:「覚えてないの?」

あ:「覚えてる」

私:「じゃ、教えてくれる?どこにあったんかな?」

あ:「・・・・・・」

watch

私:「あつやが正直に話してお母さん、怒ったことないやろ?」

あ:「・・うん」

私:「大丈夫やから。話してみ?」

あ:「・・・・・

  お母さんの財布・・・」

私:「お母さんの財布?  どこにあったん?」

あ:「お母さんのカバンの中・・・」

私:「何色の財布?」

あ:「・・・緑・・・」

私:「そっか。もう一枚は?」

あ:「・・・青い財布」

私:「青い財布?どこにあった?」

あ:「それもカバンの中にあった」

私:「お母さんの緑の財布と青い財布やね?」

あ:「・・・うん」

私:「そっか。よく自分で言えたね。でも、この間もうしないって言ったよね?なんでまた盗ったん?」

あ:「・・・だって。。。。お母さん、大きくなったらお小遣いあげるって言ったやん。でもオレ、大きくならんし・・!weep

私:「そっか。あつやもお小遣いほしい?」

あ:「・・・うん」

私:「今ちょうどあつやにお小遣いあげようかな、ってお父さんと相談してたとこやねん。考えるから待ってな。」

あ:「・・うん」

私:「寒いから下に行こう」

あ:「うん」

このやり取りに約45分。

二人ともすっかり身体が冷えましたわ wobblydash

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ここまで冷静に待てるようになったのは、怒ってもあつやには逆効果だってことがわかってるから。

昔はやったことに最初から怒って責めてた。

こないだまでは、なかなか言わないあつやに苛立って怒ってた。

でも、怒っても言わないし時間もかかるだけ。

ウソつこうという思考が働くだけ。

怒られたくない、っていう気持ちが先行するだけ。

だからこそ、してしまったことを正直に言えることが大事だと思ってじっと待てる忍耐力がついた。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

財布はいつもカバンの中に入れて無造作にダイニングに置いてるだけだし。

これからはちゃんとなおさなきゃ。

通帳も、いつもの場所から変えました。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ショックというよりも、やっぱり気になることはしてしまうんだ、という確証を感じた出来事。

「お小遣いが欲しいから」というあつやのセリフは、間に受けているわけではありません。

それもその場でついた思いつきかも知れないので。

もしかしたら、お小遣いをあげようか・・・とお父さんと話しているところを聞いていて、それを理由にしたのかも知れません。

変な話ですが、理由はどうでもいいのです。

くり返ししてしまうことを知ってあげないといけないことが大事なのだ、と思うのです。

私たちの感覚で「なんでしてしまうんだろう」と答えを出すよりも、してしまうあつやの感覚を知ってあげないといけないんじゃないか。

「なんでか?」なんて、あつやにしかわからないんです。

うまく言えないけれど、あつやの障害の部分ってそこかなーって思うんです。

dollar

だけど、来月からお兄ちゃんと同じお小遣い日にあつやにもお小遣いをあげようかと思っています。

どっちみちお金の価値は教えなければならないこと。

これを機会に始めてみます。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

ついこの間、おでんの大根をお兄ちゃんの朝ごはんにひとつ残しておいたのに、朝、鍋の蓋を開けたら無くなってました。

「あつや、大根食べた?」  って聞いたら、

「ごめん、食べてもうたー」  ってすぐに認めました。

これはすごく珍しいこと。だって今までは完全にあつやだっていう証拠がない限りなかなか認めなかったのですから。

正直に言えるようになった一歩かな?ってちょっと嬉しくなりました。

   hospital

こんなことがあったから火曜日の朝、人間ドッグだっていうのにあつやとしっかり朝ごはん食べて検査できなかったんだよーwobblydash

あ~あdown

2011年1月16日 (日)

宣言タイムマラソン大会

今日は、あつやが参加させてもらっているソフトボールの練習場所の地域の交流会、

「第25回ふれあい宣言タイムマラソン大会」

に参加してきました。 run

障がい者相互の交流と、障がい者と健常者のふれあいを深め、健康の維持・増進を図ることを目的として開催されている催しで、今年で25回目 shine

今日は せんと君 も応援にかけつけてくれていました happy01

この日のために、冬休みの間5kを走る練習はしてたんですよ good

ちなみに、宣言タイムマラソンは、事前に自分のタイムを宣言・報告しておき、そのタイムに近いほど有利というもので、早いから勝ちというものではありません。

あつやは、5.2kのロングコースで、初めての参加だったので 50分 と宣言していました。

あつやはソフトボールチームのみんなと参加したので、流れで5.2kのロングコースに出ることになったのですが・・・ちょっと厳しかったようです coldsweats01

Imgp1330

前半の様子。 大学生のお兄さんが伴走してくれています。

まだ余裕があったかな。

Imgp1331

後半。かぶってた帽子や着ていた上着を脱いでいました。

お兄さんに上着、持ってもらってたし。sweat02

Imgp1332

ゴール寸前の様子。 汗だくです sweat01

タイムは 35分40秒。

結構起伏の激しいコースだったみたい。

いつも走っていたときは平坦な道ばっかりだったからね。

坂道なんて走ったことなかったから、とってもしんどそうでした。

大学生も 「このコースは厳しいわ」 って言ってたくらいですから。sweat02

終わったら、お雑煮の振る舞いがありました heart04

美味しくいただきました catfacenote

アンケートに答えなきゃいけなかったので、あつやに感想を聞いたら、

「しんどいわ・・・」 downdown

来年は半分のミドルコースに出る? って聞いたら、

「いや・・・、もう出たくない」 downdowndown だって dash

ホントにしんどかったんだね。 coldsweats01

それでも、お昼からはいつものグランドでソフトボールの練習に元気に参加していました 

wink good

2011年1月15日 (土)

リサイクル作業体験

先週から、リサイクル作業所にお邪魔するようになりました。

同じ養護学校の一部の保護者の方たちが、卒業後の子供たちの居場所を作ろうと、立ち上げたばかりのNPO法人です。

私たちもあつやの卒業後を案じて何かしなければ・・・と模索していますが、実際に形にしている方たちが身近にいるということで、いろいろと勉強させていただこうと思い、行かせて頂くことになりました。

今日は、実際にリサイクル作業のお手伝いをさせてもらったあつや。

回収してきた缶を、スチールとアルミに分別する作業に参加させてもらいました。

お昼1時から3時までの2時間、「飽きた」って言ってくるんじゃないかな?って心配してたんですが、最後までちゃんと参加できました。

とっても寒いところでの作業だったのに、途中で投げ出さずによく頑張ったと思います。

     写真を撮ってなくて残念 sweat02

こういう体験ができる場を作られた方たちって・・・尊敬しちゃいます shine

形にするって、なかなかですからね。

私も頑張らないと rockupup

ついには・・・お金

書かなきゃいけないって思うネタが溜まってきてるんだけど・・・。

なかなかゆっくりPCに迎えず時間だけが過ぎて行ってます sweat02

そんな中、冬休みが終わってから2度ほど困った問題行動が現れています。

それは、お金に手を出すようになったこと。

今までも時々、管理の悪いお兄ちゃんの財布から小銭を盗って買い食いしていたことがあったのですが・・・。

sweat02

冬休みの間は家の中でも結構お金が動く時期。

この年末年始も、お年玉、お正月の食事用、お買い物用・・・と、いつもの財布とは別にして現金を管理してました。

あつや、一緒に過ごしていたから見てたんでしょうね。

気になってしまったんだと思います。

冬休みが終わる日、2階を掃除しながら何となくあつやの机の引き出しを開けたら、ぽち袋に入ってた千円札6枚。

見つけたときは何となく予感はしてたから驚くというより、やっぱり・・・という感覚でした。

怒らず、冷静に話しして、封筒から盗ってしまったことを自分で話してくれたことを褒めました。

やっぱりこんなことも起こるんだ、と肝に銘じた出来事でした。

だけど。

今日、DS(ゲーム)の充電器がないと大騒ぎで一緒に探していたら、カバンの中の財布に銀行の封筒が。

気になって覗いたら、1万円札1枚と千円札2枚が。

白状してくれるまで結構大変だったんだけど、とりあえず1万円は長男のお年玉の一部で、千円札2枚の出所が分からないまま・・・。

聞いても、チグハグなことばかり。

こんな大金、どうするつもりだったんだろう。

お金持ってるとゲームが買えるし、いつか買うつもりだったんだろうか。

でも、そんなの買って持ってたらおかしいって追求されることは分かるはず。

despair

遅くに帰ってきたお父さんに相談したら、もしかするとあつやも自分で管理するお金がほしいのかな?ということに。

単に、「お金が欲しいから・・・」という解釈はしにくかったので、何となく納得・・・。

お兄ちゃんはちゃんとお小遣いもらってるもんね。

まずは1000円から、あつやに毎月お小遣いをあげて、お小遣い帳を書かすなどさせてみようかと思います。

それでも、やっぱりお金にも手を出すということを理解してあげていないと・・・。

「悪いこと」って分かってながらやってしまう。

ばれなければ怒られないもんね。

だって悪いことして捕まらない人だっているじゃないですか。

捕まったら怒られる。

ばれたら怒られる。

でも、ばれなければ、見つからなければ、捕まらないし怒られない。

あつやにとってはこの曖昧さが理解できない部分なのかな、って思います。

PWSだから、といよりは、あくまであつやの特徴・・・困った部分・・・です。

2011年1月 7日 (金)

真ん中のお兄ちゃんと過ごした冬休み

地方の高校へ行ってる真ん中のお兄ちゃんが、12月27日~1月5日まで帰ってきていました。

ゆっくり自宅で過ごすのはGW以来です。

帰ってきたお兄ちゃんは、身長・体重は少しだけ増えて、上腕からお腹の筋肉がすっごく出来てました eyepunch

仮面ライダーの腹筋みたい・・・ coldsweats01

あつやもお兄ちゃんの帰宅はずっと楽しみにしていたようです。happy01note

結局、毎日二人でお風呂spaに入ってたし dash

寝るときも二人で寝てました。

(長男は次男が出て行ったときに自室を与えたから別室 catface )

真ん中のお兄ちゃんがいない間に、あつやは成長していたようです。

だって、居てる間はまるで赤ちゃん返りをしているようでしたから・・・。

上のお兄ちゃんとは違う、甘えさせてくれる存在。

・・・真ん中のお兄ちゃんがいないほうが、あつやはしっかり者でした coldsweats01sweat02

Imgp1306

Imgp1314

camerashine 5日に寮へ戻る前にやっと撮った写真です coldsweats01

188cmのお兄ちゃんと、149cmのあつや。

これでも2歳違い coldsweats01

次はいつ会えるのかなー?

GW帰宅できるのは1年生だけだから・・・。

1年の間は怪我ばかりでまともに試合に出てなかったからね~ sweat02

たまには応援に行ってみたいもんです dash

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »