« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月25日 (木)

最近のあつや・・・の続き

コントロールの意識と運動量。。。

それともうひとつ忘れていました。

「食べたらすぐに寝ない」 というルール。

学校で体重が減らなくて困っていることを相談したときに、 「食べてからお風呂に入るようにすれば・・・」 というアドバイスのお陰で、最近では食べたらすぐに寝てしまうということがなくなりました。

でも、結構これが融通利かなくて。。。

時には先にお風呂  に入ってくれるほうが助かることもあるんですが、これは絶対に言うことを聞いてくれません。

しかも、最近では何故か

「食べてから50分は寝ない」

という、いつの間にか出来たルールを守ろうとするので、夜遅くなってしまったり、みんなのお風呂のペースが乱れたり・・・。

眠たいから、食べた後にTV  観ながらや、PC  で遊んでいても、座りながらこっくりこっくり、ふら~りふらり  と船を漕いでることもしばしば。

「あつや、寝ちゃうで!」

って起こしたら、ハッと起きて

「寝てない

って怒るし。

時計をやたらと気にして

「50分経った?」

と何度も聞いて、

「お風呂に入っている間に50分過ぎるよ」

と言うと、納得して入ってくれます。

┐( ̄ヘ ̄)┌

何故、50分にこだわっっているのか分かりません。

お風呂上りにはもう限界で、すっぽんぽんのままリビングで突っ伏して寝てしまうことも多いいです。

でも、これも体重をコントロールしている要因になっているのかな。

     ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

ある時、真ん中のお兄ちゃんが何で50分にこだわっているのか聞いてみたら、

「夢の中で神様に言われた」

と答えたそうです。

最近のあつや

わりと穏やかに過ごしている、最近のあつや。

もうすぐ養護学校中学部1年も終わり。

この一年で、随分身体のラインがすっきりしてきました。 

ポッコリ出ていたお腹も、ペタンコになっています。

(出ていたお腹もかわいかったのでちょっぴり淋しい気持ちもありますが(^-^; )

入学当時は 48K あった体重も、最近では 44k を切ることもあります。 

明らかに減ってきている体重を見るのが嬉しいようで、おやつやご飯の量を自分で調節することもできるようになりました。

もちろん、波もあります。

でも、無理強いしないように自ら調整できたときにだけ褒めるようにしています。

食べすぎかな?と思うときは、

「そろそろ食べ過ぎていない?」

と気付かせると、

「これで終わりにするわ」

と言って、食べるのをやめることもあります。

(たまに 「大丈夫」 と言って切り返されることもありますが)

最近UPしていないあつやの食事ですが、特にあつやにだけ特別な物を作っているわけではありません。

油物やお肉も、同じように食べています。

あつやには野菜を多めにしてカロリーの高そうなものは控えめに・・・というのはしていますが、神経を使うほど気にしていません。

それでも、体重が増えない状況が続いてくれています。

今、いい感じにキープできているのは、自分からコントロールする意識を持てるようになったことと、運動量の多さだと実感しています。

毎週木曜日にヘルパーさんと行ってるプール。

先週は

「黙々と1100m泳ぎましたよ。200m泳いだら休憩してを繰り返してました」

とヘルパーさんから聞きました。

(平泳ぎと犬掻きを足したようなへんてこな泳ぎなんですけどね  )

学校で毎日汗流して遊んでいる野球。

それに毎朝のマラソン。

毎週金曜日のバスケット。

どれも一生懸命取り組んでいます。

今はこの状態がベストだと思っています。

2010年2月24日 (水)

思い出は・・・

あつやと担任の先生との間で、先生の質問にあつやが応えるというやり取りをしているノートがあります。

ある日の先生の質問・・・。

☆もうすぐ1年生もおわりですね。一番の思い出は?

というあつやの答え。 

① クラスでみんなで ※△Σж駅 (ゆうざき駅なんだけど・・・。解釈不能) の近くのお好み焼きを行ったこと

② 4の4と1-3と合同でとくとくうどんに食べに行ったこと

③ クラスでみんなでピザを作ったこと

④ クラスでみたらしだんごにかいに行ったこと

⑤ 1年生のみなさんといっしょに田原本図書館に行ってスパゲッティーを食べたこと

⑥ 1年生のみなさんといっしょに矢田自然の家に行ったこと

と書かれてました。

ほとんど食べた思い出ばっかりですね 

2010年2月22日 (月)

スポーツ刈りより丸刈り

真ん中のお兄ちゃんに散髪をしてもらいました。

「スポーツ刈りするからな」

とお兄ちゃんが言ったら、

「丸刈りがいいなぁ・・・」

と、ボソリ。

「スポーツ刈り、やってみて失敗したら丸刈りするから」

「丸刈りがいいなぁ・・・」

「あつや、丸刈り、似合わんやん

「だって・・・、丸刈りがいい・・・」

そんなやり取りを繰り返してました。

(*^m^)

スポーツ刈り、前髪残さなきゃいけないから結構難しくて、結局丸刈りになるんだろうって思って聞いてたんだけどね~。

( ´,_ゝ`)

「お客さん(あつや)が丸刈り希望してるねんから、丸刈りにしたりーや」

って真ん中のお兄ちゃんに言ったら、

「・・・わかったー」

ってしぶしぶ納得してました。

真ん中のお兄ちゃんがあとで、 「あつや、なんであんなに丸刈りにこだわるんやろう」 って言ってたけど、あつやは目立ちたいだけやって。

あつやは 「お、髪切ったんやな」 って多くの人から声が掛かるのが嬉しいんだよ。

( ´艸`)プププ

Imgp0604

2010年2月16日 (火)

つまみ食いとウソ

何度 「ウソはあかんよ」 と教えても、繰り返すウソ。

簡単に見破られることでも、やっぱりウソをついてしまう。

これは、あつやの特性として理解してあげなきゃいけない部分だと思っています。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

この間の夕食の準備のとき、買ってきたタラコを次男が見つけて、

「何個に切ってたらいい?」

と聞くので、3本あったタラコを5等分ずつ切っておいてと頼みました。

それをひとつのお皿に入れて、他のおかずを作ったりしてる間にお父さんから連絡があって駅に迎えに行くことに。

帰って来て、夕食作りの続きをしながら途中で次男が、

「あれ?タラコ、こんなに少なかったか?・・・・いや、絶対少ない。あつや、食べたか?」

すると、あつやは

 「ううん、食べてない。」

次男は

 「そんなはずない。絶対少ないし。なぁ、お母さん」

私も、明らかに減ってるタラコを見て、 

「そ~やな~。確かに減ってるな。。。」

そしたら、観念したのかあつやは

 「ひとつだけ、食べた。」 

って白状しました。

でも次男は納得しないで、 

「ひとつちゃうやろ?」 って突っ込み、 「正直に言ってみ?」 って聞くと、

何回か 「ひとつだけや」 って言い張っていたいたあつやは 「ふたつ食べた・・・・。」 と白状。

ここで次男はタラコを数えて、 

「あれ?(3本が)4切れずつしかないわ。あつや、3切れ食べたな?」

と、聞くと、また観念して正直に

「・・・うん。」

と答えてました。

あつやにとっては、最初はばれないくらいのことと思っての行動だったのでしょう。

でもすぐに食べたことがばれたので、最初は「ひとつだけ」でやり過ごすつもりだった。

でも、お兄ちゃんは納得してくれない。じゃ、ふたつまで白状してみよう。。。でも、お兄ちゃんは数まで数えて、食べた数までばれてしまった。。。。

結果的に3回のウソを重ねてしまったのです。

ただ、食べたことは事実だから、あつやの分は自分で食べちゃったから、もうないよ、とは伝えました。

ちゃんと説明すると、 「わかった・・・。」 と納得してくれました。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

あつやは、ここまで白状したら怒られないかな?と人の顔色を見ながら言うので、ウソを重ねることがよくあります。

証拠がない限り、頑固として白状しないこともしばしば。

信用しきれないあつやの困ったところです。。。

           ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

でも、ちゃんと数まで数えてホントのことが分かった事実。

私だけだったら食べたことを追求したとしても、次男みたいに数まで追及していなかったと思います。

「ウソはだめ」だと教えるためには、次男の追及は正しかったということなのかな。

私が甘いのかしら。(ノ_-。)

2010年2月15日 (月)

交流試合 in京都

13日の土曜日。

スペシャルオリンピックス・バスケットの京都・滋賀・奈良の交流試合が、京都・烏丸御池中学校の体育館で行われ、あつやも参加してきました。

奈良からは、あつやが所属している田原本班から人、もうひとつのチーム、平城班から人が参加しました。

8時15分に近鉄西大寺駅に集合して、平城班と合流。

そこからそのまま近鉄電車で皆で一緒に烏丸御池まで行きました。

今回は、真ん中のお兄ちゃんもあつやの応援に一緒に行ってくれました。

きっと、これからあつやの応援なんて機会がないかも知れないし・・・と思って、その気になってくれたのかも知れません。

この間の長男のマラソンの応援も、そんな思いがあったんだと思います。

次男なりに、家族から離れるってこと感じてくれているんだろうな・・・・。

さて、あつやはというと・・・。

持ち前の人懐こさで、すぐに平城班の輪の中に堂々と入っていって、すぐに仲良くなってました。

1時間少々かけて御池中学校に到着。

小中一貫の市立学校で、福祉センターやデイサービス、保育所も一体になっているモデル校だけあって、とってもキレイな学校です。

体育館は5階にあって、エレベーターも付いてました。

京都と滋賀のチームは人数が多いようで、技術のレベルによってチームも分けられていたようです。

上のレベルはみんな背も高いし、技術も健常者と変わらないんじゃない?と思うスピード! 

それでもあつやも交替で試合に出てました。

Img_0785_2

でもやっぱりボールを持つと、すぐに囲まれちゃって身動きが取れなくなってました。

やっぱりバスケは小さいと不利ですね~。 

でも、いろんな人との試合の中で、あつやも充分活躍できる場面があり、充分楽しんでいましたよ。

それに結構コントロールがいいから、チャンスがあればシュートの成功率は高く、平城班の人たちに認められて結構ご満悦 

ハイタッチしてくれたことはすごく嬉しかったようです。

Img_0801

平城班のお兄さん達と一緒に写真も撮りました 

・・・・小さすぎて肩組めてないし 

真ん中のお兄ちゃんも、カメラマンやってくれたり、意外と試合中あつやに支持や応援送ったりして、「やっぱり暇やわ」という台詞が出なくてよかったです 

あつやも帰りにちゃんと 「今日は(来てくれて)ありがとな~」 って伝えてました。 

2010年2月12日 (金)

尻込み

今、私がすごく尻込みしています・・・。

というのは、あつやが 「ソフトボールチームに入る!」 と言い出しているから・・・。

今、あつやは スペシャルオリンピックス のバスケットボールチームに所属していて、毎週金曜日の晩の練習に参加しています。

なんで バスケット に入ったかというのは・・・、ソフトボールがあれば迷わず入っていましたが、奈良の活動の中で、バスケット・ボーリング・水泳しかなかったから、その中でバスケットを選んだのです。

小学校のクラブでバスケットを経験していたあつやは、わりとすんなり入れて、本人もすごく喜んでいます。

ところが。

あったんです。

奈良にも、知的障がい者で結成されたソフトボールチームが。

それは、スペシャルオリンピックスとは無関係で、奈良市内の小学校で毎週日曜日が練習日。全国大会などにも出場しているチームだそうで・・・。

その情報を知ったのは、スペシャルオリンピックスを始めてからで、以前奈良大会に参加したときにボランティアさんから聞いたり、担任の先生から聞いたり、

「あつやくんだったら、きっと試合に出られるよ」

という、あつやにとってはすごく魅力的な響きと共に、届くようになりました。

とりあえず今は、真ん中のお兄ちゃんが高校に行ってから考える、ってことにしています。

あつやはやる気満々。

どうしよう・・・。

やってあげたい気持ちと、やっと11年の野球生活から開放されたのに、という後ろ向きな気持ちが私の中で葛藤しています。

練習場所も、毎回車で30~40分かけて連れていかなくてはなりません。

バスケットも辞めるということはしないでしょう。

ああ、でも試合が重なることがあったりしたらチームに迷惑掛けるだろうな。

それはダメだよね。その場合はどっちかに絞らないと。

でも、それって入ってみてから考えてもいいこと・・・。

ということは、とりあえずはやってみないと分からない。

ということは、両方できちゃうこともあり得るってこと。

金曜の晩と、日曜の終日かぁ。

あつやのためにはいろいろやってあげたい気持ちはあるんだけど。

私の覚悟も必要です。

2010年2月 8日 (月)

長男のマラソン大会

昨日の日曜日。

高校で陸上部に所属している上のお兄ちゃんが、市内のマラソン大会 「第38回大和郡山市民マラソン大会」 に出場するというので、皆で応援に行ってきました。

走っているところを見るのはこれが初めて 

お兄ちゃんは、10kのコースに出場です。

あつやとお父さん、真ん中のお兄ちゃん、私とでスタート&ゴール地点になる、大和郡山市営グランドまで30分ほどかけて歩いて行きました。

マラソン大会は、2k、5k、10k のコースが選べて、親子ペアとかも出られたり、結構盛りだくさん。市内ということもあって、行って見るとあつやの知ってるお友達も結構参加していました。

Imgp0597_2

11時にスタートしてから選手が戻ってくる30分くらいは暇なので、真ん中のお兄ちゃんとふざけあって遊んでいました。

Imgp0598

お兄ちゃんには何やっても敵いません・・・。

Imgp0603

上のお兄ちゃんは、398人中25位でゴール。

「5k地点からおなか痛くて辛かった~」 らしいです・・・。

同じ養護学校の高等部3年生の子供たちも5kに参加していました。

担任の先生が横に付いて一緒に参加していましたよ。

いろいろな人の応援が出来て結構楽しかったです。 

来年は、あつやも2kコースに挑戦してみようかな??

本人、まんざら嫌ではなさそうでした。

2010年2月 2日 (火)

プライスカード

あつやのこだわりの遊びは紹介していないのも含めて、いろいろあります。

その中で、スーパーで商品名と価格を書き写す というのを、もう随分長く続けています。

養護学校へ行き出してからのバスでの長い時間で、その書き写したメモを清書するという、地道な遊び。

ほとんど毎日同じスーパーへ行って (行かないと拗ねます) ひとつひとつ順番に書き写します。

野菜コーナーから始まって、魚貝類、惣菜、乳製品、飲料、パン、お酒・・・・。

ここ一ヶ月はお酒コーナーから抜け出せていないでいます。

種類が多いし、入れ替わっている商品もチェックするから大変です。

こんな地道な作業を、私とスーパーに行くと、 「じゃ、書いてくるから!」 と言って、前日の続きを黙々と書き始め、私の買い物が終わるまで続けます。

店員さんにも覚えられて、 「今日はどこまで書くんや?」 とか声を掛けてくれる人もいます。

この作業をしている間は、大人しくしているので放っていたんですが・・・。

昨日、早く帰ってきたお父さんとスーパーへ行き、あつやはいつものノートを持って、 「じゃ、書いてきまーす  と言って、お酒コーナーへ。

いつものように買い物を済ませ、お酒コーナーに居るあつやに、 「終わったから帰るよ」 と、声を掛けて帰宅しました。

そして、家について車から降りたら、お父さんが車の後ろに落ちている何かを見つけました。

父:「あつや、これ、どうした??」

あつや:「・・・・」

父:「盗ってきたんか?」

あつや:「・・・・」

私:「何?何?何があったん?」

父:「プライスカードが落ちてあった」

私:「???  プライスカード??」

見てみると、お店の商品につけるプライスカードの束が  

私:「これ、どうしたん?盗ってきたん??」

あつや:「ちがう!」

私:「盗ってきたんじゃないって・・・。もらったん?」

あつや:「・・・盗ったんちゃうもん!」

そう言ってるあつやの唇が白くなっていたので、うそをついてる。。。って分かりました。

昨日以前に盗ってきて、車から降りるときに落ちて(後ろの座席からだったから気付かなかった)そのままあつやも忘れていたのでしょう。

プライスカードはお酒のコーナーにあるものでした。

束になって・・・20枚くらいはあったと思います。

私:「あつや、これがないとお店の人、困るねんで。返しに行こう」

あつや:「・・・・」

私:「な、すぐに返しに行こう」

父:「あつや、行っておいで」

私:「行って謝ろう。大丈夫、ひとりで行かせないから。お母さんが一緒に謝るから。」

そう言ったら、やっと観念して 「わかった・・」  と動いてくれました。

すぐにスーパーへ戻って、サービスカウンターへ。

私:「いつもこの子が商品の前でメモってるんですが・・・、帰ってからプライスカードを持ち帰っているのを見つけまして・・・。申し訳ありませんでした。」

店員さん:「あらあら、ぼく、これ取っちゃったの?」

あつや:「・・・・」

店員さん:「商品の整理でもしてくれようと思ったのかしら?」

私:「もしかすると、お酒の名前がややこしいので、持ち帰って書き写そうとしたのかも知れません。」

店員さん:「あぁ、なるほど。」

私:「あの、店長さんにも謝罪した方がよろしいでしょうか?」

店員さん:「う~ん、もうこんなことしないって約束してくれたら、いいですよ。あとで戻しておきますね。ぼく、もうしないでね。これね、値段がわからなかったら、お客さんが買うときに値段が分からなくって困るんよ。」

あつや:「・・・うん・・・。」

店員さん:「もうしないでね。」

あつや:「・・・うん・・・。」

私:「本当に申し訳ございませんでした。あつやも謝って。」

あつや:「・・・・ごめんなさい。」

大人しいと思って放っていたら、こうなんですよね。

あつやのやってることを知ってる人が多いから、プライスカードがなくなっている時点であつやに疑いがかかるだろうし、すぐにばれるのに。

店員さんには、私なりに思う理由を話したけれど、ホントのところ、なぜ取ったのか分かりません。

ただ、欲しかったから。。。だけなのかも知れません。

ホントに思いもよらない行動を取ってくれます。。。

今日もそのスーパーへ行きましたが、あつやはいつものようにお酒コーナーへ行き、商品名と値段を書き写していました。

ε-( ̄ヘ ̄)┌

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »