« ジム通い? | トップページ | 12月10日夕食 »

2008年12月11日 (木)

通級の授業

あつやは今、国語と算数の授業を特別支援学級「ひまわり」で受けています。

あとの時間割は、6年2組の教室で、他のみんなと一緒に机を並べてます。

その中の社会。

以前はみんなと同じように授業を受けていたのですが、歴史の勉強になってから集中できなくなって、眠ってしまったり、勝手な勉強(静かにはしていたんですが・・・)をしてしまうので、6年の1学期の途中から、あつやだけ「社会に関する自主学習をする」ということで、そのままみんなと机を並べていました。

自主学習の内容は、先生と相談して決めたもので、決してあつやが勝手にやっていることではありませんでした。

最初の課題は「年表作り」。

わりとはりきって教科書に沿って黙々と年表を作っていました。

教室で過ごす時間を減らすのではなく、みんなとの時間も大切にしつつ、クラスの子供達に「あつや」を理解をしてもらうことを目的とし、なおかつあつやの頑張りを認めてもらう、という主旨で先生側からの提案で始めたことでした。

それで最近まで問題なく過ごしてきていたと思っていましたが・・・。

最近になって、他の子供達から

「なんであつや君だけ違うことをやってるんですか?黒板を写すことくらいなら出来るんだから、みんなと同じ授業を受けるべきでは?」

という意見が出てきたんだそう。

私は、実際の授業風景を見たことがないので、先生にお任せしていたことだし、最初にそうすると聞いたときに子供達が納得するかという不安は伝えていました。

でも、子供達にとっても、色々な子がいてるんだということを知るきっかけになってくれたらいい、という先生側の説明で始めたことだから、最近になって不満が出てきたと聞かされても、正直、「今更?」って感じで・・・。

そのことで最近嫌な思いをしたあつや。

私としては、別にひまわり教室で過ごす時間が増えることであつやのストレスが減るのならそれでいいと思うのですが。。。

先生の理想通りに行かなかったということかな。。。

先生は、

「あつやくんや弱い立場側が、健常なみんなに気を使うことは、本来はおかしいと思うんです。逆だと思うんです。子供達に人を許せる余裕がなくなってきているんでしょうか・・・。」

と、残念そうに言ってました。

子供達は、「してはいけないこと」や「しなければならないこと」で縛られて生活していて、結構ストレスを感じているのかも知れません。

中学に上がることでプレッシャーを感じているのかも知れません。

「こうしなくちゃ」「ああしなくちゃ」と思っていると、自由にやってる(ように見える)あつやは、「ずるい」って思ってしまうのかな。

確かにあつやはみんなから見ると、これが出来るのになんでこれが出来ないの?と思うところが沢山あるかも知れません。

「出来ない子なんだからしょうがないよね」とは見えないでしょうね。

計算は出来るし、漢字だって知ってるし書ける。

「障害」を理由にわがまま言ってるように見えるんでしょうね。

伝わりにくい部分です。

結局社会もひまわりですることになりました。

今は「歴史上の人物」を順番に調べているようです。

« ジム通い? | トップページ | 12月10日夕食 »

コメント

小学校6年の時には、ゆみも同じような状態でした。

今思えば、中学受験を控えている子のストレスが、伝染病みたいにみんなの心に余裕を欠いていったような気がします。
中学に入ったら、なんだかつき物が落ちたみたいになりました。
でも、今度は部活は厳しいし、自分たちの高校受験が三年後にあるので、ゆみを気にしている暇はなくなってきましたね。
ゆみは、ほとんどを支援教室ですごすことになっていきました。

ゆみさんも同じような状態だったんですか。
やっぱり心に余裕をなくしているようですね。
仕方がないとも思うんですけどね。。。
5年生のときはクラスのみんなに受け入れられて過ごしやすい環境だっただけに、今のクラスはあつやにとって居心地の悪いところになっているようです。

あつやには中学になってから頑張ってくれたらいいと思います。
とりあえず、小学校を「みんなと過ごせて楽しかったところ」で卒業させてあげたいです。

hiyoさん、おはようございます。

私が小さい頃には、障がいの名前なんかつかない遅れのある子も、毎日遅刻の子も(おうちの事情だったみたい)、暴れん坊将軍も、すごい泣きミソ女子も、いろーんな子がどこの教室にもいて、
多少のいじくり(イジメみたいに陰湿じゃなかった)があってもなんかワイワイ支え合ったり、いい意味で無視してたり、今思えばまさに「昭和」なまったりした学校生活だったと思います。

さすがに今の時代はそうもいかないんですね・・・
どうしても、自分だけのことで精いっぱいになっちゃうんでしょうね。
子どもにも驚かされるけど、不思議な親にビックリ!ってことも多いです。

ぱっそ子さん
コメントのお返事、遅くなりました。スミマセン。
m(_ _)m
子供のそばに居る時間を増やすようになってから、不思議な親に驚かされること多いです。
結局、あつやに構って文句言ったりする子って、語弊はあるけれど親に構ってもらってないとか先生に構ってほしくてあつやを攻撃したりとか、何らかの原因があることが多いです。
でも、親の「子供にとってよくないこと」が見えるのはあつやが居てるからで、お兄ちゃん達だけしか居なかったら私も自己中で生活していて今ほど子供達とコミュニケーションを取れていなかったかも知れません。
小学生くらいの子供だと、やっぱり家庭での落ち着いた環境が大事だと思います。
親が余裕を見せないと子供が人を許せるようになんてなりにくいと感じます・・・。
大人に余裕を与えていない時代なのかも知れません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジム通い? | トップページ | 12月10日夕食 »