« お父さんへのメール | トップページ | 4月14日夕食 »

2008年4月15日 (火)

少しの不安

6年生になったあつや。

ひまわりの先生は去年から引き続いてくれたので安心なんですが、クラス担任が初めての転任してきた先生で、学年主任の先生は隣のクラスの先生なんだけれど、あつやにとってはこの先生も初めて。

あつやの学年に当たるのも初めてで、二人いるお兄ちゃんにも当たっていないので接することのなかった先生です。

この先生は学校の中でも厳しい方で、高学年向き。

先生から見てもあつやを見ることになるのは初めてということ。

初めに聞いたときに、少し不安を感じたけれど、フォローできる先生がいると思って気にしないようにしていました。

でも、先日、入学式の準備をしているとき、体育館で椅子出しをしていたあつや。「あつやくんがやったら遅くなるから」と言ってあつやをそこから外したらしい。

もちろん、拗ねていたあつや。

今日、迎えに行った時、ひまわりの先生が「H先生(学年主任)、あつやくんに厳しくするって言ってたよ」と言ったので、入学式の準備でのことを思い出した。

あつやへの対応はやっぱり他の子供と比べると特別でないといけない。あつやの頭のスイッチを切り替えるためには頭ごなしに否定してはダメなのに。

まず、聞いてあげる。認めてあげる。それからだ。

その余裕がないと、前に進まない。

4年、5年の2年間はそんな不安はなかった。恵まれていたのかも知れない。

でも、2年、3年のとき、今とは違うひまわりの先生が「いけないことは正します」という対応だったので、何度かぶつかったことを思い出します。

« お父さんへのメール | トップページ | 4月14日夕食 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/189414/20235249

この記事へのトラックバック一覧です: 少しの不安:

« お父さんへのメール | トップページ | 4月14日夕食 »