« 6月4日夕食 | トップページ | 矢田寺のあじさい »

2008年6月 5日 (木)

わざとじゃないけど

昨日、いつものように学校へあつやを迎えに行ったとき、子供たちの下校の列の中にあつやの姿がなく、待っていてもなかなか出てこなかった。

また、何かあったかな・・・。

なんて考えながら待っていたら、うなだれたあつやと担任の先生、後ろに目を押さえながら歩く友達・・・・。sweat02

5時間目のクラブ活動のとき、(あつやはバスケ部)あつやの手が友達の目に入ったらしくて、今から眼科へ行ってみるという。downwobbly

あつやは泣いて、「オレも目痛いし。日焼けして目、痛いし」ってわけの分からないことを言ってる・・・。

わけの分からないことを言ってるときは、泣いてる原因を無理やりに作っているとき。

友達は、そのときは落ち着いていたけれど、そのことが起こったときはあつやにキレて怒鳴って、「お前にも同じ目にあわしてやるsign03annoy」とか言いながらあつやに凄んだらしい。

あつやは、謝っても友達は興奮してるしあつやもきっとその時はパニックになっていただろうね・・・。saddash

怖かったみたい。

先生が、そのときを思い出して泣いているんです、って言ってたのを聞いて納得。

すぐに保健室に行かずに、終わってからやっぱり目が痛いと言ってきたのでとりあえず病院へ行くという。

「大丈夫だよ、わざとじゃないこと分かってるから。」って声を掛けたら安心してうなずいてました。

家に帰ってからしばらくして電話がかかってきて症状を聞いたら、白目の部分に少し傷がついているみたいで、点眼液をもらって帰ってきたようです、とのことでした。

晩に、そのお友達の家にお詫びの電話を入れました。

相手方は、「気にしないでください、わざわざ電話までしていただいて・・・」と言ってくださり私も一安心。

私は、よく知っている方だし、落ち着いて電話することができたんだけど、(こんなお詫びの電話に慣れたっていうこともあるかも・・・。)あつやが緊張していたみたい。

電話かけている間、私の目の前で正座して聞いてました。coldsweats01

「大丈夫、M君のおうちの人も怒ってないし、きっとキレイに治るから」って言ったら「そっかhappy01」って。

随分、気になっていたんだね。。。M君に怒られたことのショックがかなり大きかったみたいだね。

学校では思いがけない事故や怪我が多いです。

あつやが加害者だったり被害者だったり、いろいろ。あつやだけ特別多いわけでもない。お兄ちゃん達も同じです。

対応する親もそれぞれです。

謝ること、多いけど、謝られることもしばしば。。。

謝るって難しいと思う。

謝るときには言い訳しない。とりあえず謝る。謝っているときは謝るしかしない。

どこかで「うちの子だけが悪いんじゃない」って思ったりすると態度に出たりして謝罪だと受け止められなくなる。

最近やっとこれが分かるようになりました。

« 6月4日夕食 | トップページ | 矢田寺のあじさい »

コメント

お友達、大ケガにならなくて、よかった、よかった!
当事者同士は、特に、直後は、どうしても熱くなっちゃいますよね。

うちも、お兄が小学生の時、サッカーして遊んでて蹴ったボールが仲良しのお友達の目に当たったことがあり、やっぱり病院へ行ったことがありました。
ただただ心配で、平謝りに電話したら、
「自分一人でも、どこかにぶつかって、すぐケガようなヤツだから、気にしないでーーー」とお母さん。
どんなに救われたかわかりません。


>どこかで「うちの子だけが悪いんじゃない」って思ったりすると態度に出たりして謝罪だと受け止められなくなる。

そうそう!
そういう親御さん、少なくないし、対応ですぐわかります。
人としてどう接するのがいいのか、「人のフリみて我がフリ直せ」・・・だなぁと思います。

なんだか読み終わった後、私の母親を思い出してしまいました。
私は小学校の頃とってもやんちゃで、男の子にもしょっちゅう怪我をさせてたそうです。(自分では覚えてませんがcoldsweats01
なので何度謝りに行ったか分からないわよ、と母親はよく言っていますsweat02
今思うと母は大変だったんだな・・・と感じます。
りょうちんはどうなんだろう??ワンパクになるのかなぁsign02 自分の母親がしてきたことを自分もするのかな、と思ってしまいましたcoldsweats01

ぱっそ子さん

やっぱりどこの子供も同じようなことしていますよね。
謝ったときに「気にしないでーー」っ返してくれたらすごく救われますよね。
次男が学校で友達の眼鏡を壊して3万円の眼鏡を新調したって聞いたときは弁償を覚悟しましたが「全然気にしないで」って言われてその時はすごく救われましたぁ・・・。そして、そのお母さんがとてもかっこよく見えました。shine
数多い小さな事故でお互い気まずくならないようにやっぱりコミュニケーションは大切ですね。

りょうちんママさん

お母さん、きっと大変な思いしたんでようね(笑)でも、そう言いながら恨み持ってるわけじゃないし、それが、「我が子を守る」ってことなんだと思う。
りょうちんが将来どんなことしちゃうかは分からないし、そんなこと心配してたって仕方がないじゃない?そのときにどんなことがあったって守れるって思えればきっと大丈夫だよ。good

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/189414/21436478

この記事へのトラックバック一覧です: わざとじゃないけど:

« 6月4日夕食 | トップページ | 矢田寺のあじさい »