« 上下関係 | トップページ | お買い物 »

2010年10月 6日 (水)

新たな行動

前回の記事の続きとなります。

というか、続きを書くことになるとは思っていませんでしたが。。。

今回もちょっと書きにくい記事ですなんですけどーーーdowndown(ノ_-。)

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

ソフトボールでの記事を書いた日の夜遅くにあつやの担任から電話がありました。telephone

「あつやくんが、今日イタズラ・・・というか。。。お友達にちょっとイタズラをしまして・・・。」

と、言いにくそうな先生の言葉。

そうですかー、今度は何しでかしたんでしょー? なんて構えた私。bearing

先生の話によると、電話をもらった月曜日の昼休み、

ある教室の隅で何やらゴソゴソやってる姿を、担任ではない他の先生が目撃。eye

先生が 「何やってる?」 って聞く前に、 

「オレ、何もやってないもん!」 annoysweat01 と怒って否定したらしい。

でも、先生には見えていたんです。

教室の隅で同級生の男の子に オ○ン○ンを見せていたことを。

「なんで、そんなことやってるん?」 と聞いたら、

「だって・・・、かゆかったから・・・。」 というあつや。  wobblysweat02

聞いていて、その状況が目に見えるようにわかることがおかしいと思うと同時に、今までしたことない行動にびっくり。

先生も、 「今までこんなことしたことなかったんですが・・・。」 と戸惑っていた様子。

だけど、PWS って、大きくなるにつれて問題行動が複雑になってくる特徴があるから、知恵が付く分こっちの想像を超えることをしてくることはあり得ること。

先生にもそのことを話しました。

そして、 「その時間、子供だけになっていませんでしたか?」 と聞いてみると、

「はい。昼休みだったんですけど、パソコン教室で子供だけでした。」 という返事。

やっぱり・・・。その隙を突かれるんです。

先生の管理が悪かったと責めるつもりはありません。

いつも悪いことしないから、油断するのは私も同じ。

その相手の男の子の名前を聞いてみると、以前にあつやがいじめていた子だった。

flair

そーか。もしかして。

flair

ここで前日のソフトボールでのことを思い出したんです。

担任の先生はソフトボールの監督さんやコーチ、メンバーのことはよく知っているので、

(この先生の紹介で入ったのですから・・・)

前日のソフトボールでの話を聞いてもらいました。

前回の記事で、問題は解決したように思っていたけど、あつやがいじめられて(この言葉が適切かどうかわかりませんが)泣かされたことは事実。

泣いていた原因は、あつやによると T君にいじめられたから。

体の大きい大人のT君にいじめられた (私から見たらかわいがってくれているんだけど、あつやにはたまに迷惑なんだそう・・・) ことはあつやの中で解決していなかったんじゃないか? という思いが浮かびました。

あつやにとっては、力でねじ伏せられた という思いから、今度は学校で自分より弱い子をターゲットにした。

正解かはわかりませんが、私の中で辻褄が合ったんです。

少なからずあつやにとってはストレスになっていたのではないか、と。

日曜日のソフトボール。そしてすぐ月曜日の出来事。

実際T君によるあつやへのちょっかいの出し方は、激しいです。

あつやを見たら抱き上げて振り回す、帽子を取る、突っ込んではたく、などすごく絡んできます。

でも、全然悪気はないんです。

見ていても微笑ましいし・・・。 coldsweats01

だけど、時々あつやから聞く 「T君、いじめてくるねんもん」sweat02 という言葉。

あつやにとっては溜まっていたことなのかも知れません。

泣いてしまったのは初めてだったし。

先生に話したとき、 「なるほど、コーチに話しておきましょうか?」

と言ってくださり、、私もT君にどう話していいのかわからないので指導者側から話してもらえるのなら、その方がいいと思ってお願いしました。

だけど、今回の行動が直接T君のせいと決めつけているわけではないので、お話する機会があったときにお願いします、と伝えました。

 ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

今回のことを先生から聞いたとき、先日 「竹の子の会」 から送られてきた 「たけのこ 34号」 の最近の研究の「思春期」の部分に書かれている一文が頭に浮かびました。

(持っていらっしゃる方は10ページです)

抜粋させていただきますが、

”何も理由がつかない、そんなことをしたら悪いことだとわかる知能は充分にありながら何かわからないことをする・・・”

というくだり。

ホントにそうだと実感できる出来事でした。

そして、これからもこっちの想像の裏をかかれていくのでしょうか・・・。

だけど、それがPWS。 それがあつやなんですよね。

そこはわかってあげないといけないですね。

まだまだ覚悟が必要です。

« 上下関係 | トップページ | お買い物 »

コメント

わかっていてもしてしまう・・・そこが病気の部分なんだと、親としても分かってはいるけれど、もどかしいですねthink
昔幼稚園教諭時代に担当していた子ADHDの子どもが
どうして、しちゃったのかの理由を尋ねたとき
「だって・・・わかってるけどしちゃうのpout
って うったえてきたことを思い出します。
少し違うかもしれないけど・・・いけないことだと、本人も分かってはいるんですよね。多分。
ストレスが問題行動を引き起こしてしまうsad
これは、ペアレントトレーニングでもよく聞きます。
hiyoさんが一番あつや君のことを理解しているから、きっとT君とのことがストレスになっていたんだろうなって私も感じました。

clubRINママさん

コメントありがとうございます。

あつやを見ていると悪いことと分かっていて、あえてそれをしてしまうところがあるなぁ、って感じることがあります。
そこが健常者とは違う・・・PWS独特の特性であり、一番世間に伝わりにくい部分だなぁって思います。

今はこうしてあつやのストレスを見抜いてあげられるけど、大きくなっていくとどうなっていくんだろう・・・と怖さがあります。

今日はこれからソフトボールです。
T君にも会うでしょう。
しばらく観察してみようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上下関係 | トップページ | お買い物 »