« 茄子のボーナス | トップページ | 6月11日 夕食 ’10 »

2010年6月11日 (金)

盲学校との交流

金曜日の今日、盲学校の生徒さんたちがあつやの養護学校へ遊びにきたようです。

あつやたちは、月曜日から視聴覚障害の生徒の人たちとの接し方の練習をしていました。

家に帰ってきたあつやからその疑似体験の話は聞いていました。

「今週の金曜日にな、盲学校のお友達が学校に来るねんて!それでな、目隠ししてな、歩いたり階段上ったりしてんで。見えへんねんで。」

「目隠ししてな、トランプやってんやん。見えへんからな、できひんねん。」

一週間かけて、視聴覚障害者のことや、その人たちのために工夫しているいろいろなことを学んでいました。

(点字ブロックのことや、1ℓの牛乳パックとジュースの違い(これは私も知らなかった)、シャンプーとリンスの違いなど・・・)

そして、何をすれば一緒に遊べるか・・・・と考えた末、 「しりとり」 をすることになったそうです。

今日の連絡帳に

交流ですが、あつやくん活躍していました。バスまで迎えに行って手を繋いで教室まで案内しました。一緒にしりとりや質問コーナー、コーヒーを入れてあげたり積極的でした。

いろいろ世話してあげたいという気持ちが表に現れていました。

と、書かれていました。

はりきっていたあつやの様子が伝わります・・・。

« 茄子のボーナス | トップページ | 6月11日 夕食 ’10 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 茄子のボーナス | トップページ | 6月11日 夕食 ’10 »