« 休日参観 | トップページ | 長男とカラオケ »

2007年11月18日 (日)

いい顔したい

今日、日曜日はお兄ちゃんの野球も行かず、家で過ごすことに。

午前中に溜まったお父さんのYシャツのアイロンをあてていたら、一人で外で遊んでいたあつやが、「T君と公園で遊んでくる」と言う。

T君と一緒にいるといたずらが過ぎてしまうことがあるので、「公園から出ないように遊ぶねんで!」「覗きに行ったときに居てなかったら怒るよ!」と念を押しておいた。

アイロンをかけ終えて、公園へ覗きに行ったら、あつやの姿もなく、誰もいない。

嫌な予感がしたので、探しに行こうとしたら、あつやが小さい子供たち6~7人を引き連れて歩いていた。その中のT君が「あっちゃんのお母さん!」と言って近づいて来て、「これ、あっちゃんにおごってもらった」と嬉しそうに報告してくれた。

・・・・は???あっちゃんが?おごった???

まただぁ・・・・

あつやは時々友達にいい顔したくて、お菓子を買ってあげてしまう。

このことを許してしまっているわけではない。

隙を見てしてしまうのだ。

お金は、今回は自分の財布の中のお金を使ったと言っているけど、どこで調達したのかは判明できない。

確かにあつやの財布はある。

でも、これはあつやの遊びの中で使うもので、お小遣いを渡しているわけではない。

家の中の小銭を集めていたのか・・・・それにしても120円使ったみたいだし・・・。

隙さえあればお兄ちゃんの財布のお金を使ったりするから、本当は油断も隙もないのだけれど、こんな行動はほとぼりが冷める頃に繰り返すので油断してしまう。

・・・こっちが反省してしまう。

あつやに「なんで?」と問いただしても(一応は聞くけど)「わからない」としか答えない。でも、黙っておくつもりだったことは確かだ。

とりあえず、私は公園に一旦戻って、子供たちを集めて事実を確認してみた。

そしたら、T君を始め、4人の小さい子にお菓子を買ってあげたらしい。

あとの3人は自分のお金で買ったと言う。

私は「おうちの人に黙ってお金を使うことは良くないこと。あつやにはお金を持たせていないから、今度おごろうとしたら止めてね」と話しをして帰ってきた。

小さい子に対してとっても面倒見がいいんだけど、時々こうして余計なことをしてしまう。

悪気は決してない。

上手に遊んでいることも多いし、その場で思いつきに喜んでもらうことをしてしまうのだ。

あつやにとってはばれなければいいこと。

ばれたときにだけ、反省する。

だから、現行犯で注意しないとあつやには届かない。

こんなことで、友達にいい顔しても、いいことなんてないんだよ。

あっちゃんはいい子、だと思われちゃうと、それを利用されることだってこの先あるかもしれないよ。

そのときに傷つくのはあつやなんだよ・・・。

そこまで理解できるようになるのかな。。。

困るのは周りの私たちか。。。

あつやの「困る」は、ばれて怒られるから「困る」なのだ。

こんなときは一応「おしおき」として部屋に閉じ込めて、反省するまで出さないとか試みるけれど、何度裏切られたか分からない・・・。

「もうしません、ごめんなさい」と泣きながら反省の言葉を聞くのも何度あったか・・・。

大きくなるにつれて、少なくはなってるけれど、問題行動を起こす期間が延びているだけで、何度も同じことをしたり新しい問題を起こしてくれる。

やっぱり、あつやに隙を与えるのが一番危険なのだ。

« 休日参観 | トップページ | 長男とカラオケ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/189414/8977025

この記事へのトラックバック一覧です: いい顔したい:

« 休日参観 | トップページ | 長男とカラオケ »