« 増えすぎたかな・・・。 | トップページ | 9月10日夕食 »

2008年9月10日 (水)

児童相談所にて

今日はひまわり教室の先生とあつやと三人で児童相談所へ

cardash

養護学校へ就学希望なので教育委員会の就学指導課(だったかな?)に提出する書類の参考資料のため、あつやの発達検査を受けに行きました。

児童相談所ではまず私がひとり部屋に通され10分ほどあつやについて聞かれ、次に先生が呼ばれ、それからあつやの診断。

あつやの発達診断は以前からB判定をもらっています。障害の度合いとしては「軽度」になります。

2年前に同じ診断をして、当時の発達年齢は7歳くらいと言われていました。(当時9歳)

今日の判定も2年前からさほど変わりなくて、7歳後半くらいと言われました。sweat02

ふ~ん、成長しているようでしていないねんね。

分かるような気もするけど。

やってること2年前と変わらないし。

経験を積んでいるけれど、知っているだけで成長はしていないんだね。gawk

まぁ、これからは緩やかな発達になっていくでしょう、と言われました。

と、いうことは、大きくなっても今とできることのレベルはさほど変わらないということになるのかな。そう覚悟して受け止めていたらいいのかな・・・。( ´_ゝ`)フーン

先生には、「意欲的に取り組んでくれるし、話を聞こうとしてくれるし、楽しく過ごさせてもらいました(o^-^o)」って言われましたよ。coldsweats01

« 増えすぎたかな・・・。 | トップページ | 9月10日夕食 »

コメント

ゆみは、13歳で初めて手帳を申請して、B判定をもらいました。その時に小学校低学年くらいと言われたように思います。
その頃から成長したのかどうか解りませんが、出来ることは少しずつ増えているように思います。

IQ自体が変わることはないけれど、経験することで出来ることは増えていくのだと思います。
18歳で手帳の見直しがあったとき、どうしてもIQが知りたくて、判定員に詰め寄って聞いたところ、40から50位だろうと言われました。

コミュニケーション能力が高いので、自立して出来ることは増えていきますが、失敗が多くてはらはらすることばかりです。
でも、失敗も経験として生かしていかないとね。

ゆみママさん
こんにちはsun
確かに2年前から比べて出来ることは増えています。経験したことは生かされていることもあると思います。
あつやが3歳児検診のときだったと思いますが、言語相談の先生から「人は9歳児の発達年齢で自立できるといわれています」と聞かされた覚えがあります。それを基準として考えるとやはりあつやが自立することに期待するのではなくて、あつやが生きていける環境を見つけてあげることが大事かな、と思うのです。
まだ所詮小学生のあつやですからまだまだどんな将来が待っているかわかりません。まだまだたくさんの経験を積んで、その中で何かを見つけるかも分かりません。それは健常者である長男や次男への将来と同じ可能性を持っていると思っています。
障害者だからと言って夢が語れないことはないですもんね。

これからも先輩としていろいろアドバイスしていただいたり経験談をお聞かせいただけると嬉しいです。happy01heart04

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 増えすぎたかな・・・。 | トップページ | 9月10日夕食 »