« 竹けん玉披露会 | トップページ | 広告 »

2007年12月 5日 (水)

すね寝

久しぶりに「すね寝」をしています。

「すね寝」とは、あつやが拗ねたまんま寝てしまうことを言います。

最近、してないなと思ってたけど、久しぶりの「すね寝」です。

晩ご飯の後、みんながみかんを食べだしたので、あつやも一旦テレビの前にいたんだけど食卓に戻ってきて、みかんを食べました。

分量にして1ヶ半。

お父さんやお兄ちゃんが2ヶ食べたのは許せたけど、お母さんが2ヶ目食べたのは許せなさそうだったので、私のを半分弱渡してその場は納得。

時間を置いて、お父さんとお兄ちゃんがまたみかんを食べだしたので、あつやも再びみかんを食べようとしたんだけど、私がそれを許さなかった。「あつやはもう、あかん」って止めた。

そしたら、急に怒って、「もういらん!!もういらん!!!」って大声でドタドタ足を鳴らしてリビングで毛布をかぶって怒ったまま寝てしまいました。

食事にしろ、おやつにしろ、あつやと何かを食べるときには、量は違っても同じ物でないと納得しない。

基本的にお母さんと同じ量が目安。というか、お母さんが同じなら我慢する、という感じ。

お兄ちゃんやお父さんと量が違うのは納得できるみたい。

でも、時間が経ったときには通用しない。

今回のみかんで怒ったのは、自分だけ駄目って言われたのが納得できないから。

いつも自然と対応できていたから、そんな場面が少なかっただけのことで、あつやはいつでも「自分だけ」の我慢は許せない。

そんな場合は、前もってその後の見返りを持たせて納得させていたけれど、何となく食べだしたお父さんとお兄ちゃんのみかんは許せなかったみたい。

私は、あつやに見えないように食べるとか、あつやが寝るまで食べないとか、あつやの居てるところで物を食べることを控えることが自分の中で当たり前になってるんだけど、お父さんやお兄ちゃんまで同じ意識にないみたい。

お兄ちゃんたちが時々食べたがるおやつも、なるべくあつやに見つからないように、よくあつやの居ないところで食べさせていた。

あつやにおやつを与えていないわけじゃない。

でも、時々それ以上にお兄ちゃんたちが食べたいときもある。その時は、「あつやのいない所で食べや」と言ってる。

だから、お兄ちゃんたちは自分で買ってきたおやつは隠すように管理してる。

だけど、今日みたいに油断したら、あつやの執着心からくるパニックが起こってしまう。

まぁ、こちらはそんなことしても聞かないよ、と無視をしてます。

そうすると、あきらめて(?)寝てしまいます。

起きたら、忘れて・・・はいません。次に食べられる時間が近づいていることに納得するでしょう。

時にはそのまま朝になって、朝ごはんで食べられて納得です。

« 竹けん玉披露会 | トップページ | 広告 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/189414/9268355

この記事へのトラックバック一覧です: すね寝:

« 竹けん玉披露会 | トップページ | 広告 »